自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

印象は目と鼻に焼き付けよう!思い出せる記憶にすることが重要

相手に好印象を与えたいなら、良い記憶として残るよう努力することが大切です。ふとしたときに思い出してもらえたら、相手に良い印象を持たれているといえるでしょう。ここでは、印象とは何か、他人に良い印象を与えるにはどうすべきかを解説していきます。自分らしさをより相手に伝えられるように、印象について学びましょう。

  • 更新日:

見た目は第一印象を左右する

印象を決める大きなポイントに見た目があります。見た目は第一印象を左右する重要なポイントですよね。行動や言葉が相手にとって好ましいものだとしても、見た目と言動にギャップがあれば、良い印象を与えられない可能性があるでしょう。

視覚情報として判断材料にするのは、服装や身だしなみのほか、表情やしぐさなども含まれます。つまり、どんなに良い格好をしていたとしても、ふとしたときに出る態度によっては、相手の印象を損ねる恐れがあるので注意が必要です。

おさえておきたいのは、視覚情報以外にも大切なものがあるという点です。
視覚情報は第一印象に影響を与えるものの、声のトーンや話す速度といった聴覚情報や、話の内容などの言語情報も大きな役割を果たします。
そのほかにも、たくさんの細かな要素が重なって第一印象が形作られます。そのため、できるだけ出会ってから数秒で良い印象を得られるように、さまざまな方向から努力することがポイントとなります。

外見でプラスにするために!AXE GOLD「シルキーワックス」で清潔感のある洗練スタイルが簡単に作れる!

ホールドスタイリング成分配合。ベタつきにくく、思い通りのスタイルが簡単につくれる。
バランスにこだわった独自処方で、ワックスのアレンジ力と、自然なツヤ感の両立。
ウッドバニラの洗練された香り

記憶を呼び覚ます香りの力

相手に自分のことを印象付けるために、嗅覚情報も大きな役割を果たします。香りは感情や行動、記憶を司る大脳辺縁系に直接働きかける刺激のため、脳に記憶されるという特徴があります。特定の香りを嗅ぐことで、ある人物や情景を思い出したことがあるという人も多いでしょう。

香りのもうひとつの特徴は、短時間で記憶されるという点です。つまり、相手にとって好ましい香りは良い印象として記憶される可能性が高くなります。また、香りとともに自分のことを記憶してもらえると、今度会ったときに同じ香りをきっかけに思い出してもらいやすくなるメリットもあります。

香りを付けるためのアイテム

香りを付けるためのアイテムには、香水のほか香料の入ったワックスやシャンプー、服についた洗濯洗剤などさまざまな種類があります。強すぎる芳香や複数の香りが混じり合ったものは逆に印象を悪くする恐れがあるので、たとえ良い香りであったとしても、使用する量や程度には十分注意しなければなりません。

においは慣れてしまうと感覚が鈍くなり、量を多く付けてしまいがちです。自分には感じなくても相手には強く香っているというケースはよくあることなので、香りを付ける際には必ずしも自分の感覚を基準にしないほうが良いでしょう。好印象をゲットするには、自然に香る匂いを選ぶのもおすすめです。

香りの起源は?

嗅覚は哺乳類においてはもっとも早い段階で発達したと考えられています。人類へと進化する過程で徐々に退化していきましたが、今でも香りに対しては半ば本能的に反応することで知られています。たとえば、人間の嗅覚を司る器官は誕生時にはすでに完成されており、生後2日で母親のにおいを認識できると言われることもあります。
普段それほど気にならない感覚であったとしても、人間は本質的に匂いに対して敏感であることを念頭に置いておくと良いでしょう。

さりげなく香るフレグランスボディスプレー

『アックス フレグランスボディスプレー』は、首から下の全身に使えるボディスプレーです。コンパクトサイズなので、いつでも気軽に香りを携帯できます。香りのバリエーションも豊かで、洗練された上品な大人の男性を演出できるアイテムとしておすすめです。

再び会うことを意識した印象付けが大事

他人へ良い印象を与えたいのなら、その場限りの出会いで終わらせるのではなく、もっと長期的な目線で考えることが大切です。ビジネスにおいてもプライベートにおいても、再会したときに良い印象とともに思い出してもらえるよう、印象付けをすることを心がけましょう。