自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

つけすぎ注意!香りで清潔感を演出する3つのポイントとは?

清潔感のある男性を目指すためには、服装だけでなく香りにもしっかり気を配っておくことが大切です。しかし、ただ香水を付けているだけでは、かえって相手に不快な印象を与えてしまうこともあります。ここでは、香りで清潔感を演出するために気を付けておきたいポイントを紹介します。

  • 更新日:

香りで清潔感を演出するポイント1:香りを付けすぎない

相手に良い印象を持ってもらうためには、まず香りを付けすぎないことが大切です。どんなに良い香水を付けていても、香りが強すぎれば周囲に不快な印象を与えてしまうこともあります。香りを付ける際は、過度にふりまいたり、体に直接すり付けたりせず、ふとした瞬間に心地よく香る程度に付けるように心がけましょう。

さりげない香りを付けるには、香水よりボディスプレーのほうがおすすめです。ボディスプレーは香水に比べて香りが弱い点に特徴があります。そのため、香水のように付けすぎて香りが強くなってしまうことがほとんどありません。特にAXEのボディスプレーにはさまざまなフレグランスがあり、自分の好みに合った香りで清潔感を演出することができます。香水の強い香りが苦手な人も、控えめなAXEのボディスプレーなら、より自分らしさを追求しやすくなるでしょう。

香りで清潔感を演出するポイント2:爽やか系を選ぶ

スパイシーやオリエンタルなど、香りにはさまざまな種類があります。もし、香りで清潔感を追求したいなら、その中でもなるべく爽やか系の香りを選ぶのがおすすめです。爽やか系の香りは、よりさりげなさを演出するのに向いている香りだといえます。刺激が少なく、程よく香るため、強すぎる匂いで相手に不快な印象を与える心配もありません。

たとえば、シトラス系などは爽やか系の香りの代表です。柑橘系を意味するシトラスは、爽やかな印象の中に果物のリフレッシュさが加わった香りです。シトラスの香りにはリラックス効果もあるといわれ、身にまとえば爽快な印象を際立たせることにも役立ってくれるでしょう。

一方、アクア系は、水のような透明感や清涼感を味わうことができる香りです。アクア系の香りは刺激が少なく、控えめな点に大きな特徴があります。夏の日に冷たい水を飲んだような爽快感があり、暑い天気のときなどにアクア系の香りを付けると、さっぱりした清潔感のある印象を持ってもらえるはずです。

香りで清潔感を演出するポイント3:香りを統一する

洗濯する際の柔軟剤や、髪の毛に使うシャンプー、体を洗うときのボディソープなど、それぞれの製品には異なる香りが付いています。もちろん、柔軟剤もシャンプーも、それだけなら良い香りかもしれません。しかし、いろいろな匂いが混じってしまうと、途端に不快な匂いになってしまうことがあります。せっかく爽やかな香りを付けていても、柔軟剤やシャンプーとの相性が悪ければ、周囲に良くない印象を与えてしまうことにもなりかねません。



香りで清潔感を演出するためには、身につける香りを統一するということも忘れないようにしましょう。そのためにも、香水やボディスプレーにこだわるだけでなく、普段何気なく使っている柔軟剤やシャンプーなどの香りにも気を配ることが大切です。香水やボディスプレーで爽やか系の香りを使う場合、柔軟剤やシャンプーも爽やか系のもので統一しましょう。少なくとも、刺激の強い香りは爽やか系との相性が良くありません。



たとえば、シトラスのボディスプレーを使うなら、柔軟剤やシャンプーもシトラスやアクア系、あるいは同じフルーツ系の香りやフレッシュな香りにそろえるのがポイントです。

ボディスプレーなら香りが強すぎずおすすめ

清潔感を演出するためには、香りを付けすぎないのはもちろん、あまり刺激の強くない香りを選ぶこともポイントになります。さりげない香りが特徴のボディスプレーなら、刺激も控えめであるため、清潔感を上手に演出するのにピッタリです。柔軟剤やシャンプーとの相性も考えながら、自分に最適なボディスプレーを選んで爽やかな雰囲気を目指しましょう。