自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

就活におすすめの髪型は?採用担当者の受けを良くするポイント

就活において、身だしなみは大切なマナーの一つといえます。なぜなら、外見は第一印象を決めるうえで、とても重要な役割を持つためです。服装だけではなく髪型な度にも気を配ることで、採用担当者に好印象を与えやすくなるでしょう。ここでは、就活で採用担当者の心をつかみやすくなる髪型について解説します。

  • 更新日:

自然なツヤ感が出せるAXE GOLD「シルキーワックス」は就活スタイルにもおすすめ!

就活で大切なのは清潔感と爽やかさ

就活時の髪型を決める際にポイントとなるのは、何といっても「清潔感」や「爽やかさ」です。なぜなら、就活生は社会人の卵であり、基本的なビジネスマナーが身に付いていることを企業に求められるためです。ビジネスマナーはしぐさや話し方だけではなく、身だしなみにも表れます。そのため、髪型を整えることでビジネスマナーが身に付いているという印象につながり、好感度をアップさせやすくなるのです。

具体的には、髪が長いよりも短めのほうが、清潔感や爽やかさを演出しやすい傾向にあります。人生の大きな岐路となる就活シーンに向けて、髪が長い場合は短くカットしておくと良いでしょう。

ショートもしくはベリーショートがおすすめ

短めの髪型で爽やかに

清潔感や爽やかさを演出するのなら、「短めのショート」や「ベリーショート」が向いています。企業の多くは、就活生に「真面目さ」や「勤勉さ」を求めています。これらの印象を与えるために有効なのは、やはり短く髪をカットしたスタイルなのです。

短めのショートやベリーショートは、就活の王道ヘアスタイルともいえる、万人受けしやすい髪型といえます。髪型選びに自信がなかったり、周りから浮いた印象にならないか心配だったりする場合は、短めのショートもしくはベリーショートにすると無難です。なかでも、ベリーショートならスタイリングが楽になるため、ヘアセットにかける時間を効率的に短縮できるというメリットがあります。

マットな質感で自然に髪をスタイリングできるAXE BLACK「マッドワックス」は就活スタイルにもおすすめ!

前髪や襟足の長さに気をつける

就活シーンにおけるヘアスタイルは、前髪や襟足の長さに注意を向けることが肝心です。前髪は眉毛よりもやや上までカットし、サイドはこめかみが隠れない長さに調整します。また、えり足はえりにかからない長さにすると、顔周りがパッと明るくなり、誠実な印象を与えやすくなります。

特に、前髪は重要なポイントです。前髪が長いと暗かったり、覇気がなかったりする印象を与えやすくなる可能性があります。前髪は眉毛よりも上の長さにすることで、表情がはっきりと相手に伝わり、採用担当者に好印象を与えやすくなるでしょう。

サイドを刈り上げる髪型も業界によってはあり

サイドを刈り上げる髪型も、爽やかさを感じさせるヘアスタイルの一つです。なお、サイドを刈り上げる髪型にする場合は、耳とおでこをしっかりと出すことを意識すると良いでしょう。耳やおでこが隠れてしまうと、軽そうな印象やおしゃれを意識しすぎた印象を与えてしまう原因につながります。耳とおでこをしっかりと出すことで、フレッシュではつらつとした印象を与えられます。

ただし、サイドを刈り上げた髪型はややラフな印象が強い傾向にあり、業界によってはカジュアルすぎると思われてしまうリスクがあるため、注意が必要です。このヘアスタイルにしても問題がないか不安な場合は、あらかじめ志望先企業の雰囲気や職場の年齢層などを確認しておくと安心です。また、ヘアセットを行う際はあまり髪を立たせないように心がけ、トップとサイドの差が目立ちすぎないよう、落ち着いた雰囲気を目指すと良いでしょう。

ヘアスタイリングをしっかり!きちんと感を出そう

髪型は第一印象に大きな影響を与える要素であり、就活ではヘアスタイリングをしっかりとして、きちんと感を演出することが大切です。
清潔感・爽やかさ・真面目さなどのポイントを意識してスタイリングを行うことで、採用担当者の心をぐっとつかみやすくなります。自分をより魅力的にみせるためのヘアスタイリングを研究し、周りの就活生から一歩リードした存在を目指しましょう。