自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

定番オールブラックのスタイリングのコツとは?

全身を黒で統一させるオールブラックはオシャレに決まる定番スタインリングです。すべてブラックでコーディネートするだけなので簡単にできると思う人は少なくないでしょう。しかし、オールブラックは簡単に見えて地味になりやすく難易度も高めのコーデです。そこで、今回はオールブラックのスタイリングのポイントを紹介します。

  • 更新日:

オールブラックは1カ所のみ差し色を入れて

出典:Shutterstock.com

オールブラックはモードな雰囲気になれたりスタイリッシュな印象で男女ともに人気のあるコーディネートです。このスタイリングで悩むポイントの1つなのが、黒一色で重く見えてしまうことです。特にアウターを着る機会の多い秋・冬にかけてはさらに暗く見えてしまうので、ワンポイントを明るくしてコーデしましょう。
白いインナーはオールブラックのワンパターンから抜け出せる便利なアイテムです。たとえば、白のシャツやタートルニットなどをインナーに着て袖だけを白を見せたり、襟や袖だけ白のラインが入ったトップスを選んだりするのも良いでしょう。

また、足元に違う色味の靴を合わせるというハズすテクニックもあります。スニーカーはさまざまな色の商品が展開されているので、取り入れやすいでしょう。カラフルな色のスニーカーを選べばカジュアル感もアップします。ホワイトカラーのスニーカーなら清潔感も演出できるでしょう。

ただし、足元に異なる色を選ぶと、目線が足元にいくため背が低い印象を与えることもあるので、バランスを考えたスタイリングが必要です。それ以外にも、「バッグ」や「ベルト」「マフラー」など小物の色を変えて1カ所に差し色を入れることも1つの方法です。

差し色でアクセントを入れたブラックスタイルには、ツヤを抑えたマットな質感のヘアスタイルがおすすめ!

細身の人はゆるめとタイトを合わせて

オールブラックで次に気を付けたいポイントなのが「バランス」です。全身ブラックで固めてシルエットも同じでは、のっぺりとした印象になることもあります。トップスやボトムスに違うシルエットの服を合わせて、スタイリングにメリハリを付けましょう。

トップスをゆるめにしたときは、ボトムスはタイトにすると全身にメリハリが付けられます。あらかじめボリューム感のあるトップスを選んでも良いですし、ジャケットやダウンなどのアウターを着ることでもゆったりしたシルエットになるでしょう。

簡単なコーディネートとしては、「大き目のセーター+スラックス」や「スタジャン+タイトジーンズ」と合わせるやり方も人気です。そして、ボトムスをタイトにするとシルエットに変化を出せるだけなく美脚効果も期待できます。ブラックの「スキニージーンズ」はタイトに見せられる定番アイテムの1つでしょう。
春~秋などの季節ならボトムスの足首を少し見せたりクロップド丈のタイプを選べば、スタイリングに抜け感も出せます。足元にローファーなどを合わせ、トレンドを取り入れたスタイリングを楽しみましょう。

メリハリのあるシルエットのブラックコーデには、ジェルなのに自然な仕上がりを実現できるAXE BLACK「アクアジェリー」がおすすめ!

素材感の違うアイテムを組み合わせてみて

オールブラックに変化を付けるためには、素材感の違うアイテムを選ぶこともポイントです。素材感の違いや柄のアクセントによって、コーディネートがより表情豊かになるでしょう。

アウターでは黒の「レザージャケット」や光沢のある「ダウンジャケット」は、簡単に質感が変化できるアイテムです。オシャレに自信がある人は「モヘア」や「パテント」「フェルト」など異素材ミックスのコーディネートも良いでしょう。

服だけでなく、靴、ハット、インナーなど各アイテムに異なる質感の素材を使ってもオールブラックなら統一感が出せます。質感に選ぶときにはできるだけ上質なものを選ぶことがおすすめです。
あえて高級ブランドを購入する必要はありませんが、クオリティの高い素材を合わせることで、オシャレ感もアップするでしょう。特に「オシャレは足元から」といわれるように、靴はスタイリングにおいて重要です。靴以外がプチプラのアイテムでも上質な靴であればトータルコーディネートが品良く決まるでしょう。

異素材のブラックコーデは質感が重要!ヘアスタイルは程よいツヤ感が出るAXE GOLD「シルキーワックス」がおすすめ!

オールブラックを着こなしてオシャレ上級者に

ワントーンの本命であるオールブラックは、着こなし次第で男らしさが一気にアップします。差し色やバランス、質感などのポイントをつかんで、センス良くコーデしてみてください。オールブラックを上手く着こなしてオシャレ上級者の仲間入りしましょう。