自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

就活の証明写真対策!髪型のポイントを徹底解説!

就活の証明写真を撮影するときには、面接官に良い印象を持ってもらえるような髪形を意識することが大切です。この記事では、就活の証明写真を撮影するときにおすすめの髪型などについて解説していきます。

  • 更新日:

就活の証明写真におすすめの髪型って?

就活の証明写真を撮影するときには、証明写真に適している髪型を知っておくことが大切です。

まず、男性の場合は短髪・ミディアム程度の長さを心がけると良いでしょう。就活の証明写真では、おしゃれな髪型にするよりも、清潔感があり、採用担当者に好印象をもたらす髪型を意識することが求められる傾向にあります。男性の場合は、短髪やミディアム程度の髪の長さであれば、清潔感がありすっきりとした爽やかな印象につながる可能性が高いといえるでしょう。

また、軽めのパーマであれば就活でも受け入れられるでしょう。普段からパーマをあてている男性は、就活前にはパーマの程度についても事前にチェックしておくことがおすすめです。

さらに、就活の証明写真の撮影ではスタイリング剤を使うなどして髪をセットした方が髪型もまとまり、清潔感があるヘアスタイルを作ることができます。スタイリング剤を使って髪をセットをするときには、固め過ぎないナチュラルヘアを意識することがおすすめです。

就活の証明写真で気をつけるポイント

男性が就活用の証明写真を撮影するときに、気をつけた方が良いポイントがあります。撮る前にチェックして、好印象をゲットしましょう!

髪の長さ

業種で髪型の制限などは大きく変わりますが、髪の毛でジャケットの襟が隠れてしまうような長めの髪形よりは、短めの髪型の方が若々しく清潔感があり印象が良さそうです。そのため、前髪やサイドだけでなく、襟足も短くカットして整えておくことがおすすめです。また、普段は長髪の男性の場合も、就活においては自分の受けたい企業を研究して、どんな髪型が適しているのかを考えて対応した方が良さそうです。

身だしなみを整えること

次に、寝ぐせは直して髪を整えてから証明写真を撮りましょう。寝ぐせは清潔感がないという印象をもたらしてしまいます。寝ぐせがある場合は、撮影前にワックスやジェルなどのスタイリング剤を使ってセットをしておきましょう。また、寝ぐせがつきにくいシャンプーもあるので、普段から寝ぐせが気になる人やヘアセットの時間を短くしたい人は、寝ぐせがつきにくいシャンプーを選ぶのもおすすめです。

AXE BLACKの「ノーベッドヘアシャンプー」は、寝ぐせがつきにくくスタイリングしやすいスムーズな髪に洗い上げ、ダメージを抑えながら汚れをしっかり落とします。スムーズに朝のスタイリングができるので、就活生にもおすすめのシャンプーです。

スタイリング剤の量

ワックスやジェルなどのつけ過ぎにも気をつけましょう。証明写真を撮影するときには、いつも以上にヘアセットを入念に行うかもしれませんが、ワックスやジェルをつけすぎてしまうとベタついた見た目になってしまい、思い通りの髪型にキマらないことにも‥。ワックスをつけるときは適量を心がけて、自分らしいヘアスタイルで証明写真に臨みましょう。

撮影時の表情

就活で使う証明写真を撮影するときには、髪型以外の注意点も守っておくと、より良い写真にすることができます。まず、撮影するときには少し笑みを浮かべ、柔和な表情を意識すると良いでしょう。口角を少し上げることがポイントです。口角をあげて笑みを浮かべるだけで、明るい人や社交的な人という印象につながります。

髭について

自分が受けたい業種によりますが、就活においては髭がない方が清潔感のある印象を与えやすいです。ただし、必ずしもすべての企業がNGという訳ではありません。自分が興味を持っている業種や受けたい企業のことをしっかりと調べて、どうするか判断することがおすすめです。

相手を知った上で自分らしいヘアスタイルで臨もう

就活で使う証明写真を撮影するときには、髪型以外の注意点も守っておくと、より良い写真にすることができます。まず、撮影するときには少し笑みを浮かべ、柔和な表情を意識すると良いでしょう。口角を少し上げることがポイントです。口角をあげて笑みを浮かべるだけで、明るい人や社交的な人という印象につながります。
就活の証明写真で採用担当者に好印象を持ってもらいたいなら、間違っても睨みつけたり、暗い表情で写ったりすることのないように気をつけましょう。

次に、髭はない方が清潔感のある人という好印象になりやすい可能性があります。髭を生やしたままにしておくと、不潔な印象を与えかねません。そのため、髭はきれいに剃っておくことをおすすめします。

好印象を与えられるような髪型を意識!

証明写真は、就活を成功に導く重要な要素のひとつです。そのため、好印象を与えるような工夫や努力をすることが大切です。証明写真を撮影するときには、服装だけではなく、髪型にも配慮をすることが欠かせません。NGとされる髪型は、どれも社会人としてのマナーが守られていないものといえます。男性の場合は清潔感のある短髪を意識して、爽やかでフレッシュな印象をもたらしましょう。