自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

前髪だけで印象が変わる!簡単にできるヘアアレンジ集

ヘアアレンジと聞くと難しそうに感じてしまう方も多いのではないでしょうか。しかし、前髪のヘアアレンジは時間や手間をそこまでかけなくても簡単なアレンジでガラリと印象を変えることができます。今回は今日から始めたくなるような前髪アレンジをご紹介します。

  • 更新日:

ワックスで前髪を上げるヘアアレンジ

まずはワックスを使って前髪を上げる方法です。前髪を上げておでこを出すだけで、爽やかな印象を与えやすくなります。しかし、ここで重要なのは、ワックスは補助的に用いるということです。いきなりワックスを髪につけて固めようとしてしまうとべったりと髪にワックスがついてしまい、逆に清潔感がなくなってしまいます。ドライヤーなどである程度形を作ってから、ワックスなどの整髪料を用いるようにしましょう。

ワックスのつけ方としては、ワックスは指の第1関節くらいの量が適量です。ワックスは油分を多く含んでいるため、多すぎるとべったりとついてしまうので注意してください。手にとったワックスを手のひらや両手の指の間になじませましょう。この作業により、手ぐしとくだけで適量が髪に付き、髪を整えることができます。

そして、ワックスをつける際には、髪の根元につけないように注意しながら、髪の中間から毛先にかけてワックスをつけていきます。このとき、手ぐしで髪をとくようにしてワックスをなじませてください。最後に、軽く手ぐしで髪を少し崩しながら整え、前髪と髪全体をねじるようにして残りのワックスをなじませれば完成です。崩す際には優しくふんわりと崩すようにするのがポイントです。

キープ力のある前髪の分け目をつくるヘアアレンジ

前髪の分け目は風や少しの運動でも崩れてしまいがちです。しかし、これもひと手間加えることでキープ力を上げることができます。

まず、ワックスなどの整髪料を使う前にしっかりとドライヤーなどを使ってブローしましょう。このとき注意したいのが、ドライヤーを離してから熱が冷めるまでの少しの間、髪を支えている手を離さないことです。髪は熱を加えてから温度が下がるときに型を作りやすいという性質を持っています。これを利用してドライヤーの熱を与え、しばらく髪を支えて形を作っていきましょう。

そして、ドライヤーでのブローよりもさらにしっかりと分け目を作るためにはヘアアイロンを使いましょう。最後に、強度を増すために整髪料をつけて固めていきます。分け目を作る際にもワックスのつけ方などは前髪アレンジと同じ要領です。

斜めに流しておしゃれ感を出すヘアアレンジ

続いては、前髪をおろしたままのヘアアレンジです。前髪を斜めに流すには、ヘアアイロンを使います。このとき注意することは2つあります。

まず1つ目は、ヘアアイロンを縦に(顔と平行に)入れること。縦に入れた後は自分の流したい方向に動かすだけで簡単に前髪を流すことができます。
2つ目は、少しずつヘアアイロンをあてることです。特に、髪の量が多かったり厚めに前髪を作っている人は、1度にすべての前髪を流そうとするとポロポロと取りこぼしてしまったり、熱がうまく伝わらなくなったりしてしまいます。前髪をいくつかのブロックに分け、ヘアアイロンにあてない部分の髪は頭頂部にピンなどで留めておきましょう。このひと手間で前髪に癖があったり髪の量が多かったりする人でも綺麗にヘアアレンジをすることができます。

セットの工夫の仕方次第で自由自在!

前髪は顔に1番近い部分の髪の毛なので、上げる・下ろすだけでもガラリと印象を変えられます。ドライヤーさえあればある程度形を整えることができますし、ワックスなどの整髪料を使うことで1日中キープしやすくなります。周りの人からの見え方だけでなく、自分の気分も変えることができるでしょう。

コツさえ覚えてしまえば、そのほかのヘアアレンジも比較的簡単に完成させることができるので、まずは始めやすいアレンジから挑戦してみてはいかがでしょうか。