自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

メンズの就活生必見!好印象を与える前髪スタイリングを紹介

鞄を買ったりスーツを揃えたり、就活を始めるには必要なものがあります。また、身だしなみを整えるためにヘアスタイルを変える人も多いですよね。髪型や髪の色は面接官の第一印象を大きく左右するので、きちんと整えておくべきポイントです。印象アップを図るためには、一体どんな髪型がおすすめなのか、前髪のスタイリング方法をご紹介します。

  • 更新日:

前髪が就活生の印象を決める!長いのはNGなの?

一般的に、前髪は眉毛よりも短くしておくと好印象につながりやすいと言われています。眉毛より長いと表情が伝わりづらくなり、暗い印象を与えかねません。面接などでせっかく良いことを話しても、見た目のせいで評価が思ったように伸びない、ということはできるだけ避けたいですよね。せっかくの明るい表情を相手に見せるためにも、前髪は短くしておいた方が良さそうです。就活をスムーズに進めるためにも、眉毛にかからないくらいの長さにしてフレッシュさや爽やかさを演出しましょう。

もし、就活時でも前髪の長さを変えたくない場合には、「分ける」「流す」などセットを工夫することで明るい印象を与えることができます。オールバック風にしておでこを出してもいいでしょう。前髪を上げておでこを見せると、快活で積極的な印象が作りやすいといわれています。逆に、おでこを隠すと物腰柔らかな印象になります。「周りにどうやって見られたいか」「自分はどう見せたいのか」を考えれば、自分が選ぶべき就活の髪型が見つかりやすいのではないでしょうか。

就活ヘアのポイントを押さえよう

就活ヘアは、前髪だけでなく全体的に短くするのがよりおすすめです。もみあげやサイドの髪は長くし過ぎず、耳が見えるようにしましょう。また、襟足は襟にかからないくらいの長さにしておきます。必要に応じて刈上げを入れるなど、さっぱりとした髪型にすることが好印象のポイントです。

特に、襟足は襟にかかるとはねてしまったり、髪のクセが出てしまったりしやすい箇所です。短めにカットして整えておきましょう。また、髪の色については暗めの色にすると悪目立ちしにくい傾向があります。就活の面接では黒が無難ですが、もともと地毛が明るい色の場合は、それもあなたの大切な個性です。地毛のカラーを生かし、清潔感のあるスタイリングで臨むのも良いかもしれません。

就活において一般的には、なるべく地毛の色に近い落ち着いた色が無難とされていますので、受ける企業のカラーに合わせて髪色も考えましょう。就活は、社会に出るためのファーストステップです。学生とはいえ、働くためのマナーや社会人としての姿勢が求められます。髪型も大事なエチケットのひとつですので、清潔感のあるヘアスタイルを心がけましょう。

就活のスタイリング剤はマットタイプのものがおすすめ

髪を短くした場合、スタイリング剤でセットすることでより清潔感のある爽やかな印象にすることができます。せっかく短髪にしても、スタイリングせずにいるとボサボサにになったりベタつきが目立ったりしてしまうことがあります。だらしない、ぱっとしない、といったように相手の印象を下げないためにも、常に髪型に気を使うようにしましょう。

髪質によっておすすめのスタイリング剤は変わりますが、初心者には扱いやすいマットタイプ(クレイタイプ)のワックスがおすすめです。

マットタイプはホールド力が高く髪型を維持でき、マットな質感で自然な仕上がりが演出できます。AXE BLACK「マッドワックス」は、髪全体のシルエット作りをはじめ、束感、 立ち上げ、細部の作り込みも可能。AXE BLACKシリーズ中、最も強いホールド力のクレイワックスです。マットな仕上がりが、ナチュラルな印象に。

ツヤの出るタイプのワックスは、付けすぎるとベトベトな印象になってしまうことがあります。

髪の毛がギトギトしていては、清潔感を演出しづらいこともあるので、ツヤ感のあるワックスを使うときには程よい自然なツヤが出るタイプのワックスか、使用量を誤らないようにしましょう。

AXE GOLD「シルキーワックス」は、バランスにこだわった独自処方でワックスのアレンジ力と自然なツヤ感の両立が可能に。ウッドバニラの洗練された香りが清潔感を感じられます。

清潔感や爽やかさをキープするためにも、適量を守ることが重要です。

好印象を与える!就活ヘアスタイリングのポイントを知ろう

「人は見た目が9割」などと言われることがありますが、就活中は相手に何度も会えるわけではないため、特に身だしなみや印象に注意する必要があります。第一印象で自分の将来が決まることもあるので、面接官により良い印象を抱いてもらうためにも、就活を始める前に美容室に行くなどして髪型を整えておきましょう。

また、就活が始まったらエントリーシートを書いたり面接に行ったり何かと忙しくなります。髪が伸びてきても、なかなか美容室に行く時間が取れないこともあるでしょう。そうなったときでも自分で清潔感のある髪型にセットできるように、スタイリングのポイントを知っておくことも重要です。ワックスやジェルなどのスタイリング剤を使って、髪を分ける、上げる、など清潔にセットできるようにしておきましょう。