自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

初心者向け!メンズワックスの使い方あれこれ

ワックスを使い始めて間もない頃は、思い通りにセットできないこともありますよね。その場合は、ワックスの基本的な使い方をチェックしてみましょう。それらを事前に知った上で、スタイリングしやすい手順や量を守って使えば、ワックスを使ったスタイリングも上達しやすくなります。今回は、初心者向けメンズワックスの使い方を紹介します。

  • 更新日:

初心者にハードワックスがおすすめの理由

ひとくちにメンズワックスといっても、いろいろなタイプがあります。種類がたくさんありますので、その中から自分に向いているものを選ぶことが大切です。本来は髪質や目指す髪型を考慮して、それらに適したものを選ぶのが良いです。

しかし、ワックスに扱いに慣れていない初心者は、ハードワックスから使い始めることがおすすめです。ハードワックスには強力なホールド力があり、一度セットすれば崩れにくく、髪型を長時間をキープしてくれるメリットがあります。ワックスに慣れるまでの間は、セットのしやすさとキープ力の高さを持つハードワックスでスタイリングすると、スムーズに髪型がキマるでしょう。

髪全体のシルエット作りをはじめ、束感、 立ち上げ、細部の作り込みも可能。AXE BLACKシリーズ中、最も強いホールド力のクレイワックスのAXE BLACK「マッドワックス」がおすすめ!

扱いに慣れてきたら、自分のなりたい髪型を作れるスタイリング剤を使い、その場に応じたヘアスタイルを作れると、周りにもおしゃれな印象を与えられます。マット感を出したい時はマットタイプ、濡れ髪スタイルにしたい時はジェルタイプを使うなど、髪型とシチュエーションに応じて使い分けてみましょう。

自然な濡れ髪スタイルが簡単に作れるAXE BLACK「アクアジェリー」がおすすめ!

メンズワックスを付ける前の準備

ワックスをつける際は、いきなり髪に付けないように注意しましょう。

シャンプーをしたり寝ぐせを直したりして髪を濡らした場合でも、スタイリングの準備としてドライヤーでブローしておく必要があります。なぜなら、濡れた状態の髪にスタイリング剤を付けても、種類によっては髪にボリュームを出すのが難しいからです。さらに、単純に乾かすのではなく、うまくブローをしておけば、後でヘアセットしやすくなります。

ブローの方法

まず、トップの髪を軽く握って持ち上げましょう。持ち上げた髪の根元にドライヤーで空気を送り乾かします。同様に、後頭部の髪も持ち上げて、根元に空気を送りましょう。ただし、後頭部はトップより髪が多いため、左右に分けて別々に行うのがポイントです。

このようにブローでなりたいヘアスタイルをイメージして髪に癖付けをしておけば、セットのときに髪が扱いやすくなります。また、トップと後頭部は時間とともにボリュームダウンしがちですが、ブローをしておくことで長持ちしやすくなります。

ワックスを付けるポイントは?

準備ができたら、いよいよメンズ用ワックスを使います。
最初のステップは、ワックスの使う量に気をつけて手に取ることです。少なすぎても多すぎてもセットがしにくくなりますので、10円玉ぐらいを目安に使用しましょう。この時、指先から第一関節が埋まる程度を目安にすると良いでしょう。次に、ワックスを手のひらで薄く伸ばします。このときのポイントは、ムラが生じないようにまんべんなく伸ばすことがポイントです。手のひらでムラがある状態だと、髪につけたときも偏った状態になるので、手のひら全体と指の間にものばしておきましう。

そして、メンズ用のワックスを実際に付けていくステップです。まずは後頭部からもみこむようにセットしていきましょう。髪を握りながらもみ込み、髪の内側にもしっかりとワックスを付けます。

後頭部が終わればサイド、最後にトップの順に付けていきましょう。頭に手のひらを乗せ、左右に振ることで自然な毛束を作ることができます。次に、サイドのやや上側に指を入れ、手ぐしで根元を持ちあげてボリュームをアップさせます。これらの手順を踏んだ後、前髪をセットしていきましょう。この手順であれば初心者でも手軽に付けられるのでおすすめです。

スタイリストが行うスタイリングのコツ

顔全体の印象を決めるのに大切となる前髪。トップやサイドと異なり、あまりワックスをつけすぎずに自然な仕上りを目指すのがコツです。そのため、後ろ髪からつけていき、トップをセットした後に残っているワックスを使用すると良いでしょう。指先を使い、毛束を作るようなイメージでワックスをつけていきます。根本にワックスをつけると前髪のスタイルがはっきりしてしまうので、根元にワックスをつけるかつけないかはスタイリストによって見解が異なります。自分の好みで選びましょう。前髪を整えたらスプレーをして完成です。前髪以外の髪はムラなくワックスが均一になるようにつけるのがポイントです。

どんなワックスを使用すればいいかわからない人には、髪全体のシルエットづくりをはじめ細部の作り込みも可能なAXEのマッドワックスがおすすめです。AXE BLACKシリーズ中最もホールド力が強く、雨の日でもスタイルをキープしてくれます。仕事終わりにデートの予定がある場合でも、1日中髪型を保ってくれるこの商品なら心強いでしょう。

ワックスのスタイリングでNGなのは?

ワックス初心者の人が陥りがちなのが、髪の表面のみに不均一にワックスをつけてしまうことです。上手くスタイリングするためにも髪全体にワックスをつけることを意識しましょう。また、ワックスをつけすぎてしまい、白く目立ってしまうことがあります。フケと間違えられないように適量のワックスを伸ばしてください。

また、ワックスの後にヘアアイロンを使ってスタイリングをすること自体は構わないのですが、髪の毛が濡れたままヘアアイロンを使うのは厳禁です。濡れた髪にヘアアイロンを当てるとジュっという音がして、髪の毛の内部の水分まで蒸発してしまいます。髪にダメージを与えてしまうので、ドライヤーでしっかり乾かしてからヘアアイロンを使いましょう。ヘアアイロンを使う場合は、あらかじめ水分含有量の少ないワックスを選んでおくことをおすすめします。ワックスの後にヘアアイロンをすることで髪の毛に艶が出て、より魅力的になるはずです。

ヘアサロン帰りの完璧な髪型を自分でも!自宅でのスタイリングのポイントはこちらから↓↓

寝癖のままスタイリングするのはNG!

ひどい寝グセがあるにもかかわらず、それを直さずにそのままスタイリング剤をつけてスタイリングをしようとすることは控えた方が良いでしょう。寝グセを直しておかないと、スタイリング剤をつけても寝グセがそのままになってしまったり、不自然な仕上がりになってしまったりする可能性があります。

寝グセを直したいのであれば、ドライヤーを使うことが欠かせません。ドライヤーを使って髪の毛を乾かすときには、髪の毛の根元を中心にブローして寝グセを解消していきましょう。根元からブローをすることでスタイリングのベースが作られて、セットが決まりやすくなります。なりたい髪型によっては、髪を濡らしてスタイリングした方が良い場合もあります。自分がどんなヘアスタイルになりたいかを考えながら、スタイリング剤をつける前に、しっかりと髪を整えるようにしましょう。

寝る前のケアで寝癖を軽減できることも。気になる方はこちらの記事も読んでみてください!

使い方を重視してメンズワックスでセットしよう

男性の髪質やなりたいヘアスタイルを作れるように考えられたメンズ用ワックスを使うことで、いつもと違った印象や雰囲気を出すことができます。
メンズワックスには様々なタイプがあり、商品が豊富な分どれを使うかで印象も異なります。まずは、ワックスの使い方の基本的なポイントをおさえて、自分の思い通りのスタイリングができるようにたくさん試してみましょう。

また、クセ毛や剛毛など髪質や毛量にも個性があり、一人一人同じスタイリング剤を使ってもできるヘアスタイルは異なります。メンズ用のワックスをたくさん試したり使い続けていく中で、自分らしい髪型を作るコツが次第に分かってくるので、まずはスタイリングを楽しみましょう。
慣れてきたら髪型にアレンジを加えたり、いろいろなメンズワックスを試したりして、新しい自分のスタイルを見つけてみましょう。スタイリングを楽しみながら、メンズワックスを使いこなせる上級者を目指してみてください。