自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

就活やビジネスに!スーツ姿がキマるメンズヘアスタイリングのコツ

カジュアルなヘアスタイリングには慣れていても、ビジネス向けとなると自信が持てないという人は多いかもしれません。自分に似合うヘアスタイリングが分かれば、就活やビジネスシーンでも心強いことでしょう。そこで今回は、就活やビジネスの際、スーツに合うヘアスタイリングのコツについてご紹介します。

  • 更新日:

爽やかな印象を与えるベリーショートのスタイリング

ベリーショートのスタイリングでは、最初に髪全体を水で軽く濡らします。余分な水分をタオルで押さえたら、ドライヤーを全体にあてていきましょう。髪の毛が乾いたところでワックスを使います。しっかりした立ち上がりを作るには、ホールド力の強いAXEの「デフィニティブホールドマッドワックス」がおすすめです。

ワックスを手に馴染ませてからトップの部分に指を入れ、髪の毛を立ち上げるようにしてスタイルをつくります。立ち上がりすぎた毛先は軽く抑え、毛先は指で握るように整えていくとスタイリングしやすく、ナチュラルな印象に仕上がります。キープ力を維持したいときには、AXEの「ファイナルタッチインビジブルスプレー」で仕上げます。このスプレーは、ピンポイントでかけやすく、細かい霧状のスプレーが髪に均一になじむため、思い通りのヘアデザインが叶います。

刈り上げのショートスタイルをセットするには?

刈り上げのショートではサイドの髪の毛がはねやすいので、スタイリングの前に髪全体をしっかり濡らすことがポイントです。余分な水分はタオルでふき取ってから全体にドライヤーをあてていきます。サイドの毛先がはねないように、押さえながら乾かしていくとよいでしょう。ヘアアイロンがあれば前髪を適量ずつ挟み、毛の流れに沿って曲げるときれいな立ち上がりが作れます。ショートスタイルでヘアアイロンをこれから購入する場合は、細めのタイプが短い毛にも使いやすくておすすめです。

次に、AXEの「デフィニティブホールドマッドワックス」を手に取り、髪を立たせるように馴染ませていきます。さらに、毛先をつまんだり、ねじったりしながらシルエットを調整します。スタイルが整ったら、「ファイナルタッチインビジブルスプレー」で仕上げましょう。

ビジネスマン向きの七三ヘアのスタイリング

七三ヘアのスタイリングでは、最初に髪の毛全体を濡らし、余分な水分をタオルで押さえておきます。次に、アップバングしたい部分を指でつまみ、根元から立ち上げるようにしてドライヤーで乾かします。分け目の部分も根元から風を入れるようにしてクセをつけておきましょう。髪の毛が7~8割程度乾いたところでドライヤーを止め、AXEの「カジュアルコントロール パティワックス」を手に取ります。手に取ったジェルは空気を含ませるような感覚で、髪に手早く馴染ませていきます。束感を出したいときには、指で毛先をつまみながら、毛先を後ろに向けて整えましょう。

トップ部分にAXEの「トリートメント クリームワックス」を使うと、毛先をケアしながらきれいなまとまりを作りやすくなります。全体のスタイルが整ったら、自然に乾燥させます。

直毛のナチュラルスタイルに合うセット方法

直毛のナチュラルスタイルを仕上げるには、あらかじめドライヤーで髪を乾かしておきます。髪の毛が乾いたら、AXEの「カジュアルコントロール パティワックス」を指でとり、手のひら全体に広げます。髪をふんわり持ち上げながら、手のひらのワックスを髪の毛に軽く馴染ませるような感覚で、バックからサイドの順につけていきます。このとき、ワックスは根元にはつけず、毛先部分に多めにつけるのがポイントです。

最後に、トップと前髪を指で軽くつまんで、残ったワックスを馴染ませていきましょう。毛の流れに沿ってひねりながら形を整えていくと、ナチュラルな動きが生まれます。全体のバランスが整ったところで完成です。

爽やかさと清潔さを考えたビジネス向けヘアスタイルを

ビジネス向けのヘアスタイルでは、爽やかさと清潔感を兼ね備えていることがポイントになります。ヘアスタイルで共通して注意したいのは、寝グセがついているとだらしない印象になり、評価を下げてしまうことです。見た目で評価を下げてしまうのはもったいないので、少々手間はかかっても髪の手入れは入念に行いましょう。

具体的なコツとして、スタイリングの前に髪の毛全体を軽く濡らすことがあげられます。髪のクセをリセットして、上手にスタイリングできるようにしておけば、就活やビジネスシーンでもプラスの印象を与えられます。