自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

メンズ必見!3つのヘアアレンジテクニック集!

髪型は印象を左右する重要なポイントであり、ヘアアレンジの方法には様々なものが存在します。その日のファッションや気分に合わせてヘアアレンジを取り入れると、ぐっとおしゃれな印象を格上げできるのです。ヘアアレンジテクニックを身に付けて、おしゃれ上級者を目指しましょう。ここでは、定番のヘアアレンジテクニックについて紹介します。

  • 更新日:

【テクニック1】前髪を上げる

メンズのショートヘアをおしゃれにセットする方法として挙げられるのが「前髪を上げる」というテクニックです。髪の毛をカットしたりカラーしたりしなくても、前髪にアレンジを加えると、手軽にイメージチェンジできます。

方法

やり方は、まず髪の毛をドライヤーで8割程度乾かします。髪が乾いたら前髪を上げる場所と向きを決めていきましょう。場所と向きが決まったら、前髪の根元からドライヤーで熱を当てていきます。
このとき、根元に熱を当てすぎないように注意するのが大切です。前髪の高さとトップの高さを合わせ、ひし形をイメージしてセットすると、美しい仕上がりに近づけます。

最後に、ワックスを付けて前髪のセットをキープします。ポイントは前髪をつかみ、握りながら髪の毛を立たせていくことです。全体のバランスを見ながら毛流れを整えたら完成です。なお、前髪にワックスを付けすぎると、べたついて見えたり不自然になったりする可能性があるため、注意しましょう。

前髪の立ち上げにはクレイタイプのAXE BLACK「マッドワックス」がおすすめ!

【テクニック2】毛束を作る

ショートヘアはアレンジを加えて「毛束を作る」と、ぐっと大人っぽくこなれた印象を与えられます。毛束を作るには、まず髪をぬらしてドライヤーを当て、水分を飛ばしていきます。このとき、ドライヤーの風が1カ所に集中して当たらないように気を付けるのが肝心です。ドライヤーの先を軽く左右に振って動かしながら乾かすと、風を分散させることができます。髪の毛が8割程度乾いたら、流したい方向を決めて整えていきましょう。

方法

トップのようにボリュームを出したい部分には、根元から熱を当てるのがポイントです。熱を加えると根元が立ち上がり、ふんわりとしたシルエットに仕上がります。次に、ワックスを適量取り、手のひら全体によく伸ばします。ワックスの使用量は大体10円玉程度を目安にすると良いでしょう。

ワックスは頭のバック(後頭部)からサイド、トップの順でつけていきましょう。このときに手を左右に揺らしながらワックスを付けると自然な毛束を作れます。最後に、ひし形のシルエットを意識しつつ全体のバランスをみながら毛束をつかんで整えれば完成です。

自然な毛束感を作るにはファイバータイプのAXE BLACK「パティワックス」がおすすめ!

ワックスのもつホールド力はそのままに、固め過ぎずに流れや動きのあるスタイルを可能にするファイバースタイリング成分配合ワックス。伸びとなじみが良く、つけた後の手直しも可能なため、一日中自然な流れ感を楽しめます。

【テクニック3】ヘアアイロンを使う

髪の毛のクセを伸ばしたりパーマ風にしたりするテクニックとして、ヘアアイロンを使うヘアアレンジ方法があります。クセを伸ばす方法は、ストレートアイロンを頭の丸みに沿わせながら、毛先まで均一に通していくのがポイントです。
このときに、アイロンに挟む毛束は多く取りすぎないようにしましょう。毛束を多く取りすぎてしまうと、アイロンの熱が伝わりにくくなる原因につながります。少量ずつ毛束を取ってセットすると、熱が通りやすくなり、美しい仕上がりになるのです。

パーマ風にする方法は、毛束の中間から毛先にかけてストレートアイロンを通し、内巻きにしていきます。毛束の量は一定にするのが重要です。手首のひねり具合でカールに強弱を付けていくと立体感が生まれます。また、外ハネをところどころに作ると、メリハリのあるスタイルが完成します。

思い通りのメンズヘアアレンジをしよう!

ご紹介させていただいたテクニックを駆使すると、いつもとはひと味違うヘアスタイルを楽しめます。ドライヤーやワックス、ストレートアイロンなどのアイテムを活用すると髪型にバリエーションが増え、いつもと雰囲気が異なります。ヘアアレンジをすることでおしゃれの幅を広げることができるのです。思い通りの髪型になるようにヘアアレンジを取り入れて、おしゃれな印象を目指してみてはいかがでしょうか。