自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
  • 結婚式の基本マナー|ご祝儀、服装や身だしなみ、当日の振る舞いについて紹介
サムネイル

結婚式の基本マナー|ご祝儀、服装や身だしなみ、当日の振る舞いについて紹介

結婚式には、ご祝儀の渡し方やテーブルマナーなど、当日の振る舞いについて知っておくべきマナーがあります。また、スーツや小物などの服装のマナーや、髪型や香りケアといった身だしなみのマナーに気を付けることも大切です。この記事では、結婚式の基本マナーから、服装や身だしなみのマナーを紹介します。

  • 更新日:

結婚式の基本マナー

結婚式のマナーは、招待状の返信からご祝儀の選び方などさまざまです。最初に、招待状の返信の仕方、ご祝儀の相場や渡し方、結婚式でのテーブルマナーなどを紹介します。

招待状の返信はできるだけ早めにする

結婚式の招待状

招待状が届いたら、なるべく早めに返信しましょう。届いてから2~3日以内の返信が好ましく、遅くても1週間以内には返信できると良いですね。まだ予定が分からない場合は、返信が遅くなることを前もって伝えると丁寧な対応に。なお、返信を書く際に使うペンの色は、黒が基本です。

ご祝儀は袱紗(ふくさ)に包んで持っていく

ご祝儀とふくさ

ご祝儀は袱紗(ふくさ)に包んで持っていくのがマナーです。結婚式では、結びきりかあわじ結びの水引がついたご祝儀袋を使います。表書きは、「寿」か「結婚御祝」を選んでください。

ご祝儀の金額は、新郎新婦との関係性によって多少異なりますが、基本的な相場は3万円です。受付でご祝儀を渡すときは「本日はおめでとうございます」と挨拶し、相手から文字が読めるようご祝儀袋の向きを変えて、両手で渡しましょう。

当日は20~30分前には会場に行く

結婚式の会場案内

結婚式の会場には、式が始まる20~30分前には着くようにしましょう。遅刻しそうなときは、新郎新婦へ直接連絡するのではなく、結婚式会場に直接連絡してください。

テーブルマナーに気を配る

結婚式のテーブル

ナプキンは、乾杯後に着席してから広げます。お腹側に折り目が来るように膝に置きましょう。ナイフやフォークは、外側から順に使用するのがマナー。また、周囲を見て食事のペースを合わせることも大切です。スピーチ中や余興中も引き続き食事を楽しんで構いませんが、同じテーブルに座る人がスピーチをするときは手を止めるのが好ましいです。

結婚式の服装マナー

結婚式の服装でおすすめなのはブラックスーツです。スーツに合わせて小物を黒にするときれいにまとまります。ここでは、スーツやシャツなどの結婚式の服装マナーを紹介します。

服装に迷うときはブラックスーツを選ぶ

黒いスーツを着た男性

フォーマルな場での服装に迷った場合、ブラックスーツを着用するのがおすすめ。若いゲストならネイビーやグレーのダークスーツ、その他、薄いストライプのような柄入りのスーツもおしゃれです。

ビジネススーツでの代用は避けたいところですが、最近は、ポケットチーフやネクタイなどを取り入れて華やかにすれば、結婚式で着用しても良いという風潮があります。

親族として出席する場合は、ゲストとして参加するときよりもフォーマル感が強い服装にしましょう。例えば、シングルジャケットにベストを合わせたコーデは、フォーマル感が増します。パンツの裾はダブルだとカジュアルすぎる印象になるため、シングルを選ぶと無難でしょう。

シャツやネクタイは白でまとめる

白いネクタイが置かれている

シャツの色は、白の無地が一般的です。襟の形はレギュラーカラーがおすすめ。襟をボタンで留めるボタンダウンシャツは、カジュアルなイメージなので避けたほうが無難です。夏でも半袖ではなく、長袖のシャツを着用するよう気を付けましょう。

ネクタイの色は白やシルバーが基本ですが、最近では明るいパステルカラーも着用可能です。黒や派手すぎる柄のネクタイは避けてください。

ベルトや靴などの小物は黒で統一する

黒の靴を履くスーツを着た男性

ベルトはスーツに合わせ、黒のシンプルなデザインを選びましょう。靴は、黒のストレートチップかプレーントゥのデザインがおすすめです。ヘビ革やワニ革などのベルトや靴は、殺生を連想させるのでふさわしくありません。靴下は黒の無地を選び、足首が見えるくるぶし丈のものは避けてくださいね。

バッグはクラッチバッグを選ぶ

黒のクラッチバッグ

結婚式では、手に何も持たなくても良いですが、持つならクラッチバッグがおすすめ。クラッチバッグを持つ場合は、スーツに合わせて暗い色を選びます。なお、ビジネスバッグなどを持ち込むのは避けましょう。もし荷物が大きければ、貴重品をポケットに入れ、他の荷物をクロークに預けましょう。

結婚式の身だしなみのマナー

結婚式では、身だしなみにも気を配りましょう。髪をセットしたり、香りケアをしたりすることで、清潔感のある印象になります。ここでは、結婚式の身だしなみマナーを紹介します。

清潔感のある髪型にセットする

ヘアセットする男性

結婚式では、清潔感が出るように髪をセットするのがマナーです。スタイリング剤を使って、サイドや襟足をすっきりセットすれば、結婚式にふさわしいヘアスタイルが完成します。

アックス ゴールド シルキーワックス

セットする際におすすめのスタイリング剤が『アックス ゴールド シルキーワックス』です。ベタつきにくく、思い通りのスタイルが簡単に作れるところが魅力。ホールド力があるのはもちろんのこと、自然なツヤ感とウッドバニラの洗練された香りが続きます。結婚式にふさわしい清潔感のある、洗練されたキレイめツヤ感スタイルに仕上がりますよ。

さりげなく香りケアをする

香水をつける男性

結婚式では香りケアをするのもおすすめです。腰あたりにフレグランスをつけるとさりげなく香りを漂わせられ、すれ違った際にふんわり香るので好印象を与えられます。

アックス フレグランス ボディスプレー ゴールド

香りケアにおすすめなのが『アックス フレグランスボディスプレー ゴールド』です。ウッドバニラの洗練された香りは清潔感のある印象に。自然に香るアックスのボディスプレーなら、結婚式でも使いやすいでしょう。ワックスと香りを揃えて使えば、さりげない良い香りが続くので、より良い印象を与えられますよ。

結婚式のマナーを把握し、自信を持って参加しよう

新郎新婦と友人が乾杯をしている

おめでたい席である結婚式に出席する際は、フォーマルな場であるからこそのマナーをきちんと知ることが大切です。この記事を参考に、服装・身だしなみから結婚式場での振る舞いに至るまでのマナーを把握し、準備を整えた上で結婚式に参加してくださいね。