自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
  • 香水をつける場所はどこ?上手に香らせる使い方、つけすぎたときの対処法も
サムネイル

香水をつける場所はどこ?上手に香らせる使い方、つけすぎたときの対処法も

香水は正しい場所につけたり量に注意したりすることで、香水本来の香りを引き出せます。そのため、香水の適切な使い方を知っておく必要があります。この記事では、香水をつけるおすすめの場所や避ける場所、上手に香らせる使い方や気を付けるべきポイントなどを解説します。併せて、香水初心者におすすめのAXEのアイテムもみていきましょう。

  • 更新日:

香水をつける場所としておすすめの部位

宙に吹きかけられた香水

香水は、汗をかきにくく体温が下がりにくい部位につけるのがおすすめです。つける場所によっては香水の良さが損なわれるので、香水の特性を踏まえながらつける場所を知っていきましょう。

さりげなく香らせるなら下半身に

香りをほのかに漂わせたいなら、ウエスト、腰、膝、太ももといった下半身につけるのがおすすめです。香りは下から上へ移る性質があるため、十分香りを楽しめます。香りが強くなるのが心配な香水初心者は、下半身につけることから試してみてください。強すぎる香りを避けたいビジネスシーンなどでも、下半身につけると良いでしょう。

しっかり香らせたいときは上半身に

プライベートやデートシーンなどでしっかり香らせたいときには、上半身に香水をつけると良いでしょう。肘の内側、肩、手首のいずれかに少量つけるだけでも香りを楽しめます。ただし、香りが強すぎると逆効果になることも。特に、自分が匂いに慣れてくると香水のつけすぎにつながりやすいため、1〜2プッシュに留めることを心がけてください。

香水をつける場所で避けた方が良いところ

使用前の香水

香水をつける部位によっては香りが損なわれてしまいます。また、衣類などにつけると変色の原因になるおそれも。香水の香りで好印象を与えるためにも、避けた方が良い場所を把握しておきましょう。

汗をかきやすい部位

脇、首まわり、頭、背中などの汗をかきやすい部位には香水をつけないようにしましょう。汗をかきやすい部位に香水を付けると汗と香水の匂いが混ざり、せっかくの良い香りが損なわれる可能性があります。

直射日光が当たる部位

直射日光が当たりやすい腕や手の甲なども、香水をつけない方が良い部位。香水には、普通の化粧品よりも濃度の高い香料が含まれており、香料によっては直射日光が当たることで肌のカブれやシミの原因になる場合があるためです。衣類や髪で肌が隠れるような場所に香水をつけましょう。

髪の毛や衣類

肌以外の髪の毛や衣類につけることは、あまりおすすめできません。香水にはアルコールが多く含まれており、髪の毛につけると傷む場合があるためです。

また衣類につけると、香水の着色料や香りの成分によって変色してしまう可能性があります。特に、アウターなど洗濯の頻度が低いものには匂いが残ることもあるので注意が必要です。

上手に香らせる香水の使い方

シャワーを浴びながら身体を洗う男性

香水をつけるタイミングや量などのポイントを押さえることで、上手に香りを纏えます。ここでは、香水の使い方、つけ直すときのポイントなどを紹介します。

外出30分前を目安に香水をつける

香水の香りが一番出やすいのは、つけて30分~1時間ぐらい経過したとき。待ち合わせなどを加味しても、外出30分前ぐらいにつければ香水の良さを活かせるでしょう。

デオドラントケアをした状態で香水をつける

香水を上手く香らせるためには、デオドラントケアが重要。汗や皮脂のニオイと混ざると香水の良さを活かせないためです。

香水をつける前にシャワーを浴びて汗を洗い流したり、無香料タイプのデオドラント材を使ったりした上で香水をつけましょう。身体を清潔な状態にしてから香水を使用すると、フレグランスが持つ本来の香りが長持ちします。

ある程度離れた位置から、香水を1~2プッシュする

香水は、身体から10~20センチの位置から1〜2プッシュかけるのがポイントです。ある程度離れた位置から素肌に吹きかけるとミストが均等にかかるため、自然に香りが立ちます。

香水をつけた場所をこすらない

香水をつけたあとにその部位をこすると、摩擦熱で香りの成分が揮発し、香水の持つ良い香りが損なわれてしまいます。

香水をつけたら、こすらずにトントンと優しくなじませる程度に留め、自然に乾燥するのを待つようにしてください。

香水をつけ直すときは持続時間が過ぎてから少量つける

香水をつけ直すときは自分が香りを感じなくなってからではなく、手持ちの香水の持続時間が過ぎて香りが完全に消えてからにしましょう。

つけ直す前には、無香料の汗拭きシートで気になるところを拭き取るのがおすすめです。外出前につけた半分くらいの量を、1回目につけた場所から少しずらしてつけると香りが濁りません。

香水をつけるときに気を付けるポイント

男性の手の上に香水が乗っている

良い香りをスマートに纏うため、使用シーンにも気を配りましょう。ここでは、香水をつけるときに気を付けるポイントを紹介します。

TPOに合わせて香水を使う

病院、飲食店、仏事、試験会場など香水をつけるのにふさわしくないシーンがあるため、TPOを考えて香りを纏うのがポイント。特にビジネスシーンでは、香りが強いとスメハラになることがあるので注意が必要です。

周囲の人が不快な思いをしないよう、香りが強くなりやすい上半身につけるのを避け、下半身につけるなど工夫しましょう。

また、山や森などのアウトドアな場所も、天然由来の香り成分によってハチなど危険な虫が寄ってきてしまうことがあるので、使用には気を付けてください。

季節に合わせた香水を選ぶ

季節にマッチする香水を選ぶのもポイントです。夏はシトラス系の爽やかな香りを纏うと、軽やかな印象に。秋冬はバニラなど甘く重厚感のある香りがマッチします。季節に合わせて使う香水を変えると、女性からもおしゃれだと思われ、好印象を得られるでしょう。

香水をつけすぎたときの対処法

男性用の香水

もし香水をつけすぎたら、お湯や石鹸を使って洗い流すか、濡れたティッシュで拭き取ると香りがやわらげられます。全身に香りがついている場合は、拭き取りだけでは香りを抑えるのが難しいため、シャワーを浴びると良いでしょう。

香水の種類

香水の香りを嗅ぐ男性

香水の基本の使い方に加え、香水の種類についても知った上で使い分けできると素敵です。香水の種類は香料の濃度によって分けられ、香りの持続時間は濃度の高さに比例します。つける場所や香り方も種類によって異なるので、使用する香水に合わせて正しく使いましょう。

オーデコロン(EDC)

オーデコロンは、持続時間が1~2時間と短く、気分転換に適したタイプ。気軽につけ直せることから、香水初心者におすすめです。濃度が3~5パーセントと低く香りが控えめなので、手首など上半身につけるのが良いでしょう。

オードトワレ(EDT)

オードトワレは、デイリー使いしやすい定番の香水です。濃度は5~10パーセントで、持続時間は3~4時間ほど。爽やかな香りから大人な香りまで、香りの種類が豊富です。腰やウエストにつけるとほど良く香ります。

オードパルファン(EDP)

オードパルファンは、濃度が10~15パーセントと高め。しっかり香りやすい秋冬に向いたタイプで、高級感のある大人な香りの香水が多く見られます。香りが広がりやすく、手や腕よりも腰あたりに1プッシュ程度つけるのが良いでしょう。4~5時間もの間香りが持続するので、長めに香るものが欲しい人におすすめです。

パルファン

濃度が15~30パーセントと最も高く、少量でも5~12時間としっかり香り続けるタイプ。濃度が高い分、スプレータイプではないことが多く扱いが難しいので、香水上級者におすすめです。

香水初心者におすすめのフレグランス

アックス フレグランスボディスプレー

香水よりも気軽に使いやすく、香水初心者におすすめなのが、『アックス フレグランスボディスプレー』です。肌に直接、身体全体に使えます。甘めのフローラル系や爽やかなシトラス系、大人っぽいウッディ系など香りの種類が豊富なので、気分によって使い分けてみてはいかがでしょうか。

香水をつける場所を知り、よりおしゃれなメンズになろう!

香水をつける男性

香水を使うときは、つける場所を考慮することが大切。使い方を少し工夫するだけで香水が長持ちし、素敵な香りを纏えます。フレグランスの良い香りで周りに好印象を与えられるような、おしゃれなメンズを目指しましょう。