自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

ワックスの主な種類は3つ!それぞれの特徴は?

髪型を思い通りにセットしたいときに重宝するのがヘアワックスです。しかし、ワックスと一口で言ってもさまざまな種類がありますから、髪質や希望するヘアスタイルによって最適なタイプの製品を選んで使いたいものです。ファイバータイプ、クレイタイプ、クリームタイプという代表的な3種類のワックスと、その特徴をご紹介します。

  • 更新日:

扱いやすさが抜群なファイバータイプ

「ファイバータイプ」は、繊維(ファイバー)が含まれ、糸を引くように伸びる性質のあるワックスです。使いやすくて髪によくなじみ、セットが容易になるというメリットがあります。毛束をまとめて毛先に動きのあるスタイルを作りたいときに効果を発揮するワックスです。キープ力にも優れています。油分が多いためツヤ感がありますが、そのために仕上がりが重く見えてしまいがちですので、ふんわりとした軽さを出したい人にはあまり向いていません。つけすぎると濡れたようになり、髪がぺたんと寝てしまいますから、少しずつつけて、一番好みの状態になるようにしましょう。柔らかい毛の人よりは、普通~硬い毛の人に向いています。

AXEおすすめは「カジュアルコントロールパティワックス」!!

オシャレな男性に人気が高い「AXE BLACKシリーズ」で例を挙げると、「カジュアルコントロールパティワックス」がファイバー成分を含んだ種類のワックスです。よく伸びて髪になじみ、手直しも簡単です。ワックスを頭全体につけたあと毛先をつまむようにすると、毛先に自然な動きが感じられるヘアスタイルになります。

軽さとキープ力のあるクレイタイプ

「クレイタイプ」のワックスは、別の呼び方では「ドライワックス」「マットワックス」とも言い、マットな(ツヤが少ない)仕上がりが特徴です。濡れたような見かけにはならないので、整髪料を使っていないような、軽い自然な雰囲気を出すことができます。ホールド力にも優れていて、しっかりと髪を固めたいときに役立つワックスです。

ただし、伸びにくいため、ワックスに慣れていない人は使いづらいと感じることがあるかもしれません。髪質で言えば柔らかい髪の人、スタイルではロングヘアの人よりも短髪の人に向いています。

AXEおすすめは「デフィニティブホールド マッドワックス」!!

AXEシリーズでは、「デフィニティブホールド マッドワックス」がクレイタイプです。マットで自然な仕上がりでありながらセット力が強く、細部にまでこだわったヘアスタイルを1日中キープできます。

どんな髪型でもセットしやすいクリームタイプ

ファイバータイプとクレイタイプの中間的な性質を持っているのが、「クリームタイプ」のワックスです。柔らかく、程よいツヤ感とセットのしやすさが特色です。短髪からロングまで、どのようなヘアスタイルにも有効で、初心者にも使いやすいワックスと言えます。

もっとも、スタイルをキープする力はそれほど強くはありません。全体を固めるというより、軽くまとめるような働きがありますから、ナチュラルに見せたいときに使うと高い効果が期待できます。どちらかといえば硬い髪質の人に向いています。

AXEおすすめは「「シルキーワックス」!!

AXE GOLDシリーズの「シルキーワックス」は、ホールドスタイリング成分配合なので、ベタつきにくく、思い通りのスタイルが簡単に作ることができます。また、バランスにこだわった独自処方で、ワックスのアレンジ力と、自然なツヤ感の両立ができる扱いやすいワックスです。

ワックスの種類の特徴を押さえよう!

ワックスにはさまざまな種類があるので、特徴を覚えておくことが大切です。コシがなく柔らかい髪質の人は、髪をしっかりと立たせて量も多く見せる効果のあるマットタイプが適しています。逆に、硬い髪の人は、マットタイプを使うとパサついたように見えてしまいますので、柔らかくて伸びがよいクリームタイプかファイバータイプがよいでしょう。

ホールド力の強さではマットタイプが一番優れています。かっちりと固めたり髪を立ち上げたりするような個性的なスタイルを作るときには、マットタイプを使うと好みのスタイルを長く持たせることができるでしょう。ファイバータイプはスタイリングをキープしながらも毛先に動きを持たせる働きがありますので、パーマをかけている人が毛束感を出すときなどに使うと効果的です。一方、クリームタイプはホールド力はそれほど強くありませんが、まるでセットしていないかのような無造作で自然なヘアスタイルにしてくれます。

髪質や作りたいヘアスタイルによって、自分に一番合う種類のワックスを選んで使い分けましょう。