自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

就活面接対策に!髪型のマナーとおすすめヘアスタイル

就活の面接対策をするなら、髪型についても考えることが大切です。就活の面接ではいつも以上に身だしなみに気をつけて好印象をもたらす髪型を知り、内定獲得に一歩近づきましょう。この記事では、面接官に好印象を与えるおすすめの髪型などについて解説します。

  • 更新日:

面接官に好印象を与えられる髪型って?

就活では、面接官に好印象を与える髪型には決まった傾向があります。まず、髪は黒髪を意識することがおすすめです。普段茶色などの明るいカラーにしている人は、就活を始める前に暗めにした方が良さそうです。次に、前髪は短くしておでこが出るような髪形にすると、清潔感のある髪型として好印象につながります。前髪が長いと表情が見えにくく暗い印象を持たれることもあるかもしれません。自分の表情を相手にしっかり伝えるためにも、面接の前には前髪を短くカットしておくことがおすすめです。

また、サイドを短くカットして耳を出すようにすると、さらに爽やかな印象をもたらします。この時、襟足を短く整えておくこともポイントです。就活の面接の前には襟足は短く整えておき、フレッシュな印象を演出すると相手に好感を持たれやすいでしょう。

就活で不利になる可能性が高い髪型は?

髪型は、その人を印象付ける重要な要素のひとつです。そのため、就活の面接では不利になる可能性が高い髪型についても心得ておく必要があるでしょう。まず、長髪は控えた方が無難です。男性が長髪にする理由としては、「おしゃれのため」「美容院に行く時間がなかった」などがありますが、就活の面接の時はなるべく長髪ではなく清潔感のある髪型にしましょう。男性の長髪は面接官によっては「だらしがない」「清潔感がない」という印象を持たれることもあります。

次に、茶髪やそれ以上に派手な髪色よりは、ナチュラルな髪色で面接に臨んだ方が好印象になりやすいです。面接でたくさんの企業を受ける場合、面接官もいろいろなタイプがいます。茶髪OKという企業もありますが、どのような企業や業種でも自然な髪色であればマイナスな印象は抱かれにくい傾向があります。また、前髪や襟足、サイドが長い髪型も、面接官からは不評になってしまう可能性もあります。

続いて、整髪料のつけ過ぎにも注意しましょう。面接当日は髪を丁寧に整えようと、いつもより気合が入ってしまうかもしれませんが、つけすぎに気をつけて適量のスタイリング剤でヘアセットをしましょう。整髪料のつけ過ぎは、髪がベタついたり香りが目立ちすぎてしまうこともあります。

ワックスやヘアジェルの付けすぎは良くありませんが、寝ぐせがついたままの髪ではあまり印象は良くありません。出かける前には、清潔感がある髪型になっているか、寝ぐせは直してあるかをしっかりとチェックして、スタイリング剤は適量を使うようにしましょう。面接に向けて外見も内面も準備をすることで、自信を持って自分らしさを発揮できることにつながります。面接の前には身だしなみを再度整え、自分らしいスタイルで自信を持って面接に臨みましょう。

就活向きのおすすめの髪型

就活に適したおすすめの髪型としては、ビジネスショートとツーブロックが挙げられます。まず、ビジネスショートは前髪をすっきりとカットしていて、サイドも襟足も短く整えられていることがポイントです。何といっても「清潔感がある」という点が、就活でビジネスショートにするメリットといえるでしょう。男性の場合、髪の毛を短くカットし過ぎると、髪型によっては少々野暮ったくなってしまう可能性があります。ただし、ビジネスショートであれば、トップに適度なボリュームがあることで動きをつけやすいため、野暮ったい印象になる心配はないでしょう。

次に、ツーブロックについては業種によっては倦厭される可能性もありますが、すっきりとしたおしゃれな雰囲気をもたらす髪型といえます。ツーブロックは人によって似合う、似合わないが大きく分かれる髪型です。そのため、就活の髪型でツーブロックを考えているのであれば、美容師に相談してみると良いでしょう。

AXE BLACKのスタイリング剤なら就活のヘアスタイルもかっこよくキマる!「アクアジェリー」で超自然なスタイルがおすすめ!

強力ホールドと超自然な仕上がりを両立するジェル。ノンオイルアクアベースで、べたつかず粉ふきしにくいアックス独自処方。トリートメント成分配合のスムーズヘアテクノロジーでラクな手伸びと素早い髪馴染みを実現。就活ヘアもバッチリキマリます。

おしゃれよりも与える印象や清潔感を意識!

就活の面接で好印象を残したいのであれば、髪型にも配慮をする必要があります。20代の男性が就活を行う場合には、髪型で爽やかさやフレッシュなイメージを演出するのがポイントといえるでしょう。就活のときの髪型で悩んだら、自分らしいスタイルを大切にしつつ、面接官への印象や清潔感を意識した髪型を心がけると良いでしょう。

就活で一番大切なことは、自分らしく自信を持って臨むことです。髪型は自分を伝えるための1つのアピールポイントです。それも踏まえて、自分のスタイルを持って臨みましょう。