自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

メンズ向け!髪型を上手にセットするための基本ポイントまとめ

髪型をしっかりとセットしても、数時間後には崩れている、という経験を持つ男性は多いでしょう。もしかすると、それはセットの基本ができていないからかもしれません。この記事では、カッコいい髪型を作るための基礎知識を紹介します。

  • 更新日:

メンズはまず髪型や眉毛を整えて清潔感を

セットのしやすさは、ワックスも大切な要素ですが、実はベースとなる髪型が非常に重要です。髪をどのようにカットしているかによって、最終的なセットの仕上がりが大きく左右されます。そのため、まずは美容室などでしっかりと髪型を作ってもらうことが欠かせません。
単に髪を切ってもらうだけではなく、どのような髪型にしたいのかを伝えた上で、理想に適した切り方を施してもらうことが大切です。言葉でうまく説明できない場合は、美容師に画像を見せると伝わりやすいです。

ヘアスタイルが決まったらスタリング剤でさらにかっこよくキメましょう。AXEにはヘアワックス、ジェル、スプレーなど様々なスタリング材があるのでチェック!!

髪をセットしやすくなるブロー方法

メンズの髪型の大部分はブローで決まります。そのため、正しいブロー方法を必ずマスターしましょう。髪を根本まで濡らしたら、最初にタオルドライでしっかりと乾かします。このとき、タオルドライで8割程度乾かしてしまうのがコツです。

タオルドライが終わったら、次にドライヤーを使っていきます。バック、トップ、サイドの順番に髪を乾かしていきましょう。下からドライヤーの風を当て、毛を持ち上げるような感覚で乾かします。こうすることで、自然な空気感、毛束感を出すことが可能です。

サイドが終わったら、次にもみあげ、前髪の順番にドライヤーを当てます。もみあげと前髪に関しては、毛を立たせると不自然に見えるため、上から下へ押さえつけるようにドライヤーを使うことが大切です。
髪全体が乾いたら、最後に冷風で髪を落ち着かせます。冷風を当てると髪がシャキッと固まり、髪型が安定しやすくなります。熱を持った状態だと髪が動きやすいため、必ず冷風で仕上げるようにしましょう。

ワックスを使った基本的なセット方法

まず、ワックスを少量手に取ってよく伸ばします。ワックスの量は種類や髪の毛の長さなどによっても異なりますが、大体10円玉ぐらいの量のワックスをのせるのが目安です。感覚が分からない場合は、最初は少なめにワックスを取り、足りないと感じた際に付け足すようにしましょう。
伸ばしたワックスを髪になじませます。バック、トップ、サイドの順番に、髪の根本からワックスをつけていきます。地肌にワックスがつかないように気を付けましょう。

次に、髪の中間から毛先にかけてワックスをつけます。あまり神経質にならず、大雑把に手を動かすのがコツです。ブローが上手くできていれば、この段階である程度の毛束感や空気感が出てきます。
ワックスが髪に馴染んだら、襟足と前髪をセットします。襟足と前髪に関しては、あまりワックスをつけすぎるとベタベタした感じがするため、軽く整える程度に触りましょう。

そして、髪全体を立ち上げ、全体のバランスを整えます。ワックスをなじませる際にできた毛束を強調したり、指で軽く流したりすることで、より立体感を出すことが可能です。最後に、合わせ鏡で全体を確認し、問題がなければスプレーをかけて髪型を固めます。

髪型にこだわりたいなら基本も押さえよう

比較的短いメンズの髪型であれば、ワックスだけでもセットできないことはありません。しかし、ワックスだけではセットを長時間維持することが難しく、十分に動きを出せないことも多いです。
ヘアスタイルを長時間キープしたい時には、ワックスに加えてヘアスプレーなどを使いましょう。スタイルが崩れやすい人は特に、スプレーを使うことでセットが楽になります。

AXEの「ゴールドスーパーハードスプレー」なら、マイクロ粒子のスプレーテクノロジーで、自然なツヤ感を与えてスタイルをキープしてくれます。清潔感のある、洗練されたキレイめツヤ感スタイルを長時間キープできるので、スプレーとワックスをあわせて使うと効果的です。