自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

効果はイメチェンばり!分け方で変わる、前髪ヘアアレンジ

メンズのヘアスタイルは、トップのアレンジが同じでも前髪のセットの仕方を少し変えるだけで印象をガラリと変えることができます。代表的な前髪アレンジの種類、ヘアスタイル別の前髪のセット方法などについて見ていきましょう。

  • 更新日:

分け方次第で変わる4つの前髪スタイル

センター分けスタイル

メンズの前髪を分けるヘアスタイルの中でもっともメジャーで、センターパートと呼ばれることもあります。黒髪からハイトーンまで幅広い髪色で取り入れることができ、柔らかい印象を作れる前髪のセット方法です。ただし、ある程度の長さがないとバッチリ決めるのが難しいので、ショートヘアには不向きな前髪スタイルといえるでしょう。上手にセンター分けをするには、しっかりと前髪を濡らしてブローの段階から分け目を作った後にワックスで整えていく必要があります。また、崩れ防止のためにセット後はスプレーで固定するのも重要です。

アップバングスタイル

アップバンクとは、前髪を上げるスタイルのことを指しています。男らしさや爽やかさを出したいときにおすすめの前髪アレンジで、女性ウケが非常に良いのが最大の特徴です。セットの際は、しっかりと水で濡らした後に根元から持ち上げるようにブローしていきましょう。毛髪に少しでも水分が残っていると崩れやすくなってしまいますので、しっかりとブローすることをおすすめします。

また、スタイリング剤はジェルのようなウェット感の強いものより、AXE『デフィニティブホールドマッドワックス』のような、手直しも簡単なハードタイプのドライ系のワックスがおすすめです。

七三スタイル

スーツスタイルにはもっともよくなじむヘアアレンジですし、ツーブロックやパーマなどの髪型にも合わせることができる万能なスタイルです。セット時のポイントは、ブローの段階で完全に乾かさないというところにあります。前髪に水分が残っている状態でジェルをなじませて自然乾燥させることで、ウェット感を残した状態での長時間キープが可能です。

M字分けスタイル

M字バンクと呼ぶこともありますが、分け目の間に1束残す前髪スタイルです。一見簡単そうに見えて、とても難易度の高いアレンジで、しっかりと固定するためにはヘアアイロンを利用して前髪をまっすぐに伸ばすところからはじめましょう。ワックスでセットする際は、分け目を広げすぎると不自然に見えてしまうため、さり気なく分けて太すぎない束を残すことが重要なポイントです。

自然派ならふんわりとしたヘアアレンジ

ナチュラルスタイル

文字通り、セットにより過度なヘアアレンジを加えない髪型です。ナチュラル感を出すには、前髪には整髪料をつけないという方法もあります。しかしそれだと逆に違和感が出てしまう可能性もあるため、全体をセットした後に手のひらに残っているワックスを薄くつける程度にしておきましょう。また、使用するワックスはハードタイプではなく、AXE『トリートメントクリームワックス』などのホールド力よりニュアンス重視のものをおすすめです。メンズのワックスなのに、トリートメント成分も配合されている商品なので、スタイリングと毛髪ケアが同時に可能な数少ないアイテムとしても重宝します。

無造作ヘアスタイル

毛束を多方向に散らして絶妙なボサボサ感を出す王道のメンズヘアスタイルです。スタイリング剤は、ガッチリと固め過ぎずに自然な流れを作ることのできるAXE『カジュアルコントロールパティワックス』がおすすめ。クシャクシャに握るようにセットするだけで無造作な束感を作ることができますし、ファイバースタイリング成分が配合されているので崩れたときの手直しも簡単です。ただし、無造作ヘアは細かくセットすればするほどに無造作感は薄れてしまうのでその点には注意しておきましょう。

流すスタイル

おでこや眉毛を見せないセット方法なので、アンニュイで中性的な印象を与えることができます。ドライ系のワックスでセットするのがおすすめで、ヘアアイロンでカールを作ってからスタイリング剤をなじませることでより自然な雰囲気が長時間キープ可能です。

他にも豊富な前髪のヘアスタイル

ぱっつんスタイル

個性的な前髪アレンジを望むならもってこいのスタイルで、セットの仕方も非常に簡単です。ぱっつんの場合は、毛先がキレイに揃ってさえいれば、AXE『プレスタイリングトリートメントミスト』のようなトリートメント成分配合のミストをなじませた後に、クシを使ってといてあげるだけでバッチリ決めることができます。さらに個性を出したいときは、ヘアアイロンで若干内巻きにするスタイルもおすすめです。

オールバックスタイル

チョイ悪なファッションにもなじみ、清潔感や大人な雰囲気も出すことができるのがオールバックスタイルです。ビジネスシーンでも取り入れることができるヘアアレンジなので、男子ならスタイリング方法を習得しておきたいところ。オールバックにするときは、ブローの段階から根元を持ち上げて乾かしながらクセをつけていきましょう。また、上げた前髪をガッチリと固定するのがもっとも重要になるので、スタイリング剤はジェルやポマードなどのホールド力が強いものがおすすめです。

スパイラルパーマスタイル

スパイラルパーマと聞くとアフロヘアなどを想像する人もいるかもしれませんが、巻き方の強弱次第で不揃いな無造作感を作り出すことができる万能な髪型です。前髪のセットの仕方も非常に簡単で、水で濡らしてパーマ感を出した後に完全に乾かさずにドライ系のワックスで細めの毛束と外ハネを作っていきましょう。仕上げに、AXE『ファイナルタッチインビジブルスプレー』のような、髪全体に均一になじませることのできる霧状スプレーでしっかりと固定すれば完成です。

ツイストパーマスタイル

セット時間もかからず、春夏秋冬どの季節でもマッチするのがツイストパーマスタイルです。セット方法に関してはスパイラルパーマと重なる部分がありますが、パーマ感が残るギリギリのラインまでブローした後にハード系のワックスをなじませていきましょう。ツイストパーマをかけていれば細かなセットはせずともオシャレに決まりやすいので、ボリュームを抑えつつ全体のシルエットに合わせて前髪を整えてあげる程度で十分です。

自分に合った前髪のスタイルを見つけよう

メンズのヘアスタイルは前髪で決まると言っても過言ではないほど、前髪のセット1つで相手に与える印象がガラリと変わってきます。また、カットせずとも前髪アレンジを変えるだけでイメチェンは十分可能なので、レパートリーは豊富にあるに越したことはありません。自分に合った前髪アレンジを複数見つけておき、シチュエーションによって使い分けができればファッションの幅をより一層広げることにもつながってきますよ。