自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

メンズヘアを決めるならワックスが便利!正しい使い方を覚えよう

髪にボリュームや動きを加えてくれるワックスは、メンズヘアのスタイリングに欠かせないアイテムです。うまく髪の毛をスタイリングするには、正しいワックスの使い方を覚えるのが近道です。ワックスを使って髪型に合ったスタイリングができるように、ワックスの選び方や正しい使い方を紹介します。ポイントをおさえクールな髪型になりましょう!

  • 更新日:

選ぶワックスで仕上がりが変わる

メンズ用のワックスと言ってもさまざまな種類があり、ワックスによって仕上がりに大きな差が出ます。したがって、メンズヘアのスタイリングにおいてどんなワックスを選ぶかは意外と重要です。

ファイバータイプ

ファイバータイプは繊維が含まれ、糸をひくように伸びるのが特徴のワックスです。髪となじみやすく、毛先に動きを作るスタイリングに向いています。また、扱いやすいので初心者にもおすすめです。

クレイタイプ(マットタイプ)

クレイワックス(マットワックス)は油分や水分が少なく、軽い質感が特徴のワックスです。光沢がないので、ナチュラルな仕上がりになります。またワックスそのものが軽いので、柔らかな髪質の人でも扱いやすいです。

クリームタイプ

クリームワックスは、しっとり感とツヤ感があるクリームタイプのワックスです。スタンダードなタイプのワックスなので、さまざまな髪質・スタイルに向いています。伸びがよく、スタイリングに慣れていない人でも扱いやすいというメリットもあります。

ジェルタイプ

ジェルは水溶性の整髪料で、乾くとしっかりと固まるのが特徴です。キープ力が高く、髪をしっかりと固めることができます。オールバックや七三などかっちりとしたメンズヘアを作りたいときにおすすめです。

また、ワックス選びでは、それぞれのワックスの硬さも大切なポイントになってきます。硬さによって質感や仕上がりが大きく変わるからです。たとえば、柔らかいソフトワックスはナチュラルな仕上がりに。一方、硬めのハードワックスはキープ力が高いのできっちり髪型をキープするようなヘアスタイルに向いています。

ワックスを選ぶ基準は?

上手にワックスを選ぶポイントは、自分の髪質や髪の長さ、さらになりたいヘアスタイルに合ったワックスを選ぶことです。ワックスによってキープ力や質感が異なりますので、ヘアスタイルや髪質、髪の長さで使い分ける必要があります。

たとえば、髪が柔らかい人は質感の軽いドライワックス、髪の硬い人はキープ力の高いジェルがおすすめです。また、髪が長い人は伸びがよく、髪になじみやすいワックスを使うとよいでしょう。

硬さでいうと、柔らかいソフトワックスは、ロングや長めのミディアム、毛が柔らかい人に向いています。セット力はあまりありませんが、ナチュラルな毛流れを作れます。ミディアムハードは、髪の長さや質感に関係なく使える使い勝手のいいタイプです。ただ、キープ力がそこまで強いわけではないため、特に髪の短い人が髪を立ち上げたいときはハードタイプを使うとよいでしょう。

どうやってつければいいの?

ワックスを上手に使いこなすためには、正しい使い方を覚えることも大切です。間違った使い方をしてしまうと、べたつき感が出たりスタイリングが崩れたりする原因になります。

STEP①

まずはワックスを適量手に取り、手のひらをこすりあわせるようにして手全体にむらなく伸ばします。量はショートヘアやミディアム程度であれば小豆一粒大の大きさが目安です。ワックスが手のひら全体に馴染むまで、薄くまんべんなく伸ばすようにしましょう。

STEP②

次に、ブロー後の髪にワックスをなじませます。ワックスを付ける順番は後頭部、サイド、トップの順です。根本から毛先までまんべんなくワックスを付けていきます。このとき、地肌にワックスがつかないように注意しましょう。最後に手ぐしで全体のボリュームを整え、指先で毛の動きやハネ、毛束を作って仕上げます。

ワックスのスタイリング、慣れれば難しくない

特に初心者にとっては難しそうなイメージのあるスタイリングですが、ワックスの選び方や使い方を間違えなければそこまで難しくありません。ワックスの正しい選び方や使い方を覚えれば、できるヘアスタイルの幅も広がります。ワックス使いの基本をマスターし、スタイリングの腕を磨きましょう。