自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

面長だから似合う!顔型で選ぶメンズの髪型

メンズの場合、顔の型によって似合う髪型が分かれることが多いです。髪型はカットの仕方でも違いますし、スタイリングで工夫できる部分もあります。今回は面長な男性にはどのような髪型が似合うのか、ポイントやスタイリングについて紹介します。面長をデメリットと思うのではなく、個性を生かしたおしゃれな髪型を楽しみましょう。

  • 更新日:

面長メンズのスタイリングポイントは前髪

面長かどうかは、主におでこからあごまでの長さで判断されます。面長の人の場合、顔の面積をどう見せるかが、面長をカバーするポイントになってきます。

そのひとつの方法が、前髪をつくることです。おでこを見せるのではなく、前髪をつくることで顔の面積を狭く見せる工夫をしましょう。また、単純に前髪を下ろすだけでなく、分け目や下ろす量を調整することも重要です。毛量が多い場合は、そのまま下ろしてしまうと重い印象になってしまい、逆効果になることもあります。自然な感じに下ろすには、マッシュヘアで軽い感じと動きを持たせるのもいいでしょう。

サロンでニュアンスパーマをかけてもらうのもいいですが、ヘアアイロンを使って自分でくせづけするやり方もできます。初めは時間がかかってしまったり、うまくできなかったりしますが、コツを掴んでくると自分の顔に合わせたスタイリングができるようになります。ワックスを使って自然な雰囲気に仕上げましょう。

面長をカバーするナチュラルな毛流れや毛束感をすぐ作れる!AXE BLACK「パティワックス」がオススメ!

ワックスのもつホールド力はそのままに、固め過ぎずに流れや動きのあるスタイルを可能にするファイバースタイリング成分配合ワックス。伸びとなじみが良く、つけた後の手直しも可能なため、一日中自然な流れ感を楽しめます。

面長メンズはトップは立ち上げるよりも流す

面長の場合、トップをどう処理するかは、髪型の重要な要素です。メンズの場合はトップを立ち上げるスタイリングにすると、面長な印象を強調してしまいます。面長な印象を和らげたい人は、トップの処理を工夫しましょう。トップは、立ち上げずに片側に流すようにするのがコツです。あとは自然な感じで仕上げておけば、顔の縦の長さを抑えられます。前髪をそのまま下ろすのが苦手な人でも、このスタイリングならあまり抵抗なくまとめられ、悩みを解消できるでしょう。

前髪に動きを持たせたい場合も、片側に流すような感じにすると自然な感じにまとまります。この片側に流すという方法は、目線を縦ではなく横に逸らす役割も持っています。面長の場合、トップを立たせてしまうと目線も縦に行くため、面長を強調してしまうのです。

トップを片側に流し、自然なツヤ感で大人の男性の印象になれる!AXE GOLD「シルキーワックス」がおすすめ!

ホールドスタイリング成分配合。ベタつきにくく、思い通りのスタイルが簡単につくれる。
バランスにこだわった独自処方で、ワックスのアレンジ力と、自然なツヤ感の両立。
ウッドバニラの洗練された香り

面長メンズはサイドのボリュームで視線を横に

目線を変えるという点では、サイドにボリュームを持たせる髪型を選ぶのも有効な手段です。この場合、単にサイドのボリュームを出してしまうと、広がるだけになるので注意しましょう。

メンズの髪型として成立させ、面長なイメージを解決するポイントとしては、全体的なフォルムをひし形に近づけることです。ひし形をイメージするようにスタイリングし、視線外しのテクニックを使います。毛量やくせにも注意し、理想的なスタイリングになるよう、カットで調整してもらいましょう。

サロンでは、面長をカバーするという目的以外に、スタイリングで気になっていることを相談するとプロの目線でカットしてもらうことが可能です。毎日のスタイリングで調整すれば、縦に行きやすい視線を横に向けることができ、面長という印象を弱めることができます。

ひし型に近づけるにはキープ力がポイント!ホールド力+洗練ツヤ髪スタイルで面長をカバーできるのはAXE GOLD「クラシックジェリーがおすすめ!

ホールドスタイリング成分配合。ベタつきにくく、思い通りのスタイルが簡単につくれる。
絶妙なツヤにこだわった独自処方で固めながら、ガチガチやギラギラにならず自然なツヤ感。
ウッドバニラの洗練された香り。

面長メンズは外ハネを上手に活かす

外ハネを上手にスタイリングで活かすのも、面長な人にとって上手な解決方法になります。外ハネは、髪型に取り入れているメンズも多く、おしゃれなスタイリングになるうえに縦長感を抑えられるのがメリットです。適度な外ハネを作るために、パーマをかけるのもいいでしょう。顔の形が悩みになっている場合でも、髪型でカバーすることはできます。カットやパーマを工夫してもらえば、あとはスタイリングで調整できる部分は多いはずです。

鏡で見てもなかなか自分に合ったスタイルがわからない場合は、スマホを使って撮影してみるのもひとつの方法です。鏡とは違って客観的に見ることができ、実際にどう見えているのか理解できます。それがわかってくると、自分に合ったカバー方法やスタイリングのコツも掴めてきます。髪質に合ったワックスなどを活用して、おしゃれにスタイリングしましょう。