自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

香りにうっとり!メンズシャンプーのいい匂いとは?

洗い上がりの爽快感やシャンプーの洗浄力は、メンズシャンプーを購入する際に重視されやすい要素です。そして、今注目されているのが「香り」についてです。男性も清潔感のある印象はおさえたいポイントです。いい匂いがする男性はそれだけで好印象!今回はメンズシャンプーの匂いに着目し、シャンプーを選ぶ際のポイントなどを解説致します。

  • 更新日:

メンズ向けのいい香りとは?

良い香りのするシャンプーというと、どんな香りをイメージしますか?甘い匂いをイメージする人、石けんのような香り、感柑橘系の香り、バニラのような香りなど、人によって様々だと思います。

女性向けフレグランスには甘い匂いのものなどが目立ちますが、男性にとっての清潔感のある香りはまた異なりますよね。たとえば、さっぱりとした爽やかな匂いのシャンプーも多く、そのような匂いは「甘い香り」がフェミニンな印象を与えやすいのに対し、メンズ向けの「清潔感のある香り」として浸透しています。

自然に香る男性は清潔感がアピールできる!?

また、シャンプーの匂いはしっかりした香りよりは自然に香るぐらいが好感度が高いということも覚えておきましょう。香り付けをしっかりしたい場合は香水を使う手もあります。

しかし、香水は他のフレグランスアイテムと比べると香りがしっかりしている印象があるので、TPOに合わせて効果的に使うのがおすすめです。その点、メンズシャンプーで自然な香り付けをするのは男性におすすめです。シャンプーは日常的に使用するものなので、ほんのりとした自然な香りでアピールすることも可能です。すれ違ったときに、さりげなく香る程度の匂いなので、ビジネスシーンでも相手に不快感を与えるリスクが少なくおすすめです。また、市販のシャンプーであれば値段もお手頃なので、コスパ面も優秀な点がメリットと言えます。

女性に好まれるメンズシャンプーの香りは?

年間を通して人気があるのはシトラス系やマリン系

定番人気の香りと言えば、シトラス系やマリン系の香り。シトラス系にはフレッシュで元気な印象があり、明るい雰囲気を纏えます。一方、マリン系は爽やかな男らしさが感じられます。この2つに共通するのは、どちらも「清潔感」が感じられる香りであるということ。女性はクリーンな雰囲気の男性に好感度をもちやすいです。特に頭はニオイが気になる部分だからこそ、いい香りがするとそれだけでクリーンな印象を受けやすいです。この他にも、せっけんの香りやフローラルの香りなども清潔感があり優しい印象を与えられます。

女性に人気の香りのシャンプーを販売しているメンズブランドとしてはAXEがおすすめです。たとえば、『アンチグリースシャンプー』などAXE GOLDシリーズは上品な「ウッドバニラの香り」がします。一方、爽やかで清潔感のある「クールマリン」の香りがする『ノーベッドヘアシャンプー』などのAXE BLACKシリーズも発売しています。

好みや気分に合わせて選ぶことができるので、ぜひ試してみてくださいね。

秋から冬の寒い季節にはバニラ系やムスク系の香りが人気

秋や冬などの寒い季節は温度を感じるバニラ系やムスク系の香りが人気です。まったりとした甘い香りはニットやコーデュロイなどのあたたかい服装にぴったり合います。香水によく見られる香りですが、シャンプーにも取り入れることでより一層香りを楽しむことができます。季節に合わせてシャンプーの香りを変えることで、女子からも一目置かれる存在になりましょう。

シャンプーのよい香りを持続させるには?

せっかく香りのよいシャンプーを選んだのであれば、その香りを持続させたいですよね。頭皮に嫌な匂いが残ってしまうと、それと混ざり合って本来の良い香りにならないこともあります。清潔感のある良い香りを長続きさせるために、適切な方法でシャンプーをしましょう。

香りが続くシャンプーの洗い方

まず、シャンプーをする前に丁寧にブラッシングをして、フケや余分な皮脂を取り除きましょう。ぬるま湯で軽く汚れなどを流した後に、シャンプーをしっかりと泡立てて指の腹を使って洗うことで、髪や頭皮に残った汚れを洗い流すことにもつながります。

そしてシャンプーでよく洗ったら、よくすすぐことも大切です。すすぎ残しがあると、いやな匂いの原因になることもありますので、頭皮や髪を清潔に保つためにもすすぎはしっかり行いましょう。

また、タオルドライは力を入れすぎずに髪を包み込むように行います。頭皮を拭くときは、こするのではなく優しくたたくようにするのがポイントです。このように正しいシャンプーの仕方を心がけることで、嫌な匂いが残らずにお気に入りのシャンプーの香りを楽しめます。

ライン使いでシャンプーの香りをより印象的に

シャンプーの香りをより印象付けたいなら、シャンプーとトリートメントを同じシリーズで揃えるのもおすすめです。例えば、シャンプーがバニラの香りなのにトリートメントが柑橘系の香りだと香りがボケてしまいがちです。香りを持続させたいのであれば、シャンプーとトリートメントで同じ香りのものを選びましょう。同じ香りと一口に言っても商品によって微妙に違ったりするため、できれば同じ会社の同じシリーズのものを使うのがおすすめです。

シャンプーとトリートメントをライン使いすると、パッケージに記載されている保湿などの効果を実感しやすいというメリットもあります。特別なこだわりがなければライン使いがメリットも多くおすすめ。AXEからもAXE GOLD「アンチグリース」シリーズはウッドバニラの香り、AXE BLACK「リセット」シリーズはクールマリンの香りでシャンプーとトリートメントをライン使いできますよ。

シャンプーをする時の注意点

洗いすぎは頭皮トラブルの原因に

先ほどよくすすぎましょうと伝えましたが、過剰なすすぎはかえって頭皮トラブルを招いてしまいかねません。頭皮に必要な油分まで洗い流してしまうことで、皮膚のバリア機能が低下し雑菌が繁殖してしまう原因にもなります。頭のいやな匂いは雑菌の繁殖によるものです。せっかく洗ったのに匂うなんてことにならないためにも、ほどよく洗い流すことが大切です。

髪だけじゃなく頭皮もしっかり洗う

つい髪の毛ばかりシャンプーしてしまうがちですが、頭皮にも汚れはついています。髪だけではなく、頭皮もしっかり洗うことが清潔に保つためのポイントです。頭皮は指の腹を使って優しくマッサージするようなイメージで洗うと良いでしょう。指を立ててしまうと頭皮が傷ついてしまうため注意してくださいね。

ドライヤーをかける

男性はドライヤーをしない方も多くいると思います。しかし、髪が短い方でもできればドライヤーを使うのをおすすめします。頭が濡れている間に匂いの元となる雑菌が繁殖したり、ふやけた髪や頭皮ではダメージを受けやすかったりと、濡れている状態の頭には危険がいっぱいです。ちょっと面倒でもしっかり髪を乾かすことを心がけましょう。

香り以外にも注目!自分に合ったシャンプーの選び方

価格は手ごろか

シャンプーは毎日使うものです。そのシャンプーがあまりに高いと、他の生活費を圧迫しかねません。自分がシャンプーに充てたい金額に合うものを選ぶようにしましょう。
例えば、成分のいい高いシャンプーを買ったとします。ただ、シャンプーが高いからと十分な量を使わなかったり、そのシャンプーを2本3本使い続けられなかったりすると、そのシャンプーが持っている本来の効果を十分に発揮できないこともあります。成分によってはすぐに効果が出ないものもあるので、何本か使い続けてようやく効果が出るものもあります。「自分が使い続けられる価格か」を観点にしてシャンプーを選んでみましょう。

肌質に合うか

乾燥肌、脂性肌、敏感肌。人によって肌質は異なります。洗浄力の高いシャンプーが必ずしも万人に良いというわけではなく、敏感肌や乾燥肌の人には肌荒れの原因になってしまうこともあります。「〇〇さんのおすすめだから買う」のではなく、自分の肌がどんな特徴をもっているのか見極めることが大切です。

肌悩みを改善するものか

薬局に置いてあるシャンプーにも、その機能は様々です。体臭対策ができるもの、保湿ができるもの、育毛を促進するもの、加齢臭に効果があるものなど、効果によって入っている成分も違ってきます。自分が特に悩んでいることに効果のあるシャンプーを選ぶと、汚れを落とす以外にプラスアルファの効果を期待できます。毎日するシャンプーだからこそ、成分や効果にこだわってみませんか?

使用感は良いか

毎日使うシャンプーなので、使用感は良いに越したことありません。泡立ちがいいもの、泡切れがいいもの、しっとりした洗いあがりのもの、清涼感のある洗いあがりのものなど、商品ごとに謳われている使用感も異なります。とにかく早くシャンプーを終わらせたい人なら泡切れの良いものが合うでしょうし、夏の季節ならメントール配合で清涼感ある洗いあがりのものが気持ちいいでしょう。使って気持ちよくなれるシャンプーなら、シャンプーの時間も苦になりません。

ほんのり香るいい男になろう

メンズシャンプーにも、香りのよいものが増えてきています。理想的なシャンプーを見つけたいなら、香りもシャンプー選びの大切な基準として、しっかりチェックすることがおすすめです。

そして、お気に入りの香りのするメンズシャンプーを選んだ後は、その香りを活かすことを考えましょう。ここでポイントになるのは、せっかくのよい香りを持続できるように心がけることです。おすすめのシャンプーの洗い方を身につけて、さりげなく香る“かっこいい大人の男”を目指しましょう。