自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

注目のモーターサイクルコートとは?おしゃれな着こなし方を紹介

モーターサイクルコートとは、バイクに乗る人のためにデザインされた、存在感ある形が特徴のロングコートのこと。ミリタリーテイストかつワイルドな雰囲気があり、いろいろなコーデに使えます。この記事ではモーターサイクルコートについて解説し、自分らしくおしゃれに着こなすポイントも紹介します。

  • 更新日:

モーターサイクルコートとは

ワイルドなおしゃれ感があるモーターサイクルコート。機能面でも優れていて、軍隊で採用された歴史もあります。

バイク乗りのためのコート

モーターサイクルコートは、バイク乗車時に着用するために作られたロング丈のコートです。襟が立てられるようになっていたり、ポケットの形状が独特だったりと、バイクに乗ったときに着やすいように工夫されています。
ボタン少なめのデザインも特徴の1つですが、これはバイクにまたがりやすいようにするため。ものによっては、脚に巻き付けるためのベルトが内側に付いたコートもあります。

フランスやイギリスの軍隊にも取り入れられた

モーターサイクルコートは、フランスやイギリスの軍隊でも採用されるほど機能性の高いコート。
当時のコートは現在でもヴィンテージとして出回ることがありますが、戦時の過酷な環境に耐えられるよう、しっかりした生地を使っているため重さがあります。
機能性を重視するならヴィンテージではなく、現代に合う素材やディティールで仕立てられたモーターサイクルコートがおすすめです。

モーターサイクルコートの特徴

他のコートとは違う特徴がいくつもあるモーターサイクルコート。ここでは、シルエットやディティール、素材について紹介します。

特徴的なシルエット

モーターサイクルコートは、アルファベットのAにように、裾に向かってゆるやかに広がる形。この特徴的なシルエットがモーターサイクルコートの1番の魅力です。
多くの場合、ジャケットの上からはおれるよう、ゆったりとした作りになっています。

ディティールにこだわりアリ

軍隊に採用されていた歴史から、今でもモーターサイクルコートの多くにはミリタリーコートに似た風合いがあります。
立てられる形状の襟、ウエスト部分のベルト、肩章や袖ベルトなど、ヴィンテージのテイストを残しているものも少なくありません。

素材はさまざま

ヴィンテージのモーターサイクルコートには、多くの場合、しっかりした厚手のコットンや、コットンリネンが使われています。
新品のモーターサイクルコートに使われるのは、コットンの他、ナイロンやポリエステル、ウールなど。ヴィンテージ風に、シワや色ムラを加工したデザインのものもあります。
素材によっても印象が変わるため、好みに合わせて選びましょう。

モーターサイクルコートを着こなすポイント

モーターサイクルコートをさらにおしゃれに着るには、コツがあります。最後に、コーディネートのポイントを紹介します。

シンプルなアイテムに合わせる

モーターサイクルコートは存在感のあるアイテムなので、他は極力シンプルにするのがおすすめです。
コートを主役にして、カットソーや薄手のニット、細身のパンツなどですっきりまとめましょう。
同系色でまとめる場合は、靴やバッグを黒にして引き締めてもスタイリッシュ。デニムに合わせる場合は、トップスを白にするとさわやかです。

シルエットの変化を楽しむ

ベルト付きのモーターサイクルコートの場合、締め方でシルエットを変えて、着こなしに変化が付けられるのもポイント。
襟を立てて着る、前を開けて着る、ボタンをして着る、ウエストを絞って着るなど、1着あればさまざまな着こなしが楽しめます。

また、自分らしい着こなしの仕上げとして、香りにこだわるのもおすすめです。

モーターサイクルコートを自分らしくおしゃれに着こなそう

コートを着た男性の後ろ姿

存在感抜群のモーターサイクルコートは、素材や着こなし方によって印象が大きく変わります。
自分らしいモーターサイクルコートを選んで、おしゃれな着こなしを楽しみましょう。