自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

ヘアワックスで上手にスタイリング!基本とポイントを教えて!

メンズのスタイリング剤といえば、一般的に「ヘアワックス」を真っ先に思い浮かべるのではないでしょうか。しかし、同じヘアワックスを使っていても、使いかた次第で仕上がりには大きな差が生じてしまうものです。ここでは、ヘアワックスの基本的な付けかたや押さえておきたいポイント、さらにはNGな付けかたについても紹介していきます。

  • 更新日:

ヘアワックスの基本的なスタイリング

ヘアワックスには、「ファイバー系」や「マッド系」、さらには「クリームタイプ」などさまざまなものがあります。基本的な付け方はどれも同じです。

まずはワックスを適量手に取り、手のひらの熱を利用してよく伸ばします。ここでの伸ばしが甘いと髪の毛に均一になじませるのが難しくなるため、しっかりと伸ばしておきましょう。
伸ばした後は、地肌に付かないように毛量が多いバック(後頭部)、サイド、トップ、前髪の順にワックスをなじませていきます。このとき、なるべく根元に近い場所から持ち上げるように手ぐしを通してベースを作っておくのが重要です。そうすることでボリュームも出しやすく、最終的なスタイリングも決まりやすくなります。

全体にワックスをなじませたら、最後に細部を整えていきましょう。整える際は立ち上げた髪を潰してしまわないようにするのがコツです。毛束感を出したければつまんだりねじったり、無造作感を出したければ猫の手を作って空気を入れるように手ぐしを通していくと良いでしょう。

ワックスでスタイリングするときのポイント

ワックスでスタイリングをする際に、髪の毛が濡れている状態でワックスを付ける人と、しっかりと乾かした後にワックスを付ける人がいます。スタイリストもどちらの付け方も行っているため、「どっちが正解?」と疑問に思っている人も少なくないでしょう。

その答えは、「目指す仕上がりによって変わる」です。ボリュームを出さないようなウェット感のあるヘアスタイルにしたければ濡れた状態から、逆に無造作な質感を出したいときにはしっかりと乾かしてからワックスを付けましょう。そうすることで、よりイメージに近いヘアスタイルを実現することが可能になります。

ウェット感のあるスタイリングにはジェルがおすすめ!

AXE GOLD「クラシックジェリー」では、上品な洗練ツヤスタイルが簡単に作ることができます。絶妙なツヤにこだわった独自処方で固めながら、ガチガチやギラギラにならず自然なツヤ感が出せるので、上品な雰囲気のヘアスタイリングにおすすめです。

AXE BLACK「アクアジェリー」は、強力ホールドと超自然な仕上がりを両立するジェルです。ノンオイルアクアベースで、べたつかず粉ふきしにくいアックス独自処方で、自然な仕上がりのヘアスタイルがキマリます。

ヘアワックスのスタイリングのコツ

ワックスは適量を都度付け足すという方法を心がけましょう。ここを失敗してしまうと理想の仕上がりに近づけるのが難しくなります。

1回のスタイリングにおけるワックスの使用量は10円玉の分量が目安です。ワックスでのスタイリングに不慣れな人は10円玉より少なめの大豆1個分程度を目安に手に取るようにしましょう。また、スタイリングを行う際は、毛量の多いバックからワックスをなじませていき、最後に手のひらに余った分で前髪を整えるようにしましょう。

前髪からセットしてしまう方も多いですが、前髪にワックスを付けすぎてしまうことで全体の仕上がりが重たく見えてしまうこともあります。前髪は見た人の印象を大きく左右する重要なポイントなので、普段から意識しましょう。

手順を意識してセットしてみよう

ヘアワックスは比較的手に取りやすい価格帯のものが多く、非常に使い勝手も良いスタイリング剤です。しかし、ワックスで理想のヘアスタイルを実現するには、基本的な手順をマスターした上で、「付けすぎない」、「前髪は最後に」というポイントをしっかりと理解しておかなければなりません。

初心者のうちは何かと難しい部分はあるものの、慣れてくれば忙しい朝でも素早く思い通りのスタイリングを作れるようになるはずです。まずは基本的な付けかたを意識してスタイリングを行うことからはじましょう。