自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

後々まで尾を引くかも?第一印象を良くするメリットとは?

仕事や恋愛といった人間関係を構築する上で、第一印象はとても重要だといわれています。しかし、どのようにすれば第一印象を良くできるのかわからない人も多いでしょう。この記事では、第一印象を良くしたいと考えている20代前半の人を対象に、第一印象を良くするメリットとその方法について解説します。

  • 更新日:

好印象を持ってもらうため!第一印象を良くするメリット

心理学によると、第一印象がその人のその後の評価にも影響を与えるとされています。人は、最初に出会ったときの印象が頭に残りやすくなっているので、最初に示された特性がのちの評価にもかかわってくるのです。そのため、第一印象を良くしておくことで、その後も良い印象を持たれやすくなるのです。また、出会ったときの最初の数秒で第一印象が決まるということが、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの研究で分かっています。

学校や会社、プライベートなどで初めて出会う人には、第一印象で好印象を持ってもらうに越したことはありません。第一印象はなかなか払しょくできないといわれているので、悪印象を与えるとその後、その人との関係を良好に保つことが難しくなります。長く付き合う人や一緒に仕事をする人とは、良い関係を築きたいものです。円滑な人間関係を築くためにも、第一印象には気をつけましょう。

第一印象を良くする方法1:姿勢を正す

第一印象を良くする方法としてはまず、「姿勢を正す」ことが挙げられます。第一印象は出会って数秒で決まるとされていますが、その中でも視覚による情報の影響が大きいのです。そのため、見た目の印象を良くしておくことで好印象を与えることができます。清潔感のある髪形や服装なども重要ですが、姿勢を正すことも大切です。姿勢を良くしていることで、信頼できそうな印象を与えることができます。

立っているときや座っているとき、歩いているときなど、日常生活で姿勢を良くするように意識しましょう。背筋を伸ばしてあごを引くだけで、姿勢が良く見えます。ついつい猫背になってしまう人もいるでしょうが、日ごろから意識することで良い姿勢を身につけることができます。姿勢はほんの一瞬で相手に伝わりますから、普段から姿勢を正して生活するようにしましょう。

第一印象を良くする方法2:香りをまとう

「香りをまとう」のも、第一印象を良くする方法の1つです。香りは、意識して覚えなくても記憶に残るものとなっています。これは、嗅覚は脳にダイレクトに働きかけるものだからです。そのため、意識しなくても忘れられない記憶になる可能性が高くなるのです。つまり、良い香りをまとっていると、相手にとって良い印象が残りやすく、その後の関係にも影響を及ぼすかもしれません。

ただし、あまり強すぎる香りは避けたほうが無難です。強い香りは苦手な人もいるので、そうならないように適度につけることがポイントです。ハンカチや名刺などに香りをつけるのも効果的です。服や体に直接つけすぎてしまうと匂いがきつくなり、動くたびに香って逆効果になる可能性もありますから、ハンカチや名刺につけてふわっと香る程度にする方法もいいでしょう。

さりげなく香らせるのなら、ボディソープやボディスプレーを使うのも良い方法です。AXEのボディソープやボディスプレーなら、ほのかに香りをまとうことができます。さまざまなフレグランスがあるので、自分好みのものを選ぶことも可能です。

第一印象が良いとコミュニケーションもスムーズに!

このように、第一印象を良くすることでその後のコミュニケーションをスムーズに取れる可能性が高まります。第一印象で重要なのは視覚から与える情報です。出会った数秒で判断できる姿勢を良くしておくことで、信頼できる人という印象を与えることができるでしょう。また、香りも記憶に残りやすいポイントの1つです。ほんのりと香らせておくことで好印象につながります。いつどのような出会いがあるかわかりませんから、姿勢や香りなどは常に意識しておくといいでしょう。