自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

就活の印象が良くなる髪型とは?爽やかに見える秘訣

就活を有利に進めるためには、中身が伴っていることはもちろん、外見にも気を配ることが大切です。面接官から好印象を得るためには、身だしなみに注意を払うことが重要になります。特に、髪型は第一印象を決める重要なパーツの1つといえるでしょう。今回は、就活で印象を良くするための、おすすめの髪型について解説していきます。

  • 更新日:

おでこは出すのがポイント

就活で面接官に好印象を与えるためには、おでこが見えたほうが顔が明るく見えるのでおすすめです。完全に出さなくても良いですが、できれば前髪は眉毛にかかるくらいか、それよりも上を目指しましょう。

アップバングがおすすめ!

おでこを出すことに全く抵抗がないという人は、アップバングにするのもおすすめです。アップバングとは、前髪をワックスなどでセットして上にあげた髪型のことをいいます。おでこが完全に出るため顔回りが明るく見え、就活生らしいはつらつとした印象を与えることができるでしょう。
また、アップバングは業界を選ばない髪型ですので、さまざまな業界を受けるつもりだという人にもぴったりです。さらに、全体的に短くカットすることで、おしゃれでビジネスマンらしい雰囲気を演出することができます。

ワックスのつけ方ポイントは…?

ちなみに、ワックスを付ける際の使用量は、10円玉程度を目安にするのがポイントです。なぜなら、付け過ぎてしまうとかえって髪がべたついて見えてしまいますし、匂いがきつく感じられることもあるからです。適量に注意して、清潔感のある髪型を目指しましょう。

高感度の高いアップバングスタイリルにはAXE BLACK「パティワックス」がおすすめ!

真面目な印象を与えるには黒髪

髪の色は、茶髪や派手な髪色に比べると、黒のほうが真面目な印象を与えることができます。茶髪OKという会社もありますが、複数の企業を受ける場合はより真面目な印象を与える黒髪にしておいたほうが良さそうです。もちろん、地毛が茶色がかっているという人もいますので、必ずしも茶髪がNGなわけではありません。

ただし、面接官から見て自然に見えるような、ナチュラルな髪色にするよう意識することが大切です。個性的な髪型や髪色を評価してくれる業界ももちろんありますので、自分が受けたい企業のカラーを事前に調べてみるのも良いかもしれません。ビジネスマナーの1つとして、髪色も見られているということを念頭においておきましょう。

AXE BLACK「マッドワックス」なら黒髪にマットな質感を出せるので、人とは違った印象に!

髪型のついでにヒゲもチェック

髪型を気にしたら、忘れずにヒゲもチェックしておきましょう。ヒゲはすっきり剃り上げたほうが、フレッシュなイメージにつながります。もみあげの濃い人も、短めに剃るのがおすすめです。

面接の時間は、基本的に長いものではありません。このため、面接官の中には見た目の第一印象を合否の判断材料にする人もいます。中には、ヒゲを整えていないことで、社会人としてやっていく自覚がないと見なしてしまう人もいるかもしれません。また、不衛生、きちんとしていないという印象を与えてしまうこともあります。特に、飲食業や接客業では、ヒゲはマイナスイメージとなってしまいがちです。

このように、ヒゲ1つで好印象を持ってもらえない可能性もあるのです。ヒゲが理由で不採用にされては悔やみきれませんので、髪型を気にするのであれば、加えてヒゲへの配慮も怠らないようにしましょう。中には、入社後はヒゲは自由だという企業もあります。ヒゲへのこだわりがある人も、就活のときだけの我慢と思い、割り切って剃ってしまうのも良いかもしれません。

就活の髪型は明るい印象を心がけよう

就活は、明るくポジティブな印象を残すことが大事です。そのためには、清潔感を持ち、身だしなみに気をつけなくてはなりません。これは、就活生が気をつけるべき基本事項です。

中身で自分を判断してもらいたいと思うからには、最低限の身だしなみは整えておかなくてはなりません。なぜなら、社会に出て仕事をしていくにあたり、相手に不快感のない身だしなみでいることはマナーだからです。就活の印象を良くするために、まずは、明るく清潔感のある髪型に整えるところからはじめてみてはいかがでしょうか。