自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

大人の魅力を醸し出すヘアジェル使い方と選び方

大人っぽい髪型をセットできるアイテムとして、ヘアジェルは幅広く活用されています。ヘアジェルの使用に慣れていない場合は、どのようにつければよいのか迷ってしまう場合もあるでしょう。ヘアジェルが持っている特徴を把握してセットすれば、おしゃれな髪型に仕上げられます。この記事では、ヘアジェルの上手な使い方と選び方を解説します。

  • 更新日:

ヘアジェルに適したヘアスタイルとは?

ヘアジェルは髪をしっかりと固めやすく、こなれた印象を与えられるのが特徴です。セット力が強いタイプが多いので、かっちりしたヘアスタイルに仕上げたいときに向いているでしょう。また、ヘアジェルを使用すると髪が濡れたような質感に仕上がります。ワックスでは出せないツヤ感を与えられるので、大人っぽいヘアスタイルに適しているスタイリング剤です。

パーマをかけている場合でも、適量のヘアジェルをつければナチュラルな雰囲気に仕上げることができます。毛束や毛先の動きをキープしやすいので、髪を立てたアレンジにもおすすめです。ヘアジェルで髪をセットする際は、質感や自分の好みに合わせたヘアスタイルに整えるとよいでしょう。

ポイントは濡らした髪につけること

ヘアジェルは髪につけてから固まるまでの時間が短く、一度固まってしまうとやり直しができないスタイリング剤です。そのため、セットする際には気をつけるべきいくつかのポイントがあります。髪を整える際にポイントを意識すれば、きれいに仕上げられるでしょう。

ヘアジェルをつける適切なタイミングは、髪に水分が残っている状態です。髪を濡らしてから軽くドライヤーで乾かすとセットしやすい状態になります。ある程度水分を残した状態でヘアジェルを髪につけましょう。髪全体にまんべんなくつけるのが、きれいに仕上げるためのポイントです。
髪が短い場合は、ドライヤーを使うとすぐに乾いてしまうのでヘアジェルをつけやすい状態に調整しにくくなる傾向があります。そのためドライヤーを使わず、タオルドライをしたあとにつけるとよいでしょう。

ヘアジェルの選び方はどうする?

髪の長さによって、適切なヘアジェルの性質は異なります。髪が短い場合はハードタイプ、長い場合はセット力が弱めのものを選ぶとよいでしょう。髪に癖や硬さがある人は、ハードタイプのヘアジェルが向いています。

さらに、匂いもヘアジェルを選ぶ際の重要な要素です。匂いがきつい・好みの匂いではないヘアジェルよりは、自分がつけていて心地よい香りがするヘアジェルを選びましょう。スタイリング剤の香りは様々な種類があり、自分の好みの香りを探す楽しみもあります。サンプルで試したり、ドラッグストアなどでお手頃な価格でパフォーマンズの良いヘアジェルがたくさんありますので、ぜひ活用して使い心地や匂いを確認しましょう。

絶妙なツヤにこだわった独自処方で固めながら、ガチガチやギラギラにならず自然なツヤ感になります。ウッドバニラの洗練された香りがさりげなく香ります。

ヘアジェルを使いこなして大人の男を演出

ヘアジェルを使用する際は付け方にポイントがあるため、付け方を理解してセットするとスタイリングもスムーズです。髪を固める力が強いので、量が多過ぎたりするとぺったりしたヘアスタイルになってしまいます。ヘアジェルはツヤ感がポイントなので、濡れた質感を活かして自然な感じに整えると、おしゃれに仕上げられるでしょう。

使い心地やセット力、匂いはヘアジェルの種類によって異なります。購入する前に特徴をよくチェックしたりサンプルを活用したりすると、自分に合ったヘアジェルを選ぶことができるでしょう。髪の長さや髪質も考慮して、セットしやすいヘアジェルを選ぶことがおすすめです。

ヘアジェルはつけてから固まるまでの時間が短いので、使用に慣れていない場合はセットが難しい可能性があります。しかし、これらのポイントをおさえて整えれば、ナチュラルな髪型に仕上げることが可能です。適切なヘアジェルを選んで髪を整え、大人の魅力を演出してみましょう。