自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

髪型で内定を勝ち取れ!好印象を与える男の就活ヘアスタイル

就活の面接を成功させるためには、身だしなみもとても重要になります。人の外見は第一印象を大きく左右するものだからです。髪型もその1つ。髪型次第でその人の与える印象はかなり変わります。そこで今回は就活を控えたメンズ必見、好感度の高い就活ヘアスタイルをご紹介します。

  • 更新日:

就活時の髪型…キーワードは清潔感と真面目さ

就職活動時の髪型には譲れない絶対条件があります。それが「清潔感がある」ということです。髪がボサボサしていたり、前髪が長すぎたりするとだらしのない印象になってしまいます。就活生はビジネスマンの卵です。爽やかさのある髪型でできる男を演出しましょう。

また、企業としては「真面目に働いて企業に貢献してくれる人材」を求めています。したがって一部の例外的な業界をのぞき、真面目さを感じられる髪型であることも就活向けのヘアスタイルの大切な条件といえるでしょう。清潔感と真面目さを今すぐに表現したいなら、短めに髪をカットしたショートカットがおすすめです。

前髪は眉よりも上にカットし、もみあげは耳の上まで、襟足は襟にかからないことを意識します。髪の色については金髪や茶髪などの明るい髪色ではなく、地毛の色が基本です。また、極端なパーマ、モヒカンなどの派手な髪型は避けましょう。

就活のヘアスタイルの基本

・前髪は眉よりも上にカット
・もみあげは耳の上
・襟足は襟にかからないように

・髪色は明るい髪色ではなく、地毛の色が基本
・極端なパーマ、モヒカンなどの派手な髪型はは避ける

鉄板のベリーショートで爽やかさをアピール

就活の王道ヘアスタイルと言えば、ベリーショート系の髪型ではないでしょうか。髪を全体的に短くカットするので、爽やかで清潔感のある印象になります。元気のよい印象も与えられるので、フレッシュさをアピールしたい就活生向きのヘアスタイルといえるでしょう。

また、ベリーショート系の髪型は天然パーマの人にもおすすめのヘアスタイルです。天然パーマの人は髪を少しでも伸ばすとクルクルと丸まってしまう傾向がありますが、髪の毛が短いベリーショート系ならすっきりとまとまります。天然パーマでくせ毛に困っている人は、ベリーショート系の髪型を試してみましょう。

もちろんベーシックな就活スタイルなので、天然パーマ以外の人にもおすすめです。スーツにもよく合い、業界問わず使えます。おでこ出しに抵抗のない人はアップバングと組み合わせ、髪を上げておでこを見せるのもよいでしょう。

オシャレさを残したい人におすすめ!ツーブロック

業界にもよりますが、ツーブロックもおすすめの髪型です。ツーブロックは頭頂部から耳の上付近までの髪を残し、そこから下は刈り上げにするという髪型です。爽やかでいてオシャレな印象になります。

ただし、どちらかというとカジュアルな髪型ですので、やりすぎると軽そうな印象を与えてしまうリスクもあります。もしツーブロックにするなら、トップとサイドの差が目立ちすぎないように調整しましょう。また、人によって好き嫌いが分かれる髪型なので、会社の社風や業界によっては避けたほうがよいこともあります。

金融や商社など堅い業界ではもう少し落ち着いた髪型の方がおすすめです。職場の年齢層や雰囲気などを判断してどうするか決めるとよいでしょう。

好感度アップ間違いなし!万能のアップバングスタイル

アップバングは前髪をワックスなどでセットし、上にアップさせた髪型です。おでこを出せるので顔が明るい印象になります。また、耳周りや襟足も短めにカットされているので顔周りがすっきりとした印象になり、清潔感と爽やかさも同時に手に入ります。ビジネスシーンでは基本ともいえるヘアスタイルで、もちろん就活中のメンズにもおすすめです。

業界を選ばない髪型なので、金融や商社など保守的な雰囲気の業界を受ける人でも安心です。おでこを出すスタイルに迷ったら、とりあえずアップバングにするのもよいでしょう。全体的に短く髪をカットすればできるビジネスマン風の髪型になります。ベリーショートなど他の髪型と組み合わせたり、サイドをツーブロックにしたりするのもよいでしょう。

なりたい自分に合わせて髪型を決めよう!

髪型によって人に与える印象は、大きく変わってきます。たとえばベリーショート系の髪型は快活で爽やかな印象になりますし、アップバングはオシャレではありつつもビジネスマンらしさが出ます。清潔さ、真面目さという基本のポイントを押さえながら、自分のなりたいイメージに合った髪型を選んでみましょう。

持って生まれた顔立ちや雰囲気によく合う髪型が見つかれば、内定というゴールにより近づけるはずです。理容室や美容院でスタイリストさんと相談しながら、自分に合った就活ヘアスタイルを探してみてください。

※髭は就活ではNGですので、身だしなみを整えて臨みましょう。