自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

就活におすすめ!男性のための髪型カタログ!

面接のように、限られた時間内で自分の魅力を伝えるには、第一印象を良くすることが重要です。面接官に良い第一印象を与えるには、服装だけでなく髪型にまで気を配ることが欠かせません。ここでは、就活におすすめのメンズヘアスタイルを紹介します。

  • 更新日:

就活で王道のショートヘア

就活で王道のヘアスタイルといえば、まず「ショートヘア」が挙げられます。就活では清潔感や爽やかさを感じさせる髪型が好まれる傾向にあり、ショートヘアはそれらのポイントをしっかりと押さえた、まさに就活にもってこいのヘアスタイルといえるでしょう。男性の就活で定番中の定番であるショートヘアは、周りの雰囲気から浮いてしまったり悪目立ちしたりするリスクが少ないことも魅力です。就活時にどのようなヘアスタイルにするか悩んだ場合は、ショートヘアを選ぶと失敗が少ないでしょう。

また、このヘアスタイルにする際は、前髪が眉毛にかからないようにすることがポイントです。おでこと眉毛を出すことで、若々しくフレッシュな印象を強調できます。それから、就活シーンでは髪色は暗めのカラーがおすすめです。明るい髪色が好まれない企業もあるので、自分が志望する企業をよく調べて髪色を決めた方が良いかもしれません。面接官の好印象を得るためには、ビジネスマナーを守った装いを心掛けることが大切です。

フレッシュな印象を与えるベリーショート

はつらつと明るい印象を目指すのであれば、「ベリーショート」にするのも良いでしょう。ベリーショートは顔周りがすっきりとして見えるため、清潔感とフレッシュ感を与えるのに最適なヘアスタイルといえます。
ベリーショートのように襟足と耳周りの髪を短く整えたヘアスタイルは、快活で自信に満ちたイメージに近づけます。反対に、襟足や耳周りの髪が長いと、面接官によっては暗い印象と捉えられてしまうこともあります。せっかくの機会にマイナスな印象を与えず、自分らしさを発揮できるような髪型で臨みましょう。

それから、前髪は目元がはっきりと見えるように、短めにカットしておくと好印象を与えやすくなります。また、ベリーショートは大人っぽい印象が強まるため、顔立ちが幼く見えがちな丸顔の人におすすめのヘアスタイルです。前髪を短く整えておでこを出すと、顔の縦のラインが強調され、フェイスラインの丸みをさりげなくカバーできます。

清潔感を重視した刈り上げの髪型

真面目で誠実な印象を与えたい場合は、「刈り上げ」のヘアスタイルが一押しです。サイドやバックを少し刈り上げることで、清潔感を出すことができます。

ただし、このヘアスタイルにする場合は、短く刈り上げ過ぎないように注意することが大切です。短く刈り上げ過ぎてしまうと、ややカジュアルな印象が強く、面接官によってはくだけすぎた印象を与えてしまうおそれがあるため、サイドやバックの髪の長さには十分な注意を払いましょう。

あえて前髪を下ろすヘアスタイル

周りとはひと味違う自分らしい印象を目指すのであれば、「あえて前髪を下ろす」ヘアスタイルにすることも一つの方法です。清潔感を失うことがないのなら、前髪を下ろしたヘアスタイルでも面接官に悪い印象を与えるリスクは少ないでしょう。

敢えて前髪を下ろすことで、他の就活生との差別化を図ることができ、面接官の印象に残りやすくなる可能性があります。ビジネスマナーを守りつつ、髪型で個性を強調したいという人や、おでこの露出を控えたいという人は、前髪を下ろしたヘアスタイルにするのも良いでしょう。ただし、前髪は清潔感が損なわれない長さに、きちんと整えておきましょう。

面接前に確認を!就活の基本

リクルートスーツの色は?

就活向けのスーツ(リクルートスーツ)は、黒か濃いネイビー、グレーの3色から選ぶのが基本です。

この3色であれば、着る人を選ばずスタイリッシュな印象に仕上がるといえます。中でも黒を選ぶ人が多く、9割近い就活生が黒のリクルートスーツを着用しています。黒を選んでおけば無難ですし、ネクタイも色を選びません。光沢感や織り柄などの入っていない、無地の生地を選ぶとよいでしょう。また、冠婚葬祭でも着まわせるため、1着持っておくと便利です。

濃いネイビーやグレーは、特にアパレル業界や外資系の企業で好意的に見てもらえる可能性があります。濃いネイビーは日本人の肌色に馴染みやすく、顔色を明るく見せる効果が期待できます。
また、洗練されて上品な印象を与えることができるのです。グレーは、黒や濃いネイビーに比べると色合いが優しく柔らかな印象となります。チャコールグレーよりもライトグレーを選ぶと、明るい雰囲気になるでしょう。また、髪の毛から落ちたほこりやフケが目立ちにくく、清潔感をアピールできるというメリットもあります。入社後も着回しやすいカラーといえます。

リクルートスーツ選びに迷っている方はこちらもオススメ!

真面目な印象を与えるには黒髪

髪の色は、茶髪や派手な髪色に比べると、黒のほうが真面目な印象を与えることができます。茶髪OKという会社もありますが、複数の企業を受ける場合はより真面目な印象を与える黒髪にしておいたほうが良さそうです。もちろん、地毛が茶色がかっているという人もいますので、必ずしも茶髪がNGなわけではありません。

ただし、面接官から見て自然に見えるような、ナチュラルな髪色にするよう意識することが大切です。個性的な髪型や髪色を評価してくれる業界ももちろんありますので、自分が受けたい企業のカラーを事前に調べてみるのも良いかもしれません。ビジネスマナーの1つとして、髪色も見られているということを念頭においておきましょう。

ヒゲも忘れずチェック

ヒゲはすっきり剃り上げたほうが、フレッシュなイメージにつながります。もみあげの濃い人も、短めに剃るのがおすすめです。

面接の時間は、基本的に長いものではありません。このため、面接官の中には見た目の第一印象を合否の判断材料にする人もいます。中には、ヒゲを整えていないことで、社会人としてやっていく自覚がないと見なしてしまう人もいるかもしれません。また、不衛生、きちんとしていないという印象を与えてしまうこともあります。特に、飲食業や接客業では、ヒゲはマイナスイメージとなってしまいがちです。

このように、ヒゲ1つで好印象を持ってもらえない可能性もあるのです。ヒゲが理由で不採用にされては悔やみきれませんので、髪型を気にするのであれば、加えてヒゲへの配慮も怠らないようにしましょう。中には、入社後はヒゲは自由だという企業もあります。ヒゲへのこだわりがある人も、就活のときだけの我慢と思い、割り切って剃ってしまうのも良いかもしれません。

就活を成功させるキーワードは「爽やかさ」。爽やかに見せるためのノウハウはこちらでご紹介しています。

髪型で面接官からの印象は変わるもの!

髪型次第で面接官からの印象は変わることもあります。これは面接に限らず、普段も同じです。おしゃれを意識した髪型であればおしゃれに詳しい人に見えたり、だらしなくしていれば清潔感のない人に見えてしまいます。

就活では、ビジネスマナーを守った上で、あなたらしいヘアスタイルを徹底してこだわることが大切です。好印象を与えやすい髪型と注意すべきポイントを押さえることで、就活をスムーズに進めやすくなります。