自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

ワックス初心者向け!スタイリングの基本情報まとめ

ワックスでオシャレをしたくても、付け方がいまいちわからないという悩みを抱いている人は意外と多いのではないでしょうか。そこで、ワックスの選び方や付け方だけでなく、初心者が失敗しがちなポイントについても幅広く紹介します。

  • 更新日:

スタイリング初心者が選ぶべきワックスは?

初めてスタイリングをする場合やスタイリングに苦手意識がある人には、ハードワックスがおすすめです。ハードワックスは髪を強力にセットすることができるため、初心者でも扱いやすい特徴があります。長時間キープできるので一度セットすれば崩れにくいのもメリットです。

髪のベタつきが嫌で整髪料を付けない人もたまにいますが、オシャレに気を使うのであればできるだけワックスは付けた方が良いでしょう。何もスタイリング剤を付けない場合、髪型によっては頭頂部がぺったり潰れて幼く見えたり、ボサボサでまとまりがなく身だしなみに気をつかっていない印象になることもあります。身だしなみに気をつかうなら、ワックスを使って日々髪の毛をセットするようにしましょう。

ワックスは髪に自然なツヤを与え、動きを出すことが簡単にできます。ハードワックスは使い勝手が良いので、いろいろなヘアスタイルに対応できるのがうれしいポイントです。

AXEオススメのワックスはホールド力が強く思い通りのシルエットに!

AXE BLACK デフィニティブホールド マッドワックス

髪全体のシルエット作りをはじめ、束感、 立ち上げ、細部の作り込みも可能。AXE BLACKシリーズ中、最も強いホールド力のクレイワックス。マットな仕上がりが、ナチュラルな印象に。

初心者が押さえるべきワックスのつけ方の基本

初心者がワックスをつける際には少なめを心がけ、付け過ぎを防ぐようにしましょう。手のひらに10円玉より少し大きいぐらいの量をのせ、ワックスを手のひら全体に伸ばすようにします。ワックスの白色が透明になるまで手のひら、指と指の間にしっかりと広げてください。そして、まずはバックからもみこむようにセットしていきましょう。髪を握りながらもみ込み、髪の内側にもしっかりとワックスを付けます。

バックが終わればサイド、最後にトップの順に付けていきましょう。頭に手のひらを乗せ、左右に振ることで自然な毛束を作ることができます。次に、サイドのやや上側に指を入れ、手ぐしで根元を持ちあげてボリュームをアップさせます。

これらの手順を踏んだ後、前髪をセットしていきましょう。手のひらについたワックスの量が少なくなってきているはずですので、前髪をナチュラルに仕上げることができます。前髪をいじり過ぎるとやりすぎな感じになってしまうため、毛先を軽くつまんだり、軽く手ぐしを通す程度にしておきましょう。仕上げにランダムに毛束をつまみ全体を整えれば、ヘアセットは完了です。

スタイリングするときの注意点

初心者は髪の毛をセットするのに手間取り、何度もやり直してしまうことがよくあります。セットに時間がかかり過ぎるとワックスが固まり始めてしまうので、セットが難しくなる傾向があります。髪の毛もベタついてしまいますし、なるべく早く整えることを目指してください。

初心者はあまり凝った髪型や毛先の動きにこだわり過ぎない方が良いでしょう。最初はワックスに慣れることが大切ですので、手ぐしでシンプルに整えるだけでも十分です。ワックスを付ける前にどのようなヘアスタイルにするかイメージができていると成功しやすくなります。
また、何度やってもうまくいかない場合は、髪が長くなり過ぎてまとまりが悪くなっている可能性があります。髪が長くなるほどワックスでのセットは難しくなるので、美容師さんなどに相談してみるとよいでしょう。

日々のスタイリングで上達するもの

ワックスのテクニックは毎日付けることで上達していきます。基本的な手順さえ押さえておけば、後は回数をこなすだけです。慣れてきたらさまざまな髪型に挑戦するのも面白いでしょう。初心者はワックスをたくさん付けるほどがっちりセットできると考えがちですが、実際そうではありません。

ワックスを付け過ぎると髪の毛がワックスの重みで潰れやすくなりますし、べたつきも強くなります。正しい方法で日々の努力を継続することが格好いいヘアスタイルへの一番の近道であると心得ましょう。