自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

就活で好印象!押さえておきたい髪型の重要ポイントは?

就活では第一印象が大切です。少しでも内定に近づくには、スーツの着こなしや振る舞い方以外にも、髪型が重要ポイントになります。就活で好印象を与えるにはどのような髪型が良いのか、髪型の種類や髪色まで、面接にあたり押さえておきたいポイントを紹介しましょう。自分らしく就活ができるように、まずは基本を把握して臨みましょう。

  • 更新日:

無難なのはショート

就活の面接では短時間で判断されるため、少しでも好印象を与えられる髪型で臨む必要があります。無難な髪型はショートヘアです。面接を担当するのは、就活生よりも年上の社会人です。自分では問題ないと思っている髪型でも、相手の年代が変われば「だらしない」と思われるケースがあります。

面接担当者が比較的若い世代であっても、油断は禁物です。面接担当者は数年前に内定を勝ち取って、現在ビジネスの現場で働いている人たちです。ミディアムヘアやロングヘアで臨んだ結果「ビジネスマナーがなってない」と思われないように、マナーの範囲内で自分らしさが出せる髪型にするのがおすすめです。

また、ショートでも就活においてはスキンヘッドは悪目立ちする可能性があります。すべて剃ってしまうのではなく、短めの髪型で爽やかに好印象を狙うのがおすすめです。顔の形や髪質を考慮したうえで、自分に似合う髪型を選びましょう。

自分らしさを生かしつつ就活で好印象な髪型をしよう!AXE BLACK「パティワックス」がおすすめ!

万人受けする髪色は自然な黒

髪型の印象は、髪色でも大きく変わります。就活において受け入れられやすく無難なのは、万人受けしやすくナチュラルに見える黒髪です。業界や業種によっては、髪色が多少は明るくても問題視されないケースがあります。また、ベンチャー企業やアパレル関係などの企業では、比較的自由な髪色で面接に臨めるケースも多いでしょう。一方、銀行や古風な社風の会社では、明るい髪色だと心象が悪くなります。自分が受ける企業がどのような会社なのかを知ることも、自分らしい就活をする上では大切です。

また、自由な社風に見える企業でも、どういった点を重視して面接をしているのかは判断できません。たとえ地味に見える髪色だったとしても、光の当たり具合によっては髪色が明るく見えてしまう場合もあります。

就活で大切なのは、おしゃれも大切ですが、初めて会う面接官に自分の良い部分をわかってもらえる機会を持ち、好印象を与えられるかどうかです。就活中はおしゃれしたい気持ちは秘めつつ、自然な髪色で臨むようにするのがおすすめです。

清潔感のある髪型をしっかりキープしたい時は、AXE BLACK「アクアジェリー」がおすすめ!

長さ以上に大事なのは清潔感

就活中の髪型のポイントは清潔感です。顔周りにおいては、眉毛が隠れていると目の表情がわかりにくく、暗い印象になりがちです。また、もみあげや襟足が長いと、だらしないと思われる可能性が高くなります。髪の毛は、眉毛、耳、襟足が見えるようにカットしてもらうのがおすすめです。

ただし、髪が短くても清潔感がなければあまり意味をなしません。朝、起きたらしっかり寝癖をリセットして、きれいに整えます。前髪を短くしたくない場合は、横に流して目元がハッキリと見えるようにしましょう。髪を短くしたら眉毛もそろえておくのがおすすめです。飛び出ている眉毛はカットして、コームで整えます。細くしすぎたり薄くしすぎたりすると、ビジネスシーンにそぐわない印象になってしまいます。眉毛のカットしすぎには注意が必要です。

顔周りの表情が見えると、印象が明るく見えることにもつながります。すっきりと清潔感のある身だしなみで臨みましょう。

身だしなみは見えない部分にも気を配ろう!「アックスフレグランスボディスプレー ブラック」で爽やかな印象に!

就活の面接では適度なワックスできちんと感を

髪色はナチュラルな黒髪が無難だと説明しましたが、洗い流したままセットをせずにいると、逆にだらしない印象を与えてしまいます。適量のワックスを使って清潔感のあるスタイルをキープしましょう。
ワックスは種類によって仕上がりや見た目の印象が変わります。就活では清潔感のある髪型が重要なので、ツヤが目立ちやすいワックスは避けるようにしましょう。クレイタイプのワックスなら軽い仕上がりになります。ホールド力も強いので、髪型を維持するにはピッタリです。

あまり凝ったセットよりは、ナチュラルで自分の髪質を生かした髪の流れを作りましょう。ワックスの使い方に慣れていない人は、いつも利用している美容院でカットしてもらうついでに、セットのコツを聞いておくのがおすすめです。就活では、髪型が崩れないようにしっかりセットするのも身だしなみのひとつです。面接で好印象を与えられるように、自分に合った髪型で臨みましょう。