自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

メンズ用ヘアワックスの種類は?硬さ別の4タイプをご紹介

髪を整えるためのスタイリング剤のひとつに、ヘアワックスがあります。きれいに髪をセットするには、髪型や髪質に合わせたワックスを使用するのが大切です。ここでは、硬さ別にメンズ用ヘアワックスの種類を紹介します。

  • 更新日:

ナチュラルな仕上がりのソフトタイプ

メンズ用ヘアワックスの中で、最も柔らかい種類がソフトタイプのワックスです。べたつきがなく、髪になじみやすいという特徴があります。柔らかさとカジュアルな雰囲気を感じさせるようなセットができるでしょう。
ソフトタイプのヘアワックスで仕上げた髪は重さを感じにくいため、ナチュラルな印象にすることが可能です。毛先を遊ばせたいときや、あまり髪を固めたくないとき、かっちりとした印象を与えたくないときに適しています。

ツヤと動きをつけるライトハードタイプ

ソフトワックスよりも少し硬めの種類が、ライトハードタイプのヘアワックスです。髪に適度な硬さをつけられるので、まとまりを感じさせるようなセットができます。しっかりとセットした感じをあまり出したくないときに使用するとよいでしょう。

ライトハードタイプでは、髪になじませると動きとツヤを出せるのが特徴です。動きをしっかりとキープできるので、適度な束感を持たせた無造作なスタイルなど、髪の動きを強調したセットもしやすくなります。髪の質感を活かしたヘアスタイルを作るときに使いましょう。

AXE GOLD 「シルキーワックス」

ホールドスタイリング成分配合。ベタつきにくく、思い通りのスタイルが簡単につくれるワックスです。バランスにこだわった独自処方で、ワックスのアレンジ力と、自然なツヤ感の両立できるので、髪をホールドしつつ上品なツヤ感が楽しめる大人のスタイリングが可能です。

ウッドバニラの洗練された香りも清潔感があり好印象を与えます。

自由自在にスタイリングできるミディアムハードタイプ

ミディアムハードタイプのヘアワックスは、ライトハードタイプの次に硬さがあります。そのため、髪をまとめて束にし、セットするようなスタイルに適しているヘアワックスです。

ヘアワックス独自のツヤ感を髪に与えながら、しっかりとセットしている印象を与えられます。ラフな束感を手軽に作れるので、髪を自由自在にスタイリングできるのが特徴です。髪が固まったあとも向きなどを調整しやすく、毛先の方向を変えるようなアレンジもできます。そのため、セットに時間をかけてこだわることも可能です。

キープ力重視のハードタイプ

メンズ用ヘアワックスの中で最も硬い種類なのが、ハードタイプです。髪を固める力が強いため、しっかりとセットしている印象を与えられます。
ハードタイプのヘアワックスを使用するのに適しているのが、髪を立ち上げたり、束感を強調したりするスタイリングです。セット力やキープ力が高いので、髪の毛を根元から立ち上げられます。毛先の方向を細かくセットしたいときにも適しているでしょう。髪質が硬く、ソフトタイプなどではすぐにヘアスタイルが戻ってしまう場合でも、しっかりと対応できます。

また、ハードタイプのヘアワックスは、ヘアスタイルをキープできる時間も長めなのが特徴です。ハードタイプを使用した場合、1日経ってもヘアスタイルをキープできるといわれています。風が吹いているときや、ヘアスタイルを長時間維持したいときに使用するとよいでしょう。

AXE BLACK「マッドワックス」

AXE BLACK「マッドワックス」

髪全体のシルエット作りをはじめ、束感、 立ち上げ、細部の作り込みも可能なワックスです。AXE BLACKシリーズ中、最も強いホールド力のクレイワックスであり、マットな仕上がり無造作でさりげないスタイリングが可能です。

メンズのヘアセットのポイント

セットの基本はドライヤーでクセを付けること

意外に知らない人も多いのが、ワックスを付ける前に行う「ドライヤーのクセ付け」の重要性です。しっかりとドライヤーでクセ付けをしておかないと、ワックスを付けてもうまく乗らなかったり、髪型の維持が難しくなったりします。正しいドライヤーのかけ方を意識することで、美しくセットの持ちが良い髪型を作りやすくなるでしょう。

ドライヤーをかける際には、まずシャワーやスプレーを使い、水で髪の毛を濡らした状態にしておきます。髪の毛に付いたクセを取るためにも、毛先だけではなく根元までしっかりと濡らしておきましょう。ドライヤーは地肌をこするようにして、後ろから前に向けて温風を当てていきます。こうすることで自然に根元が立ち上がり、トップにボリュームが生まれるのです。サイド部分はボリュームが出すぎないように、手で押さえながら乾かすとバランスの良いシルエットに近づけるでしょう。全体が乾いたら、ワックスを付けるための土台の完成です。

ワックスの付け過ぎには気をつける

ヘアワックスはたくさん付ければよいというものではありません。
たとえば、髪にメリハリを付けるためにハードワックスを使う際にも、使いすぎてしまうとワックスの重みで髪が立ちにくくなってしまいます。また、ヘアワックスは油分を含んでいるので、付け過ぎると髪全体が脂っぽくなり、べたつきが出てきてしまう場合があります。

ヘアワックスの使いすぎを抑えるためには、一度にたくさん手に取るのではなく、少量ずつ指に取ってから手のひら全体に薄くのばして、髪全体に均一に付けるイメージでスタイリングすることがおすすめです。もし足りなくなったら同程度の量だけ指に取り、調整しながら少しずつ髪に付けていきましょう。

ヘアワックスのことがもっと知りたい方はこちらもチェック!

髪型のシルエットは原則、ひし形を意識する

髪の毛全体にワックスを馴染ませたら、細かいディテールを作る作業に移ります。その際に、ポイントとなるのが「ひし形のシルエット」を意識するということです。ひし形のシルエットを作ることで顔が引き締まり、かっこいい髪型に見せられます。ひし形のシルエットを作るには、トップにボリュームを出すことが大切です。

作り方は、まずトップの部分に指を入れて、根元から髪の毛を持ち上げましょう。こうすることで、自然にトップがふんわりとボリュームアップして見えます。続いてサイドの髪の毛を手のひらで押さえて、ボリュームの調整を行いましょう。その後に、重要なパーツである前髪を仕上げていきます。前髪は上から下に向かって、軽く手ぐしで整えるようにすると自然な仕上がりになります。前髪はいじりすぎるとやりすぎ感が出てしまうので注意しましょう。最後に鏡で全体のバランスを見ながら調整すれば、メリハリのある美しいひし形シルエットの完成です。

ヘアセットの基本を学びたい方はこちらもチェック!

自分に合うメンズヘアワックスにしよう

メンズ用ヘアワックスの硬さはソフトタイプ・ライトハードタイプ・ミディアムハードタイプ・ハードタイプの4種類です。柔らかい雰囲気を求めるのであればソフトタイプ、しっかりと固めたい場合はハードタイプなど、それぞれ適したヘアスタイルは異なります。そのため、適切な硬さのヘアワックスを選ぶのが、セットをきれいに仕上げるポイントです。

また、ヘアワックスのキープ力は硬さによって差があります。購入する際はヘアスタイルだけでなく、自分の髪質に合っているかもしっかりと確認するのが大切です。髪質が硬い場合は、ハード系のヘアワックスを使用するとまとまりやすいでしょう。メンズ用ヘアワックスの硬さを選ぶ際は、どんなヘアスタイルにセットしたいかが基準になります。あらかじめセットしたいヘアスタイルや髪質を把握してから、最適な硬さのヘアワックスを選びましょう。