自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

就活におすすめ!男性のための髪型カタログ!

面接のように、限られた時間内で自分の魅力を伝えるには、第一印象を良くすることが重要です。面接官に良い第一印象を与えるには、服装だけでなく髪型にまで気を配ることが欠かせません。ここでは、就活におすすめのメンズヘアスタイルを紹介します。

  • 更新日:

就活で王道のショートヘア

就活で王道のヘアスタイルといえば、まず「ショートヘア」が挙げられます。就活では清潔感や爽やかさを感じさせる髪型が好まれる傾向にあり、ショートヘアはそれらのポイントをしっかりと押さえた、まさに就活にもってこいのヘアスタイルといえるでしょう。男性の就活で定番中の定番であるショートヘアは、周りの雰囲気から浮いてしまったり悪目立ちしたりするリスクが少ないことも魅力です。就活時にどのようなヘアスタイルにするか悩んだ場合は、ショートヘアを選ぶと失敗が少ないでしょう。

また、このヘアスタイルにする際は、前髪が眉毛にかからないようにすることがポイントです。おでこと眉毛を出すことで、若々しくフレッシュな印象を強調できます。それから、就活シーンでは髪色は暗めのカラーがおすすめです。明るい髪色が好まれない企業もあるので、自分が志望する企業をよく調べて髪色を決めた方が良いかもしれません。面接官の好印象を得るためには、ビジネスマナーを守った装いを心掛けることが大切です。

フレッシュな印象を与えるベリーショート

はつらつと明るい印象を目指すのであれば、「ベリーショート」にするのも良いでしょう。ベリーショートは顔周りがすっきりとして見えるため、清潔感とフレッシュ感を与えるのに最適なヘアスタイルといえます。
ベリーショートのように襟足と耳周りの髪を短く整えたヘアスタイルは、快活で自信に満ちたイメージに近づけます。反対に、襟足や耳周りの髪が長いと、面接官によっては暗い印象と捉えられてしまうこともあります。せっかくの機会にマイナスな印象を与えず、自分らしさを発揮できるような髪型で臨みましょう。

それから、前髪は目元がはっきりと見えるように、短めにカットしておくと好印象を与えやすくなります。また、ベリーショートは大人っぽい印象が強まるため、顔立ちが幼く見えがちな丸顔の人におすすめのヘアスタイルです。前髪を短く整えておでこを出すと、顔の縦のラインが強調され、フェイスラインの丸みをさりげなくカバーできます。

清潔感を重視した刈り上げの髪型

真面目で誠実な印象を与えたい場合は、「刈り上げ」のヘアスタイルが一押しです。サイドやバックを少し刈り上げることで、清潔感を出すことができます。

ただし、このヘアスタイルにする場合は、短く刈り上げ過ぎないように注意することが大切です。短く刈り上げ過ぎてしまうと、ややカジュアルな印象が強く、面接官によってはくだけすぎた印象を与えてしまうおそれがあるため、サイドやバックの髪の長さには十分な注意を払いましょう。

あえて前髪を下ろすヘアスタイル

周りとはひと味違う自分らしい印象を目指すのであれば、「あえて前髪を下ろす」ヘアスタイルにすることも一つの方法です。清潔感を失うことがないのなら、前髪を下ろしたヘアスタイルでも面接官に悪い印象を与えるリスクは少ないでしょう。

敢えて前髪を下ろすことで、他の就活生との差別化を図ることができ、面接官の印象に残りやすくなる可能性があります。ビジネスマナーを守りつつ、髪型で個性を強調したいという人や、おでこの露出を控えたいという人は、前髪を下ろしたヘアスタイルにするのも良いでしょう。ただし、前髪は清潔感が損なわれない長さに、きちんと整えておきましょう。

髪型で面接官からの印象は変わるもの!

髪型次第で面接官からの印象は変わることもあります。これは面接に限らず、普段も同じです。おしゃれを意識した髪型であればおしゃれに詳しい人に見えたり、だらしなくしていれば清潔感のない人に見えてしまいます。

就活では、ビジネスマナーを守った上で、あなたらしいヘアスタイルを徹底してこだわることが大切です。好印象を与えやすい髪型と注意すべきポイントを押さえることで、就活をスムーズに進めやすくなります。