自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

薄毛で悩む方には短髪がおすすめ!似合う髪型と似合わない髪型は?

薄毛にも、頭頂部分・前髪・頭部全体などと、さまざまなタイプがあります。毛が薄い部分によって対処法も異なるので、自分のタイプを知ることは大切です。薄毛が気になると、髪を伸ばして補いたい気持ちになる方が多いですが、実は短髪の方が薄毛が目立ちづらいことも。今回は、薄毛の方におすすめの髪型と、似合わない髪型をご紹介いたします。

  • 更新日:

薄毛には長髪と短髪のどちらがいい?

毛の薄い部分を補う方法として考えがちなのが、とにかく髪を伸ばして薄毛部分を覆ってしまうことです。確かに、髪の薄い部分を他の髪が多い部分でフォローすることはできます。しかし、ヘアスタイルによっては毛の薄い部分を強調してしまうこともあるので、カバーするスタイリングも気をつける必要があります。

また、短髪でも薄毛が際立たないヘアスタイルもあるといわれています。長髪・短髪それぞれのメリットについて、詳しくご紹介いたします。

長髪の特徴

長髪は単純に毛量が増えるので、毛の薄い部分を他部分の髪の毛でフォローできます。アレンジの幅が豊富なのも、長髪のメリットの1つです。長髪は雰囲気が出るので、おしゃれな人と言うイメージを与えやすいのもメリットです。

しかし、長髪で毛が薄い部分をフォローするには、束ねるぐらいの長さの髪の毛が必要となります。中途半端な長さになってしまうと、髪の毛の濃い部分と薄い部分の差がかえって際立ってしまうことも…。中には、男性の長髪が認められていない職場もあるため、束ねる程の長髪にするのが難しい男性も多いのが現状かもしれません。

短髪の特徴

短髪は、長髪と比較しても清潔感を与えてやすいことや、短いために乾かしたりスタイリングしたりとヘアケアするのが楽というメリットがあります。

他にも、短髪の場合は汗をかいても束になりづらく、薄毛が目立ちにくいメリットがあります。ただし、短髪のヘアスタイルを綺麗に保つためには、定期的にヘアカットする必要があります。短髪だからこそ、髪が無造作に伸びている雰囲気だと、あまり身なりに気を使っていない印象を与えてしまうこともあります。

清潔感のある印象を与えやすいヘアスタイル=普段から身だしなみに気を遣っていると言うことでもありますので、短髪にする方は定期的に美容室でカットするのがおすすめです。

薄毛など頭皮ケアをしたいという男性におすすめのスタイリングアイテムがこちら!

スタイリングしないとヘアスタイルがキマらないけれど、頭皮にやさしいタイプのスタイリング剤を使いたいと考える方もいると思います。

そんな、早いうちから頭皮ケアをしたいと考える男性のみなさんに、AXEから頭皮への負担を抑えた乳液タイプのワックスが発売されました!これまでのワックスとは異なる質感が特徴の「アックス エマルジョンワックス」は、乳液タイプのさらっとした質感で、自然な仕上がりが実現できるスタイリング剤です。

乳液ならではの柔らかな使い心地で頭皮への負担を抑えつつ、軽く自然なヘアスタイルに仕上げることができるので、自然体な雰囲気や抜け感のあるスタイルにもおすすめです。

「アックス エマルジョン ワックスハード」

・スタイリングできて頭皮にやさしい
・さらっと伸びて、簡単自在。自然にまとまる
・天然エッセンシャルオイル*配合
・スタイリングしながらも髪をケア(無添加:パラベン、合成着色料)
・ノンコメッドジェニックテスト済み(全ての方にコメド[ニキビのもと]ができないというわけではありません)。
→肌や頭皮についても毛穴に詰まりにくく、ニキビになりにくい、やさしい処方。
・自然で清潔感のあるエアリーグリーンの香り

*香り成分

似合わない髪型を知り、失敗を防ごう

薄毛は短髪でも十分フォローは可能です。しかし、ヘアスタイルのチョイスを間違えてしまうと、むしろ毛が薄い部分を際立たせてしまうことも…。まずは失敗を防ぐため、避けた方がいいヘアスタイルについて、その理由もあわせて紹介します。

M字の薄毛が気になる真ん中分け

スタイリッシュな印象を与えてくれる前髪の真ん中分け。特にM字の薄毛の場合は、気になるおでこの両サイド部分を補ってくれる印象です。しかし実際は、髪の毛の量が多い部分と少ない部分の差を際立たせてしまうため、他のヘアスタイルを選んだ方が良いでしょう。

生え際やおでこのサイド部分に不安がある方は、いっそのこと前髪をあげ、髪全体をさっぱりと短髪にしてしまう方が、薄毛対策になるかもしれません。

ボブカット

ボブカットとは、全体の髪の毛を耳にかかるぐらいの長さに切りそろえたヘアスタイルを指します。全体的に毛量が多いボブカットは、薄毛をフォローしてくれそうな印象ですが、実は薄毛対策としては不向きなヘアスタイルです。

特に、頭頂部の薄毛が気になる方は、他のヘアスタイルを選ぶのがおすすめです。理由としては、ボブカットはサイドに長さを持たせる分、頭頂部やおでこ部分の髪の薄さが際立ってしまうことが挙げられます。さっぱりとした短髪ヘアの方が、見る人に清潔な印象を与えてくれるでしょう。

薄毛で悩む方におすすめの髪型とセット方法

薄毛の方は避けた方がいいヘアスタイルをご紹介しました。それでは、薄毛が気になる場合には一体どんなヘアスタイルを選べばいいのでしょうか。ここでは、薄毛で悩む方におすすめしたいヘアスタイルや、セットの方法について詳しくご紹介いたします。

濃淡のあるおしゃれ坊主

おでこ部分やM字タイプの毛の薄さに目がいってしまう方や、前髪の薄毛に悩む方におすすめのヘアスタイルが、おしゃれ坊主です。おしゃれ坊主は、ただの丸刈りではなく襟足やサイドを短くしてトップに長さを残すヘアスタイルです。

トップに少し長さを残すことで、自然と視線を頭頂部に集め、前髪部分の薄毛をフォローしてくれます。前髪部分の薄毛を際立ちにくくしてくれるだけでなく、清潔感のある清々しい印象から女性や美容師さんからも人気のヘアスタイルです。また、難しいヘアセットも不要のため、朝の準備が格段に楽になるのもメリットです。

ソフトモヒカン

頭頂部の薄毛に目がいく方には、トップにボリュームを持たせたモヒカンスタイルがおすすめです。やわらかい印象のソフトモヒカンは、サイドや襟足を短めにしてトップと前髪にボリュームを残してカットします。

セットの際は、トップの髪や前髪をたてるようにしましょう。縦方向にボリューム感が出て、前髪で頭頂部の毛の薄い部分をフォローすることができます。ソフトモヒカンのセットは崩れにくさがポイントとなります。セットの際には、キープ力の高いワックスやドライヤーを使って、立ち上げたヘアスタイルをしっかりとキープしましょう。ツーブロックやアシンメトリーなど、アレンジも豊富なので自分に似合うスタイルを見つけやすいメリットもあります。

『デフィニティブホールドマッドワックス』で髪を強力ホールド!

髪全体のシルエット作りをはじめ、束感、 立ち上げ、細部の作り込みも可能。AXE BLACKシリーズ中、最も強いホールド力のクレイワックス。マットな仕上がりが、ナチュラルな印象に。

パーマスタイル

パーマといえば長髪のイメージがありますが、短髪に強いパーマを当てることで、地肌を覆い見えにくくしてくれる効果が期待できます。

つまり、トップや頭部全体の薄毛を何とかしたい方の強い味方となるヘアスタイルです。また、パーマを髪全体にかけることで、見た目の量感が増えたように感じさせてくれます。セットが簡単なのも魅力的です。薄毛に関係なく取り入れられるヘアスタイルなので、挑戦しやすい点も人気の理由です。

セットをする際は、髪を濡らしてパーマを出し、艶感のあるジェルワックスなどを毛先に付けて仕上げるのが簡単な方法です。ただ、セット方法はパーマの種類によっても異なるため、必ず美容師さんに相談しましょう。

自宅でできる薄毛対策のポイント

自分に似合う髪型を模索するのも重要ですが、もう一つ実践してほしいのが、薄毛の進行を防ぐためのセルフケアです。ここからは、ツボ押しや頭皮を清潔に保つおすすめシャンプーなど、自宅ですぐに実践できる薄毛対策を紹介します。

地肌をマッサージして血行を良くする

薄毛対策として、地肌のマッサージも良いといわれています。マッサージを取り入れて頭皮の血行を良くすることで、毛髪の成長を促す良い影響があるかもしれません。もちろヘアサロンへ行って、プロのヘッドスパを利用するのもいいですが、自分で手軽にできれば、普段からできる頭皮ケアとしておすすめです。

今回は、自宅で簡単にできるのはツボ押しをご紹介いたします。特に「百会」と呼ばれる頭頂部のツボや、「天柱」と呼ばれる頭蓋骨の付け根部分のツボが、薄毛対策にも良いとされています。
ツボの位置がよくわからない方でも、頭皮をもみほぐすような地肌マッサージであれば簡単に実践できますので、試してみましょう。

頭皮マッサージをする際は、前頭部はつまむように側頭部を引き上げるように、後頭部は拳で押すような感覚でマッサージしていくのがおすすめです。頭皮全体の血行が良くなることで薄毛対策だけでなく、頭全体が軽くなるようなリフレッシュが期待できるかも。

頭皮を清潔に保つ

薄毛対策において、頭皮の汚れ・ワックスの残りなどをきれいに洗い流し、清潔に保つことも非常に重要です。そのためにはシャンプー選びが大切。最近は様々なタイプの男性用シャンプーが販売されていますが、中でもAXE BLACKの『ノーベッドヘア シャンプー』が注目を集めています。

『ノーベッドヘア シャンプー』はスタイリング剤を落とす洗浄力に特化したシャンプーで、髪に付いたワックスなどをしっかりと洗い流してくれます。このような洗浄力の高いシャンプーで汚れをリセットした上で、ツボ押しや育毛剤などのケアを併用するのがおすすめです。

自分に似合う短髪スタイルを見つけよう!

薄毛のタイプによって似合う髪型はさまざまですが、総じて男性は髪の長さで少ない部分をフォローするのが難しい状況です。しかし清々しい短髪スタイルであれば、薄毛を補う方法が多数存在することがわかりました。今回紹介した薄毛対策やセルフケアを実践しつつ、自分に合った髪型やセット方法を見つけて取り入れましょう!