自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

ヘアスタイル維持ならジェルがおすすめ!使い方のポイントは?

「ヘアスタイルをなるべく長い時間キープしたい」という場合はヘアジェルを使用するのがおすすめです。今回は、ヘアジェルを上手に使ってスタイリングを行うために、ヘアジェルの特徴やおすすめの使い方、選ぶ際の注意点などを紹介していきます。キープ力が高くスタイリングがキマるヘアジェルを使って、自分らしいスタイルを作りましょう!

  • 更新日:

ヘアジェルの特徴は?

ジェルタイプのスタイリング剤は、スプレーやペースト状のワックスに比べて、樹脂や水などの水溶性の成分が多く含まれています。水分が多くなっているため、ジェルを伸ばしやすく髪になじみやすいことが特徴です。

さらに、使用後に手を洗う際は石鹸やハンドソープなどでも落としやすくなっています。これはジェルを付けた髪の毛を洗う際も同様で、何度も洗う手間が少なくシャンプーなどで落としやすいスタイリング剤です。これらの特徴から、初めてヘアスタイリング剤を使う人や使うのが苦手な人であっても扱いやすいスタイリング剤です。また、スタイリングのしやすさやキープ力の高さもヘアジェルの特徴となります。

ヘアジェルは一度スタイルを固めると長時間維持することが可能です。さらに、水分が豊富なことで髪にツヤを出しやすくなっています。また、髪なじみが良いので様々なスタイリングに柔軟に対応できます。自分のしたいファッションに合わせることができるので、フォーマルやビジネスシーンからカジュアルシーンまで対応できる万能なスタイリングアイテムです。

ヘアジェルでスタイリングしやすい髪型は?

ヘアジェルを使ったスタイリングで向いている髪型としては、七三分けやバーバースタイルといったフォーマルなスタイリングが挙げられます。このような髪型はボリューム感を抑え、スタイリッシュに仕上げることがポイントです。そこで、ヘアジェルのホールド力を活かし、フロントを立ち上げつつもサイドはボリュームを抑えることによりスマートなシルエットを作れます。髪をきれいにまとめつつ、ツヤを出すことで清潔感を保つことができるでしょう。

また、アクティブなショートスタイルにもジェルはおすすめです。ヘアジェルは髪をまとめやすく長時間キープできます。シャープな毛束感をセットする際もスムーズです。
例えば、アップバングショートの場合は前髪を立ち上げ、トップにボリュームを持たせることが可能です。また、短髪は長髪よりも髪が乾燥しやすくなっていますがジェルは水分が多くなっているので、時間が経っても毛束をキープし続けることが可能です。

ヘアジェル選びの注意点は?

初めてヘアジェルを使ったスタイリングをする人は、自分にあったヘアジェルを選ぶことがおすすめです。ヘアジェルには速乾タイプや遅乾タイプなど乾く時間によってもタイプが分かれていたり、様々なヘアスタイルによっておすすめのジェルがあります。ジェルは比較的乾くのが速いので、乾く前に素早くスタイリングするのがおすすめです。

特に、ヘアスタイルをどんな風に仕上げたいか、自分のイメージによってヘアジェルのタイプを選ぶことで、より自分らしい髪型に近づけます。自分らしいヘアスタイルがキマると、気分が上がり1日を楽しく過ごすことにもつながるでしょう。

このようにヘアジェルを選ぶ際は、自分のスタイリング力に合わせることも1つのポイントです。どのタイプを選ぼうか迷ってしまう場合は、美容師さんや周りのおしゃれな友達などのアドバイスなども参考にしながら、様々なタイプのヘアジェルを試してみると自分に合うスタイリング剤が見つかるでしょう。

ホールド力を求める人におすすめのヘアジェルはこれ!

ヘアジェルにはAXE BLACK「アクアジェリー」がおすすめです。強力ホールドと超自然な仕上がりを両立するジェルと、ノンオイルアクアベースで、べたつかず粉ふきしにくいアックス独自処方です。トリートメント成分配合なので、ラクな手伸びと素早い髪馴染みを実現してくれます。

ヘアジェルは濡れた髪に使うのがコツ

実際にヘアジェルを使用する際は、髪をドライな状態ではなくウェットな状態にしてつけるようにしましょう。髪をウェットにしていることで、ジェルが伸びやすく髪なじみの良さを引き出しやすくなります。さらに、ムラなく髪全体にジェルを広げられるため、よりツヤのある仕上がりにすることが可能です。

髪がドライの状態で使ってしまうと乾燥した質感になり、ジェルが粉状になって髪に付着する可能性があるので注意しましょう。洗髪後の濡れた髪の水分をある程度拭き取ったあとのウェット状態に使用するのがコツです。

ヘアジェルで自分らしいヘアスタイルを!

髪型をキープしながらおしゃれなスタイルを作りやすいヘアジェルは、毎日のスタイリングに欠かせないアイテムです。ファッションを楽しむように、毎日ヘアスタイルも楽しむことでより自分らしいスタイルになります。あなたもぜひヘアジェルを使って毎日のスタイリングを楽しんでみては?