自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

ヨーヨー初心者におすすめの練習法!基礎が大事!

自由自在に操る姿がカッコイイと人気のヨーヨー。特にトリックと呼ばれる技ができるようになることは、ヨーヨー初心者にとっての憧れです。ヨーヨーの腕を上げていろいろな技ができるようになるためには、基礎練習の積み重ねが不可欠です。そこで、ヨーヨーの上達のために必要な基礎練習について紹介していきます。

  • 更新日:

昔とは違う、ヨーヨーの投げ方

昔ながらのヨーヨーの投げ方は「グラビティプル」といい、ご存知の方も多いと思います。
指をストリングの輪にひっかけて、手のひらを下にしてヨーヨーを持ちます。そして、腕をまっすぐ前に出し、ヨーヨーをぱっと離して下に落としましょう。半分まで落ちるのを確認したら、上にくいっと引いてヨーヨーを引っ張ります。するとストリングを巻きながらヨーヨーが戻ってくるので、もう一度下に落とします。2回目に戻ってきたら、そのままヨーヨーをキャッチします。

これがヨーヨーの基礎であるグラビティプルという上げ下げの技法です。しかしこの投げ方ではヨーヨーに強い回転をかけることができず、トリックを行うのは困難です。ヨーヨーの進化と共に投げ方も変化し、主流はスローダウンへと変わってきています。

スローダウンを習得しよう

スローダウンとは、ヨーヨーを上から振りかぶって投げる技です。多くのトリックの基礎となる投げ方なのでしっかりと覚えましょう。スローダウンをまっすぐ正確に投げられるようになると、他の技にも応用がききます。

スローダウンのやり方

まず、手のひらを上にして、手に乗せるようにヨーヨーを持ちます。ヨーヨーを握ったらそのまま腕を曲げ、ひじを高く上げます。このとき、ひじは二の腕に水平に構え、手は耳の横にくるようにしましょう。

次に、二の腕が水平になるくらいまでひじを上げます。ヨーヨーを握った手が耳の横に来るように構えましょう。

そして、構えた腕全体と手首のスナップをきかせて、勢いよくヨーヨーを投げ下ろします。ストリングが完全に伸びきる前に手首をひるがえし、腕と手首を使ってヨーヨーを上へ引っ張りましょう。するとヨーヨーがストリングを巻き取り戻ってくるので、それを手のひらでキャッチしたら成功です。

ヨーヨーを投げている途中で手首の向きを変えると、ヨーヨーが斜めに傾いてしまうので気を付けましょう。ヨーヨーを投げたあと、ストリングが伸びきる直前に手首を返すのがポイントです。確実にまっすぐ投げられるまで何度も繰り返し練習しましょう。

できたらカッコイイ!スリーパーを練習しよう

スローダウンが安定してできるようになったら、スリーパーという技に挑戦してみましょう。まず、ヨーヨーを手のひらで包むように持ちます。このとき、ストリングが巻いている向きに注意します。必ず上からストリングが出ているようにしましょう。

そして、スローダウンと同じフォームで手の平を上にし、腕を体の前にまっすぐ伸ばします。次に、ヨーヨーを握ったままひじを曲げ、手を上げます。手を振り下ろすと同時にヨーヨーを投げるのです。このとき、あまり腕を下げすぎないよう気を付けましょう。下げすぎるとヨーヨーが地面に当たってしまうからです。

腕と手首のスナップをきかせてまっすぐ投げると、ピンと張ったストリングの先でヨーヨーが空転します。今のヨーヨーはほぼすべて、落ちきった所で空転するようにできています。そして手の平をそっと下に向け、少しストリングを引くとヨーヨーが戻ってくるので、戻ってきたヨーヨーをキャッチできれば成功です。

少しずつ練習していろいろな技をできるようになろう

スリーパーができるようになると、その応用でウォーク・ザ・ドッグという有名な技ができるようになる日も遠くありません。もっとも、どんな大技にチャレンジするにしても、基礎練習をしっかりやることが上達への近道です。毎日少しずつでもよいので練習を続け、いずれは大技を習得できるようがんばりましょう。

昔と比べて今はヨーヨーの練習に関する動画も多くアップされています。上手な人の動きを見ながら練習すると、自分のどの動きを修正したらよいかが分かりやすくなります。ヨーヨーを練習する際は練習動画もチェックするようにしましょう。