自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

これで安心!面接で好印象を与える髪型を作っていこう!

企業での採用選考で実施される面接試験。限られた時間で相手に好印象を与えるためには、はっきりとした受け答えだけではなく、見た目にも気を遣う必要があります。特に髪型は、相手に清潔感をアピールしやすい部分のひとつです。この記事では、面接で好印象となる髪型を作るためのポイントについて説明します。

  • 更新日:

髪型で押さえておきたいポイントとは?

面接時には、清潔感があり、爽やかな印象を与えるような髪型にしておきたいものです。特に、営業職やサービス業の場合は、クライアントや顧客が持つ印象がその後の取引を大きく左右することもあるので、こうした印象が重要視されがちと言えます。したがって、最低限こうした印象をアピールできる髪型は必須と言えるのです。

もちろん、清潔感や爽やかさの印象は人それぞれです。人によっては、あまり周りと同じような髪型ではなく、ちょっとした工夫を見せたいということもあるかもしれません。判断に迷う場合は、だらしない印象を与えないということにも注意してみましょう。だらしない髪型は、それだけで仕事や生活もきちんとできないという印象を与えてしまいます。寝癖やぼさぼさの髪のように、誰が目にしても同じ印象を与える髪型はあるもの。こうした髪型を直すところからはじめてみて、どの程度であればだらしなくないかを考えていけば、自分らしさを損なわずに清潔感のある髪型がおのずと出来上がります。

人は見た目がすべてではありません。しかし、初対面の相手に対して、見た目以上に人の印象を語るものはないのです。したがって、誠実でフレッシュな第一印象を心がけるようにしましょう。

面接に適している髪型とはどんなもの?

面接に適した髪型としては、シンプルながらも黒髪のショートが良いでしょう。前髪で顔が隠れてしまうと、目元が見えにくくなり、面接官に暗い印象を与えてしまいがちです。前髪やえり足、そして耳周りはすっきりとさせて、顔の形が出る髪型にしておくと、相手に爽やかさをアピールできます。特に、おでこを見せる髪型であれば、より清潔感を印象づけることが可能です。

なお、業種によってはビジネスマナーの範囲であれば、多少髪が長くて、少し染めている程度でも許容してくれる場合があります。しかし、たとえそうした業種であっても、すべての企業が初対面の人に対してこのような髪型を許容してくれるどうかはわからないものです。このような場合は、あまり髪型で自分を主張しすぎるよりも、むしろ短い髪で自身のおしゃれをそっと演出するほうが、相手に好印象を与えるきっかけとなるはず。ナチュラルな仕上がりの髪型でさりげなくおしゃれにも気を遣うと、清潔感とともに良い印象を与えることができるでしょう。

面接時の髪型を作るには何を使えばいい?

髪の質感は人によって異なるので、同じ髪型を作ったとしても、それぞれの印象は違って見えるものです。しっかりと髪型を整えて面接に臨むのであれば、ワックスを利用しましょう。自然な髪型を見せたい場合は、ガチガチに髪を固めてしまうタイプのものよりも、ナチュラルな仕上がりになるワックスがおすすめです。

たとえば、AXEの『カジュアルコントロールパティワックス』なら、自然な髪型の演出に一役買ってくれます。ワックスが持つホールドの強さをしっかりと残しながらも、固すぎることはなく、付けたあとでも手直しをすることで自然な髪型に見せることが可能です。長時間にわたって効果が持続するので、一日に複数の面接を受けるといったようなシーンでも活躍してくれます。

『カジュアルコントロールパティワックス』で髪型をキープ!

ワックスのもつホールド力はそのままに、固め過ぎずに流れや動きのあるスタイルを可能にするファイバースタイリング成分配合ワックス。伸びとなじみが良く、つけた後の手直しも可能なため、一日中自然な流れ感を楽しめます。

髪型が崩れやすい人はスプレーの併用がおすすめ!

完成したスタイリングのシルエットや質感を、そのままロックして一日中キープするフィニッシュスプレー。髪に均一になじむ細かな霧状スプレーが特徴で、軽くナチュラルな仕上がりに。

自分の魅力を最大限出せる髪型を見つけよう!

面接は自分の魅力を相手に知ってもらい、この人を採用したいと思わせるためのものです。履歴書やエントリーシートを除けば、見た目は最初に相手が目にする情報なので、第一印象としてしっかりアピールしたいところ。服装や振る舞いだけではなく、清潔感のある髪型を見せることで、見た目の印象ははじめて完成すると言えます。相手に魅力をしっかりと伝えるために、髪型にも気を配って面接に臨みましょう。