自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

あなたの個性を引き立てる!就活に向いているスーツをご紹介

就活では第一印象が重要です。そして、第一印象の決め手となるのが服装や身だしなみです。今回は、就活でどういったスーツが相手へ良い印象を与えるのか、就活に適したスーツとそれを選択する際のポイントについて解説をしていきます。初対面で中身を知ってもらう前に、見た目でネガティブなイメージを与えないためにポイントをおさえましょう。

  • 更新日:

知っておきたい!リクルートスーツの定義

就活の際の服装はリクルートスーツが良いとされています。具体的にリクルートスーツとはどういったもので、ビジネススーツと何が違うのかが分からなければ、自分に合ったリクルートスーツを選びようがありませんよね。しかし、実をいうとリクルートスーツは各メーカーが就活にふさわしいスーツとして売り込んでいるだけで正式な定義はないのです。したがって、ビジネススーツとも明確な違いはないということになります。

一般的には…

ダーク系の色合いで無地のものがリクルートスーツだといわれています。それに対して、ビジネススーツは明るめの色やスプライト柄を使用しているなど、バリエーションに富んでいるのが特徴です。リクルートスーツと比べるとややカジュアルな印象があります。そのため、就活時は協調性をアピールでき、悪目立ちする可能性が低いリクルートスーツを選択するのが無難だといわれているようです。

また、実際にスーツを着用する際には「清潔感がある」「奇抜な印象を与えない」という2点にも注意することが大切です。リクリートスーツには明確な定義はありませんが、就活にふさわしく相手に清潔感のあるきちんとした印象を与えられるようなスーツの色合いやデザインを選ぶことが大切です。

就活に向いているスーツ!実は3色もある

リクルートスーツを選ぶ際に特に重要なポイントとなるのが色です。何色にするかによって相手が受けるイメージは大きく変わってきます。選択肢はいくつかありますが、その中でも最も一般的と言われているのが黒の無地です。凡庸性が高いのでさまざまなシーンで無難に着こなせます。

一方、黒が一般化する前まで主流となっていたのがシックな色合いのネイビーです。この色は周囲に落ち着いた印象を与え、清潔なイメージがアップするという利点があります。リクルートスーツの色を選択する際には現在でも有力な選択肢の一つとなります。

ただ、これらの色では地味すぎると感じる場合があるかもしれません。そういう時におすすめなのがダークグレーです。黒などよりは明るい雰囲気になりますし、日本人の肌にもよくマッチします。ただし、同じグレーでもライトグレーを選ぶと派手すぎるイメージになってしまうので注意が必要です。

以上のように、リクルートスーツの色は黒、ネイビー、ダークグレーの3色から選ぶのが無難です。

就活後も使用できるスーツを選んでおくと便利

リクルートスーツを購入しても着用するのは就活の間だけであり、就職が決まると処分してしまうという人もいます。しかし、それはもったいないです。たとえ、就活用のスーツでも選び方によっては就職後の使用が可能となります。

重要なポイントは派手すぎない柄、シングルジャケット、テカりにくい素材の3点です。

シングルジャケットとはボタンの並びが一列になっているスーツを指します。一方、ボタンが2列になっているスーツはダブルジャケットといい、雰囲気がカジュアル過ぎるのでビジネスシーンで着用するには不向きです。

また、スーツの素材にも色々ありますが、特にテカりにくい素材といえるのがウールでその逆がポリエステルです。ただ、いくらビジネス向きのスーツを購入しても就活の間に傷めてしまっては就職後に使いづらくなってしまいます。

リクリートスーツを長く着るポイント

そこで、スーツを3着ほど用意し、同じものは3日以上連続で着用しないことをおすすめします。間に1日休みを挟むことによって痛みの進行をかなりくいとめることができるはずです。一度に複数のスーツを揃えるのは大変かもしれませんので無理をする必要はないでしょう。あくまでも、出来る範囲でスーツを長持ちさせる工夫を行えばよいのです。

スーツだけじゃない!就活の時には身だしなみにこだわろう

確かに、就活においてスーツ選びは重要です。ただ、スーツだけ完璧でも身だしなみがきちんとできていなければ意味がありません。清潔感をアピールするためには少なくともボディソープやシャンプー、ヘアスタイリング剤といったものにはこだわりたいところです。特に、髪はスーツと並んで注目される部分だけに、ヘアスタイリング剤はしっかりとしたものを選ばなくてはなりません。

たとえば、おすすめの1つにAXEの商品があります。アイテムの種類が多く、それらを使い分けることによってさまざまなスタイルに仕上げられる点が魅力です。

就活を控えている人は一度試してみてはいかがでしょうか。