自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

シャンプーの正しい方法をマスター!洗い方のポイント特集

シャンプーを使っての洗髪は一般的ですが、シャンプーを本当に正しく使えているでしょうか。正しく洗髪することで、頭皮、髪の毛ともに良い状態を保つことができます。ここでは、シャンプーを使った正しい洗髪方法を解説していきます。

  • 更新日:

正しいシャンプーの洗い方の手順って何?

シャンプーで髪を正しく洗う場合、洗う順番はとても重要です。まずはシャンプー前にブラッシングを行い、汚れを浮かせたりゴミを落としたり、また絡んだ毛をほぐしたりします。ブラッシングには目の細かいブラシやくしではなく、目の粗いものを使うと良いでしょう。また、前髪から後ろ側、あるいはうなじから頭頂部へかきあげるようにブラッシングするのがおすすめです。

続いて、お湯で髪をすすぐ予洗いを行います。ここでブラッシングで浮いた汚れなどをしっかりと洗い落とすと、のちに泡立ちが良くなりやすいので予洗いは丁寧にしてください。
次に、シャンプー剤を手にとりますが、そのまま髪になで付けるのではなく、はじめに手で泡立てましょう。泡立ったら指の腹を使い髪全体に泡を乗せていきます。空気を髪の中に含ませるようにするとさらに泡立ちが良くなります。

頭皮を洗う際には指の腹でジグザグに動かしながら揉むようにして洗いましょう。生え際から頭頂部に向かって指を動かしていくのがベストで、特に頭頂部は皮脂で詰まりやすいため時間をかけて洗ってください。最後は、熱すぎない程度のお湯で汚れと泡をしっかり洗い流します。どんなにシャンプーできれいに汚れや皮脂を落としても、すすぎがうまくいかないと汚れが頭部に残ってしまいます。すすぎは洗う以上に丁寧に行うよう心がけましょう。

シャンプーで髪を洗うときのポイント

シャンプーをするとき、特に気をつけておきたいポイントが3つあります。まず、指の腹で洗うことは頭皮を傷つけないために重要です。爪を立ててしまうと頭皮が傷ついて、そこから肌トラブルが起こる恐れがあります。どんなにかゆくても指の腹で洗うようにしてください。

そして、シャンプーは基本的に1日1回、多くても1日2回を限度にし、必ず夜にはシャンプーをするようにしましょう。夜に洗髪をしておかないと、1日の汚れが毛穴に詰まってしまう恐れがあります。朝と夜の2回洗髪をする人もいるかもしれませんが、洗いすぎは皮脂を必要以上に洗い流してしまうので、必要がなければ1日1回におさめるのが良いでしょう。

また、髪の毛の正しい洗い方として上向きで洗うことも挙げられます。下向きで洗っていると逆毛の状態で洗髪を行うことになります。髪のキューティクルは流れに沿って洗うことで良好に保たれるため、下向きで流れに逆らった状態で洗ってしまいキューティクルを傷つけないようにしましょう。

AXE オススメのシャンプーはこれ!

AXE GOLD「アンチグリースシャンプー」は、洗浄補助成分*配合のベタつかないアンチグリーステクノロジー。皮脂や汚れなどを取り除いて、ヘアスタイルのへたりを防ぐ。また、プレスタイル成分**配合処方。よりスタイリングしやすい髪になります。ウッドバニラの洗練された香りなので、上品な香りがさりげなく続きます。

*カオリン **アクリレーツコポリマー:なめらか成分

多くの人がやりがちな間違ったシャンプー方法は?

よくある間違った洗い方に、ゴシゴシと強く洗うことがあります。これは、髪と頭皮を必要以上にこすってしまうため、両方ともダメージを負う可能性があるNGな洗い方です。シャンプーは頭をマッサージするような感覚で洗うことがベストです。

また、髪の毛だけに気を取られて頭皮をきちんと洗わない、ということも挙げられます。特に、髪が長い人がやりがちなので注意しましょう。頭皮には髪の毛以上に皮脂や角質などの汚れが付いています。頭皮をきちんと洗わないと皮脂が毛穴につまり、様々なトラブルの原因になりかねないため、頭皮の皮脂をきちんと落とし清潔に保つことが重要です。

さらに、洗うときの順番を意識せずに、がむしゃらに洗うのも洗い方としては正しくありません。まずは額から頭頂部、次いで耳の上から頭頂部、最後に後頭部から頭頂部にかけて洗っていきましょう。順番を意識せずに洗うと洗い残しが出てしまうこともあるので注意してください。

正しい洗い方で頭皮や髪へのダメージを防ごう

髪の毛は若さの象徴でもあり、おしゃれをするのにも欠かせない部分です。シャンプーをする際に正しい洗い方を意識しておけば、頭皮や髪に必要以上のダメージを与えずに済みます。いつも清潔な頭皮環境を保つ為にも、正しい洗い方を身につけていきましょう。