自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

【メンズ】ロンTコーデ5選!おすすめブランド・着こなし方を紹介

オールシーズンで活躍するロンTですが、1枚でサラッと着こなすのがおしゃれのポイントです。この記事では、ロンTの選び方と定番や旬のブランド、おすすめコーデなど、ロンT攻略のヒントを紹介します。お気に入りのアイテムを見つけて、ロンTコーデを楽しんでください。

  • 更新日:

【メンズ】ロンTの選び方

シンプルなシルエットのメンズロンTだからこそ、サイズや色、デザインをこだわって選ぶのが大切です。まずは、メンズロンTの選び方を見ていきましょう。

サイズ感で選ぶ

ロンTをおしゃれに着こなすには、サイズ感が大切です。ぴったりとしたサイズよりも、肩の線が落ちて、袖が少しもたつくぐらいのルーズ感がある方が、今っぽくおしゃれに見えます。

色やデザインで選ぶ

どんなデザインが良いかわからない場合は、まず無地のアイテムを選ぶのがおすすめ。白や黒、グレーなどのベーシックカラーは、着回しがしやすいです。一方、柄物を選ぶとストリート系のポップなスタイルに決まります。

UネックかVネックかで選ぶ

ロンTのネックラインには、主にUネックとVネックの2種類があります。Uネックはカジュアルな印象になり、華奢な体型の人におすすめのデザインです。一方、Vネックは大人っぽい雰囲気のキレイめコーデに活躍します。

【メンズ】ロンTコーデにおすすめのブランド

多くのブランドから、素材やデザインにこだわったロンTが販売されています。ここでは、おすすめのロンTブランドを紹介します。

ヘインズ(Hanes)

アンダーウェアからカジュアルウェアまで展開するアメリカの老舗ブランド。なかでも「ビーフィー」は、肉厚で耐久性があり、脇などに縫い目がないため、着心地が良いと人気を集めています。カラーバリエーションが豊富なのも魅力です。

ロサンゼルス アパレル(LOS ANGELES APPAREL)

アメリカンアパレルの創業者が手がけるファッションブランドです。アメリカ産にこだわった、オーソドックスでざっくりしたデザインが、今っぽい着こなしを叶えます。耐久性や吸汗性も抜群です。

セントジェームス(SAINTJAMES)

1889年にフランスで生まれたマリンブランドです。首や袖周りが無地のボーダーカットソーが有名で、爽やかなカジュアルコーデが楽しめます。吸湿性のある素材を採用し、着心地が良いのも人気の理由です。

アールディーズ(ALDIES)

斬新なデザインで、幅広い世代に人気のブランドです。野外フェスなどのお出かけにぴったりのロンTが手に入ります。個性的なファッションを求めるメンズにおすすめです。

【メンズ】おしゃれなロンTコーデ5選

おしゃれなロンTコーデにするには、色やボトムスとの合わせ方のポイントを押さえると良いでしょう。最後にロンTを使ったおすすめのメンズコーデを紹介します。

コーデ①白ロンT×スラックス

カジュアルな白のロンTに、グレーのスラックスを合わせた爽やかコーデ。ロンTが、きちんと感のあるスラックスをほど良くカジュアルダウンしてくれます。

コーデ②くすみピンクロンT×黒デニムパンツ

ふんわりしたくすみピンクと対照的な黒デニムが、おしゃれにマッチしたカジュアルコーデです。黒のオールドコーチがコーデのアクセントに。白のスニーカーが、足元に明るさをプラスしてくれます。

コーデ③白プリント柄ロンT×黒スキニーパンツ

ポップなプリント柄のロンTを使った、ストリート系のファッション。黒のハットとスキニーに白のスニーカーを合わせ、モノトーンでまとめて統一感を出しています。

コーデ④黒ロンT×黒パンツ

ロンTからパンツ、靴まで黒でまとめたブラックコーデ。ルーズなロンTに、前スリットの入ったパンツと革靴を組み合わせ、大人っぽくクールにキメています。

コーデ⑤赤ロンT×トレンチコート

モノトーンのコートとボトムスに、差し色になるカラフルな赤のロンTを合わせておしゃれにまとめたストリートファッション。モノトーンなのに、全体的にポップな印象なのは、ロンTとヘアカラーのおかげ。よりコーデをおしゃれに見せてくれます。

メンズロンTでおしゃれコーデを楽しもう!

春夏はトップスに、冬にはインナーにと、季節を問わず活躍するのがロンTの魅力です。選び方やコーデのポイントを押さえて、おしゃれなロンTコーデを楽しんでくださいね。

▼ロンTに、さりげなく香りをまとえば、よりおしゃれに魅力アップ!