自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

初心者でもキマる!メンズワックスの付け方のポイント

ワックスは使い慣れないと上手に使えない人も多く、、使いこなすには少しコツがいります。ここでは、ヘアスタイリングに慣れていない人や初心者でもうまくワックスを使いこなせるように、基本的な使い方や付け方のコツについて解説します。

  • 更新日:

ワックスのコツ

①髪全体になじませる

ワックスを付ける際はいきなり細部を作り込むのではなく、まず「髪全体にワックスをなじませる」ことが基本です。ワックスを手のひらに取ってから色が薄くなるまでよく伸ばした後に、髪の毛全体にムラなく付けていきましょう。その際、ワックスのかたまりがなくなるまで伸ばすことを目安にすると良いでしょう。

また、手のひらだけではなく、指の間にもしっかりとなじませておくとヘアセットを行いやすくなります。

ワックスを髪に付ける手順は、髪のボリュームの多いバック、続いてサイド、その後にトップという流れです。

髪全体にワックスをなじませると一見ボサボサの状態に見えますが、この後に慎重に毛流れを整えていくことで、バランスの良いメンズヘアスタイルが完成します。

ホールドスタイリング成分配合でベタつきにくく、思い通りのスタイルが簡単につくれる。AXE GOLD「シルキーワックス」なら、洗練ツヤスタイルが簡単にできます。
⬇︎⬇︎

②余計な髪のボリュームを抑える

髪全体にしっかりとワックスをなじませたら、次にバランスの良いひし形シルエットになるように、細部を作り込んでいきます。スタイルを作り込む際は、手ぐしやくしの持ち手などを使って、髪のボリュームを抑えるように行うことがポイントです。

トップとサイドの間、いわゆるハチ周りは髪の表面を押さえるようにしてセットし、ボリュームダウンさせます。トップ部分は髪の中ごろから毛先を握るようにして、適度なボリューム感を出すことがおすすめです。ボリュームを抑える部分と強調する部分をそれぞれ作ることで、美しいひし形シルエットを目指しやすくなります。

③毛流れを意識したスタイリングを

髪のボリュームをコントロールしたら、続いて毛流れを意識しながらスタイリングを行います。スタイリングをするときは、つむじから放射線状に髪の毛を流すようにし、自然な形にしていくことを意識してみましょう。毛
流れをうまく作れたら、次に鏡を見ながら好みの場所に毛束感を作り込んでいきます。毛束は親指・人差し指・中指の3本を使って、毛先をつまむようにしてシルエットを整えればOKです。

④手に残ったワックスで最後の調整を

毛流れを整えたら、手に残ったワックスで最後の調整を行います。特に前髪やもみあげ部分は細かいけれど人目に付きやすい部分なので、鏡でよく確認をしながらしっかりと作り込んでいきましょう。全体的にシルエットを微調整して気になる部分がなくなったらフィニッシュです。なお、ワックスを使用する際は付けすぎに注意することが肝心です。

必要量以上のワックスを付けてしまうと、髪がベタついて見えたり、重たい印象になったりする原因につながります。特にメンズの場合は髪が短い人が多く、髪の量に対してワックスを多く付けすぎてしまうケースは少なくありません。ワックスは、まずやや少ないくらいの量を手に取り、足りなくなったら少しずつ追加していくようにすると失敗が少ないでしょう。

ワックスの使い方の基本をマスターしてスタイリングを楽しもう

ワックスは、髪をカットしたり染めたりしなくても手軽にイメージチェンジが楽しめる、メンズのおしゃれに欠かせないアイテムといえます。一見ハードルが高く見えがちなワックスも、基本的な付け方のポイントを理解してスタイリングをすることで、失敗することなく納得のいくヘアスタイルを完成させやすくなります。

季節や服装に合わせてワックスでヘアスタイルを変えることで、ワンランク上のおしゃれな印象を与えられるでしょう。なかなかスタイリングがうまくいかないという人はもちろん、ワックスの付け方がわからずに今まで試したことがないという人も、ワックスの付け方をマスターして、よりおしゃれに磨きをかけてみてはいかがでしょうか。