自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

いい香りとは何?好まれる香りの秘密を探る

いい香りを纏っている人は、恋愛面でもビジネスシーンでも魅力的に映ることが多いです。香りの種類はたくさんありますが、いい香りと認識される理由はあるのでしょうか。いい香りを身に纏うためには、それぞれの特性を知ることはもちろん、周囲に不快感を与えないことを考えるのも必要。人の心を動かすいい香りとは?その秘密を探っていきます。

  • 更新日:

いい香りはたくさんある!

アロマテラピーなどで用いられている香りは一般的には7種類あると言われています。「樹木系」「ハーブ系」「柑橘系」「フローラル系」「エキゾチック系」「樹脂系」「スパイス系」などが主な香りです。その香りにはそれぞれ特徴があり、アロマテラピーの愛好者はリラックス効果や集中力アップなどを求めていることが多いです。

男性にはシトラス、ウッディー系が特に人気

フレグランスとしての香りに用いられているのは、大きく分けて「フローラル系」「シトラス系」「ウッディー系」「グリーン系」「グルマン系」「オリエンタル系」の6種類と言われることもあります。
男性にはレモンやオレンジなどの柑橘系の香りを基調としたさわやかな印象の「シトラス系」や、森林を思わせる落ち着いた感じの「ウッディー系」の香りが広く使われています。

男性におすすめのフレグランスが気軽に纏える、アックスのボディスプレーシリーズをここでご紹介!様々な香りのバリエーションがありますが、どれも自然に香るので普段の香りケアにおすすめです!

フローラル系でおすすめなのが、「アックスフレグランスボディスプレー エッセンス」

グリーン系でおすすめなのが、「アックスフレグランスボディスプレー キロ」

ウッディ系でおすすめなのが、「アックスフレグランスボディスプレー ゴールド」

シトラス系でおすすめなのが、「アックスフレグランスボディスプレー シトラス」

いい香りは人それぞれ!様々な香りにトライしてみて

アロマテラピーやフレグランスに使用され幅広く支持されている香りも、好みに個人差があることは念頭に置いた方がいいでしょう。それぞれの香りには特徴があります。周りの人にも印象が良い清潔感のある香りを纏うことも大切ですが、自分が好きな香りを纏うことも大切です。
まずはどんな香りが好きなのか、いろんな香りを試してみることもおすすめです。フレグランスボディスプレーなら価格帯が手頃なので、自分がどんな香りでリラックスできるか試してみるといいかもしれません。

いい匂い=いい香りではない??

「いい匂い」と「いい香り」。どちらを使っても同じに見えますが、「香り」と「匂い」は言葉の意味に違いがあります。「匂い」は不快なものを含め嗅覚全般で感じるものを指すのに対し、「香り」が使われるのは好ましい場合のみと言われています。一部の人が不快になるかもしれない「いい匂い」ではなく、誰にでも「いい香り」を感じてもらうことを意識していけば、自身の好感度を別面から上げていく力になるかもしれません。

香りも強すぎると逆効果?!

理想とするのは「ほのかな香り」

匂いで周りを不快にさせてしまう代表的な例に、フレグランスの付け過ぎがあります。原因で多いのは自分だけが「いい匂い」と思い、使用を重ねるうちに嗅覚がその香りに慣れてしまい量を増やしてしまうパターン。周囲にインパクトは与えるかもしれませんが、「いい香り」を目指すとするなら逆効果になる可能性もありますので、周囲にポジティブな印象を与えるような香りを心がけるといいかもしれません。

さまざまな場面で相手に好印象を持ってもらうには、すれ違った時や近づいた時に「ほのかな香り」をさせるのが理想。日本人はわずかに感じられることを意味する「ほのか」という言葉を好みます。「ほのかな香り」も好ましいシーンで使われているように、香りの面も奥ゆかしい方がセールスポイントになりやすいです。「いい香り」を身に纏うためには、主張しすぎず自然な香りを心がけることがおすすめです。

ボディスプレーを使うのもおすすめ

フレグランスの付け過ぎの原因としては、一体どのぐらいが適量なのかをはかるのが難しい傾向がある、ということもあります。香水をつける男性も多いですが、量が一定ではなく香りがしっかりつくことが多いので、シーンによっては付け過ぎの印象を与えることもあるかもしれません。

自然に香りを纏いたいなら、ボディスプレーもおすすめです。香水よりも自然に香りほのかに続くので、男性でも使いやすいフレグランスです。

AXEで販売している『アックス フレグランスボディスプレー』では『エッセンス』『キロ』『クリック』『スウィート』などフレグランスの種類も豊富で10種類の香りが楽しめます。甘さや爽やかさ、またセクシーさなどを「ほのかに」キメたい男性は、フレグランスボディスプレーがおすすめです!

身に纏うならいい匂いよりもいい香り

香りに気を使っていく姿勢は身だしなみの観点からも、もっと重要視されていいでしょう。ただ、それを強くアピールするのではなく、常に「ほのかに」「自然に」「さりげなく」というワードを意識することは大切です。

香りを選ぶ時、そして使用する時。周りをポジティブな気持ちにさせる姿勢があれば、身にまとったものは「いい匂い」からワンステップ上の「いい香り」へと近づいていけそうです。