自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

時間のない朝でもキマるスタイルに!寝グセを直す方法は?

時間のない朝、寝グセがあるとスタイリングが大変ですよね。頑固な寝グセもやり方次第でかっこよくキマるスタイルにすることができます。寝グセの対処法を知り、毎日のスタイリングにも役立てましょう。この記事では、寝グセができる原因や、簡単に行える寝グセ直しの方法などをご紹介いたします。

  • 更新日:

そもそもなぜ寝グセができる?

頑固な寝グセに悩まされたという経験は、誰にでも一度くらいはあるのではないでしょうか。しかし、そもそもなぜ寝グセができるのかという点についてはあまり知られていません。

寝グセがつくことには、寝ている間の状態や前日の入浴後のヘアケアなどが影響しているといわれています。たとえば、髪の毛を洗った後によく乾かさず、濡れた状態で寝てしまうと、寝グセがつきやすい傾向にあります。また、室温が高いことなどが原因で寝汗をかいてしまうと、寝グセがついてしまうということもあります。

これらのことからも分かるように、寝グセは髪の毛の水分と関係していることもあるといえます。寝グセがつく原因は、枕に頭をこすりつけるようにして寝ていたり、寝るときの姿勢が悪かったりすることだと思われがちです。しかし、寝グセを防ぐためには、寝方だけではなく、髪を洗った後にドライヤーでしっかりと乾かして、完全に乾燥させておくことが重要といえるでしょう。

手軽にできる簡単な寝グセ直法

簡単に寝グセを直す方法を心得ておくと、頑固な寝グセができてしまったときにも安心です。まず、髪の毛を軽く湿らせてからドライヤーを使ってセットをすれば、寝グセが直しやすくなります。寝グセがひどくなかなか直らない場合には、濡らしたまま少し時間をおいてから乾かす方法もあります。濡らした髪の毛をドライヤーで乾かすと、頑固な寝グセが取れてスタイリングがしやすい状態となります。

寝グセを簡単に直したいなら、髪の毛の性質に着目するのがポイントです。寝グセを直すときには水を使って一度髪の毛を湿らせてみるのが、短時間で簡単に寝グセを直すコツといえます。

そのままスタイリングするのはNG!

ひどい寝グセがあるにもかかわらず、それを直さずにそのままスタイリング剤をつけてスタイリングをしようとすることは控えた方が良いでしょう。寝グセを直しておかないと、スタイリング剤をつけても寝グセがそのままになってしまったり、不自然な仕上がりになってしまったりする可能性があります。

寝グセを直したいのであれば、ドライヤーを使うことが欠かせません。ドライヤーを使って髪の毛を乾かすときには、髪の毛の根元を中心にブローして寝グセを解消していきましょう。根元からブローをすることでスタイリングのベースが作られて、セットが決まりやすくなります。なりたい髪型によっては、髪を濡らしてスタイリングした方が良い場合もあります。自分がどんなヘアスタイルになりたいかを考えながら、スタイリング剤をつける前に、しっかりと髪を整えるようにしましょう。

寝グセがつかないように対策できる!?

そもそも、寝グセを防ぐことはできないのか。

そんな時は前日のシャンプーに注目してみましょう。寝グセがつきにくくスムーズな髪に洗いあげ、ダメージを抑えながら汚れを落としてくれるのが、AXE BLACK「ノーベッドヘアシャンプー」です。

時間のない朝、寝グセを直すのではなく、前日のうちからスタイリングしやすい髪に洗い上げてくれるので、時短にもなります。「朝が苦手」「寝グセがひどくて髪がキマらない」など、それぞれのライフスタイルや悩みに合わせてシャンプーを選ぶと、スタイリングにかける時間が確保できるのかもしれません。

寝グセを直してからスタイリングする

朝の準備に時間がない方が多いと思いますが、そんな時でもかっこよくヘアスタイリングをするために、短時間で確実に寝グセを直す方法を心得ておくと良いでしょう。寝グセがあるときには水で濡らし、少し時間をおいてからドライヤーを使って髪の毛の根元を中心にブローしていきます。一見すると手間がかかるように思うかもしれませんが、この方法で寝グセを直すのが最も時短につながるといえるでしょう。

また、シャンプーで寝グセをつきにくくする対処法もあります。AXE「ノーベッドヘアシャンプー」なら、寝ぐせがつきにくくスタイリングしやすいスムーズな髪に洗い上げ、ダメージを抑えながら汚れをしっかり落としてくれるのでおすすめです。

このように、寝グセを直したりシャンプーで寝グセをつきにくくしてからスタイリングをすれば、仕上がりもよくなります。お気に入りのヘアスタイルを維持するためにも、寝グセはしっかりと直してからスタイリングをしましょう。