自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

見た目が大切なシーンだからこそ!就活で好印象を与える髪型とは

就活シーンにおいて身だしなみは大切なポイントです。しかし、どのようなヘアスタイルが就活にふさわしいのか分からない方もいるのではないでしょうか。就活で面接官にやる気や真面目さをアピールする髪型にするためには、カットやスタイリングに気をつける必要があります。今回は、就活で面接官に好印象を与える髪型についてご紹介します。

  • 更新日:

たかが外見されど外見!髪型で印象は変わる

就活シーンにおいて、見た目は第一印象に大きな影響を与えます。もちろんそれは顔やカタチではなく「清潔感があるか」「誠実そうに見えるか」が重要なのです。

就活期間中には多くの初対面の人と会う機会があり、外見や雰囲気であなたの内面を判断されることもあるでしょう。よく「第一印象はヘアスタイルで決まる」という言葉を聞きますが、ビジネスシーンにふさわしい髪型で面接に臨んだほうが、面接官に好印象を与えやすくなります。

就活時のヘアスタイルで大切なことは、清潔感やフレッシュ感、そして爽やかさがあることです。

面接に対する強い「やる気」があり、元気のあるイメージを感じる髪型が向いているでしょう。

おすすめの就活ヘアスタイル

特に就活でおすすめなのが、「黒髪×ノーパーマ」の髪型です。たとえば、ショートヘアやおでこを出したヘアスタイルなら、就活生らしい若々しさを出せるので好印象につながります。あえてトレンドを意識する必要はなく、ビジネスシーンに合う髪型にしましょう。

就活で好印象を与える!髪型のポイント

重みのある前髪は、すっきりと流すかセンター分けにするのがおすすめです。スタイリングしにくい場合はAXEのワックスやヘアスプレーなどを使って整えることも1つの方法です。また、もみあげや襟足は短めにするか、ボリュームを抑えたほうが良いでしょう。サイドの毛も抑え目にすることで、清潔感のある印象を面接官に与えやすくなります。

AXE BLACK「ファイナルタッチインビジブルスプレー」はスタイリングを長時間ロックしてくれるので、就活におすすめです。

完成したスタイリングのシルエットや質感を、そのままロックして一日中キープするフィニッシュスプレー。髪に均一になじむ細かな霧状スプレーが特徴で、軽くナチュラルな仕上がりに。

髪を明るい色にカラーリングしている人は、理容室や美容室などでなるべく地毛に近い髪色に戻した方が、周りの印象は良さそうです。地毛が茶色い方も中にはいるので、あえて真っ黒に髪を染める必要はありませんが、ナチュラルな髪色で就活に取り組む方が良いかもしれません。

そして、ロン毛やパーマ、ツーブロックの髪型は、面接官に奇抜すぎたりだらしない印象を与える可能性があります。就活シーンにおいては、極力清潔感がありシンプルな髪型に変えましょう。もし、自分に合う就活のヘアスタイルが分からない人は、美容師などプロに相談すると良いかもしれません。「就職活動に合う髪型にしてほしい」「清潔感のある明るい印象のヘアスタイルを希望」と事前に伝えれば、あなたに合った就活ヘアスタイルを紹介してくれるはずです。

忘れがちのパーツ!眉毛やヒゲも整えよう

ヘアスタイルと合わせて注意しておきたいのが、眉毛やヒゲなどの細かいパーツです。ワイルドなおしゃれヒゲはカジュアルスタイルに合いますが、就活のシーンではあまりおすすめできません。面接ではなによりも清潔感が大切なので、ヒゲはキチンとそり、眉毛も整えておくようにしましょう。ヒゲをそる際には、鏡であごの下や顔のサイドなどもチェックすることも忘れてはいけません。

また、もみあげが長い場合は、ひげの剃り残しのように見える可能性があるので気を付けましょう。眉毛を整えるときには形を変える必要はないので、無駄に生えている部分を抜くことがポイントです。市販品の「眉毛用ハサミ」や「電動トリマー」を使うと便利でしょう。少し眉毛の形を整えるだけで清潔感がアップできるのでチャレンジしてみてください。ただし、眉毛の手入れに慣れていないと、毛の長さが変に短くなる恐れもあります。顔全体の印象が不自然にならないように、普段から練習しておくと良いかもしれません。

好印象をゲット!清潔感のある髪型を意識しよう

面接の第一印象を爽やかで良いものにするために、髪型は手を抜けないポイントといえます。清潔感のある髪型にすることで、相手に好印象を与えやすくなるでしょう。シンプルな髪型はもちろんのこと、AXEの『デフィニティブホールドマッドワックス』などでスタイリングしてから面接に臨んでください。しっかりとスタイリングすることで、よりヘアスタイルが整ってすっきりと清潔感のある印象になります。

面接は自分らしさを相手に伝える機会です。見た目の印象であなたの良いところを伝える機会を失わないように、まずは身だしなみや髪型などのマナーを守って就活に臨みましょう。