自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

何を求める?使い心地で選ぶおすすめのワックス

髪をセットするために多くの人がワックスを使用しますが、さまざまなタイプがあるためどれを使用するか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。ワックスは、種類によって合う髪質や仕上がりが違います。そこで今回は、ワックスのタイプ毎に、どんな髪質があっているのか、またどんな仕上がりになるのかをご紹介いたします。

  • 更新日:

クリームタイプのワックスがおすすめな人

クリームタイプのワックスはほどよく伸びて髪に馴染みやすいのが特徴です。使い勝手がよく扱いやすいため、スタイリングが苦手な人やワックス初心者にもおすすめです。また、水分や髪をいたわるトリートメント成分が含まれているものが多く適度なツヤ感も出るので、潤いを残しつつ毛束感を出したいときにも使いやすいでしょう。

キープ力や軽さ、ツヤはどれも平均的なので一般的な髪質の人なら安心して使用できます。さらに、髪をスタイリングしにくい硬めの髪質の人でもクリームタイプなら扱いやすく、ボリュームを抑えながら髪に潤いを与えられます。硬い髪の人は、マットタイプを使うとパサついたように見えることもあるので、柔らかくて伸びがよいクリームタイプはおすすめです。

対応できる髪の長さも幅広く、ショートからロングまで対応が可能で、1つ持っていると何かと使いやすいタイプです。自然な仕上がりにできるので、自然な毛流れ感を生かした無造作ヘアを作りたい人にも向いています。

ファイバータイプのワックスがおすすめな人

ファイバーワックスの特徴は、ワックスの質感です。指に付けて伸ばすと糸を引くようによく伸びます。そのため、スタイリングのキープ力も比較的高く、しっかりまとめたい人や、髪に動きを出したい人におすすめです。
くせ毛でくせを落ち着かせたい人や、毛量が多くボリュームを抑えたい場合も対応しやすいワックスです。ファイバータイプは、毛束感を出しやすいので、パーマやツンツンヘアも造りやすいでしょう。

また、もともとキープ力があるタイプですが、髪型が崩れたときも手ぐしで直せます。ただし油分が多めなものが多いので、付けすぎるとベタベタした印象になるため注意しましょう。毛先の動きを出したいときは、毛先にのみ付けるのがポイントです。

髪が柔らかい人や少なめの人がファイバーワックスをつけすぎてしまった場合、ワックスの重さで髪がペタンコになる場合がありますので、量を調節しながらスタイリングするのがポイントです。

AXE BLACK「パティワックス」なら、ワックスのもつホールド力はそのままに、固め過ぎずに流れや動きのあるスタイルを可能にするファイバースタイリング成分配合ワックスです。伸びとなじみが良く、つけた後の手直しも可能なため、一日中自然な流れ感を楽しめます。

クレイタイプ(マットタイプ)のワックスがおすすめな人

クレイタイプ(マットタイプ)のワックスはホールド力が高く、ツヤがないマットな仕上がりになるのが特徴です。ツヤがないため、いかにも整髪料を付けた印象になりにくく、自然で動きのあるスタイリングを楽しめます。そのため、ホールド力が高いワックスを使用したいけれど、髪がペタッとなるのは嫌という人におすすめです。

クレイタイプ(マットタイプ)のワックスはクリームやファイバーワックスに比べると固い質感で伸びはあまりよくありませんが、セット力が高く髪を立ち上げたり、かっちりと固めたりするような個性的なスタイルを作るときにもおすすめです。

クレイワックス(マットワックス)の場合もつけすぎに注意して、少しずつ様子を見ながら足してみてください。毛量が少なめの人や髪質が柔らかい人でも動きのあるスタイリングができます。また、くせ毛でペタンコになるという悩みがある人でも、ボリュームを出してくせ毛を活かすことが可能ですが、ロングや硬い髪質の人は扱いにくいと感じるかもしれません。

AXE BLACK「マッドワックス」なら、髪全体のシルエット作りをはじめ、束感、 立ち上げ、細部の作り込みも可能。AXE BLACKシリーズ中、最も強いホールド力のクレイワックス。マットな仕上がりが、ナチュラルな印象に。

ワックスいろいろ!自分に合ったワックスを選ぼう

スタイリング剤にはいろいろな種類があり、それぞれ特徴や向いている髪質が違います。今回紹介したワックス以外にも、髪にツヤ感が出るジェルや濡れた質感になるのが特徴のグリースなどもあります。また、同じ種類のワックスのなかにも、ハードやソフトなど、セット力や特徴などが違うものあるのでチェックしてみましょう。

種類が豊富だからこそ、自分にぴったりのワックスが見つかるはずです。自分の髪質や髪型を考慮しながら選んでみてください。ちなみに、ワックスには香り付きのものと無香料のタイプがあります。使い心地はもちろん、好きな香りのワックスを選べば、スタイリングの時間がますます楽しくなるでしょう。