自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

まるでヘアサロン帰り!ワックスで叶える髪型のセット方法

スタイリングに大いに役立つヘアワックス。コツさえ掴めばスタイリストにセットしてもらったような髪型を自分でセットできるようになります。今回はワックスのつけ方から、おすすめのワックスまでをご紹介します。いつでもお気に入りのヘアスタイルを楽しめるようワックスを使いこなせるようになるはずです!

  • 更新日:

ワックスを使って髪型をセットするポイント

まず、寝癖のないようにドライヤーで半乾きの状態まで乾かしましょう。また、あらかじめ癖をつけておくことで自分の望むヘアスタイルに整えやすくなります。

次に、ワックスを指の間含め手のひら全体に馴染ませてください。短髪ならば「ちょっと少ないかな」と感じる10円玉程度の大きさで構いません。ワックスの量が多すぎると髪がワックスの重みでつぶれてしまい、立ち上げることができなくなります。足りなければ適宜つぎ足すことができるので、少量から始めるのがおすすめです。

準備ができたならボリュームの多い順(後ろ髪→サイド→トップ)につけていきます。もみあげや前髪も手ぐしでボリュームを整えてください。このときのポイントは最初に髪のボリュームをしっかりだした後で、ボリュームを抑えるようにしていくことです。最後に全体のバランスを確認し、気になるところを整えましょう。

スタイリストが行うスタイリングの共通点は?

顔全体の印象を決めるのに大切となる前髪。トップやサイドと異なり、あまりワックスをつけすぎずに自然な仕上りを目指すのがコツです。そのため、後ろ髪からつけていき、トップをセットした後に残っているワックスを使用すると良いでしょう。指先を使い、毛束を作るようなイメージでワックスをつけていきます。根本にワックスをつけると前髪のスタイルがはっきりしてしまうので、根元にワックスをつけるかつけないかはスタイリストによって見解が異なります。自分の好みで選びましょう。前髪を整えたらスプレーをして完成です。前髪以外の髪はムラなくワックスが均一になるようにつけるのがポイントです。

どんなワックスを使用すればいいかわからない人には、髪全体のシルエットづくりをはじめ細部の作り込みも可能なAXEのマッドワックスがおすすめです。AXE BLACKシリーズ中最もホールド力が強く、雨の日でもスタイルをキープしてくれます。仕事終わりにデートの予定がある場合でも、1日中髪型を保ってくれるこの商品なら心強いでしょう。

ワックスのスタイリングでNGなのは?

ワックス初心者の人が陥りがちなのが、髪の表面のみに不均一にワックスをつけてしまうことです。上手くスタイリングするためにも髪全体にワックスをつけることを意識しましょう。また、ワックスをつけすぎてしまい、白く目立ってしまうことがあります。フケと間違えられないように適量のワックスを伸ばしてください。

また、ワックスの後にヘアアイロンを使ってスタイリングをすること自体は構わないのですが、髪の毛が濡れたままヘアアイロンを使うのは厳禁です。濡れた髪にヘアアイロンを当てるとジュっという音がして、髪の毛の内部の水分まで蒸発してしまいます。髪にダメージを与えてしまうので、ドライヤーでしっかり乾かしてからヘアアイロンを使いましょう。ヘアアイロンを使う場合は、あらかじめ水分含有量の少ないワックスを選んでおくことをおすすめします。ワックスの後にヘアアイロンをすることで髪の毛に艶が出て、より魅力的になるはずです。

スタイリストのようなスタイリングを極めよう

ワックスでスタイリングをするときの最大のポイントは「ワックスをつけすぎないこと」です。特に前髪にワックスをつけすぎると見た目を良くするはずが逆にだらしなくなります。ワックスは10円玉ほどの少量から始め、手のひらでよく伸ばしてからつけるのがポイントです。

いろいろ試行錯誤して、自分の髪型・髪質に合った最適なスタイリングを行いましょう。慣れてきたらヘアスタイリストさながらに自分の好みの髪型を実現できるようになるはずです。お気に入りのヘアスタイルなら外出がより楽しくなるでしょう。