自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

ワックスとジェルはどんなスタイリング剤?違いと使い方を徹底解説!

髪を整えるためのスタイリング剤のひとつに、ワックスやジェルがあります。これらのスタイリング剤の効果を発揮するには、それぞれの特徴を把握し正しい方法で使用するのが大切です。ここでは、ワックスとジェルの特徴や違い、適切な使い方についてご紹介します。

  • 更新日:

ワックスとジェルってどんなスタイリング剤?

ワックスは種類によって含まれる成分が違います。油分が多く、髪に艶や潤いを与えるものもあれば、繊維(ファイバー)成分を配合して粘り気を強くし、スタイル力をアップさせているものもあります。

また、含まれる成分の違いにより、「ソフトタイプ」「ハードタイプ」に分けることもできます。ソフトタイプのワックスは適度に毛束をまとめたり、毛先にニュアンスを出したりすることができます。
反対に、ハードタイプのワックスはしっかりと毛束をまとめたり、髪を立ち上げることも可能です。また、髪質によっても使いやすいワックスは変わります。剛毛の方はキープ力の高いハードタイプだとスタイリングがしやすく、軟毛の方はクリームタイプのワックスだと髪に動きやニュアンスをつけることができるのでおすすめとされています。

AXE GOLD「シルキーワックス」は、ベタつきにくく思い通りのスタイルが簡単につくれるワックスです。バランスにこだわった独自処方で、ワックスのアレンジ力と、自然なツヤ感の両立で清潔感のあるスタイルを作れます。

ジェルの特徴は水溶性であることです。一般的には水とポリマー成分を中心に混ぜ合わせたもので、髪型のホールド力が優れています。一度セットすると崩れにくいため、スポーツや体を動かす作業をする人にもよく愛用されています。また、キープするだけでなく、ツヤ感を与えるなど見た目の印象を変える効果もあるスタイリング剤です。髪にツヤを出したり、ウェット感のあるスタイリングにおすすめのアイテムです。

AXE GOLD「クラシックジェリー」は、ベタつきにくく、思い通りのスタイルが簡単につくれます。絶妙なツヤにこだわった独自処方で固めながら、ガチガチやギラギラにならず自然なツヤ感が魅力で扱いやすいジェルです。

ワックス/ジェルを使うときのポイント

ワックスやジェルを使用するときは、効果を最大限発揮するために適切な方法で使用するのが大切です。使用するときのポイントを押さえれば、きれいにスタイリングすることができます。

ワックスを使うときのポイント

ワックスを使う時のポイントは、まず、寝グセのないようにドライヤーで半乾きの状態まで乾かしましょう。また、あらかじめクセをつけておくことで自分の望むヘアスタイルに整えやすくなります。
次に、ワックスを指の間含め手のひら全体に馴染ませてください。短髪ならば「ちょっと少ないかな」と感じる10円玉程度の量でOKです。ワックスの量が多すぎると髪がワックスの重みでつぶれてしまい、立ち上げることができなくなりますので、まずは少量から始めるのがおすすめです。

そして、ボリュームの多い順(後ろ髪→サイド→トップ)につけていきます。もみあげや前髪も手ぐしでボリュームを整えてください。ポイントは最初に髪のボリュームをしっかりだした後で、ボリュームを抑えるようにスタイリングしていくことです。最後に全体のバランスを確認し、気になるところを整えましょう。

ヘアジェルを使うときのポイント

ジェルを使う際は軽く濡れた髪の状態で使いましょう。一度のセットに使用する量は500円玉くらいがおすすめです。まずジェルを手に取って伸ばし、髪全体にまんべんなくつくようセットします。短髪の場合は少なめ、長髪の場合は多めなど髪の長さによって使用量は異なるため、調整する必要があります。

また、ジェルはすぐに固まる性質があるので、素早くスタイリングするのがコツです。基本的に下から上に向かって素早くスタイリングすることを心がけてください。あらかじめどんなスタイリングをするか決めておくと、スムーズなセットが可能です。

ワックスとジェルを混ぜる方法もある

好みのワックスとジェルを持っている場合、両方を混ぜてオリジナルのジェルワックスにする方法もあります。それぞれの効果を調整できるので、自分の髪質に合わせられることがメリットです。また、ジェルだけだと後から直すことができない髪型も、ワックスを混ぜることで固まりすぎず手直しができるようになります。

ワックスとジェルを混ぜて使う際は、注意すべきポイントが2つあります。ワックスとジェルを混ぜる割合と、使用するワックスの種類です。一般的に、ジェル1に対してワックス2の割合で混ぜるのが適切だといわれています。ジェルが多すぎるとキープする力が強くなり、髪を遊ばせにくくなるためです。

しかし、ツヤとキープ力を出したい場合はジェルを少し多めにします。セットしたい髪型のイメージや髪質によって、その都度割合を調整するとよいでしょう。使用するワックスは、柔らかく伸びが良いソフト系のワックスが適しています。ジェルの特性と相性がよくなじみやすいので、両方の効果を活かしやすくなります。

オススメのヘアアレンジテクニック2つ

【テクニック1】前髪を上げる

メンズのショートヘアをおしゃれにセットする方法として挙げられるのが「前髪を上げる」というテクニックです。髪の毛をカットしたりカラーしたりしなくても、前髪にアレンジを加えると、手軽にイメージチェンジできます。

【テクニック2】毛束を作る

ショートヘアはアレンジを加えて「毛束を作る」と、ぐっと大人っぽくこなれた印象を与えられます。毛束を作るには、まず髪をぬらしてドライヤーを当て、水分を飛ばしていきます。このとき、ドライヤーの風が1カ所に集中して当たらないように気を付けるのが肝心です。ドライヤーの先を軽く左右に振って動かしながら乾かすと、風を分散させることができます。髪の毛が8割程度乾いたら、流したい方向を決めて整えていきましょう。

「テクニック1」「テクニック2」で紹介したヘアアレンジの詳しいやり方はこちらで説明しています。

スタイリングするときの注意点

初心者は髪の毛をセットするのに手間取り、何度もやり直してしまうことがよくあります。セットに時間がかかり過ぎるとワックスが固まり始めてしまうので、セットが難しくなる傾向があります。髪の毛もベタついてしまいますし、なるべく早く整えることを目指してください。

初心者はあまり凝った髪型や毛先の動きにこだわり過ぎない方が良いでしょう。最初はワックスに慣れることが大切ですので、手ぐしでシンプルに整えるだけでも十分です。ワックスを付ける前にどのようなヘアスタイルにするかイメージができていると成功しやすくなります。
また、何度やってもうまくいかない場合は、髪が長くなり過ぎてまとまりが悪くなっている可能性があります。髪が長くなるほどワックスでのセットは難しくなるので、美容師さんなどに相談してみるとよいでしょう。

ワックス初心者さんはこちらの記事も要チェック!

理想の髪型を作るにはヘアスタイリング剤選びが重要

ワックスやジェルは、それぞれの特性を理解して使うことで異なる印象を作ることができます。また、自分が気に入っているワックスやジェルがあれば、両方を混ぜて使うこともできます。

ツヤ感を出したい場合はジェルを使ったり、ワックスで毛束感のあるスタリングをしたり、シチュエーション毎に自分の髪型を変えることで違った印象を与えることもできます。いろいろなアイテムを使って自分らしいスタイルを探してみましょう。