自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

メンズの香水の正しい付け方。さりげなく香らせる方法やNG例も解説

最近ではメンズ香水の種類も多く、香りに敏感な男性も増えています。香水をさりげなく香らせるには、正しい付け方・間違った付け方の両方を知っておくことが大切。この記事では、香水の基礎知識から正しい付け方・避けたほうが良い付け方を紹介します。おすすめのフレグランスも紹介していますので、参考にしてみてください。

  • 更新日:

香水の基礎知識

テーブルの上に置かれた香水

香水は、種類によって濃度や香りの持続時間が異なります。自分が使いたいのはどのような種類の香水なのかを把握すれば、付け方や注意すべきポイントもより明確になるでしょう。まずは香水の種類と香り立ちについて紹介します。

香水の種類

一般的に、香水は濃度によってパルファン・オードパルファン・オードトワレ・オーデコロンの4種類に分けられます。最も濃度が高いのがパルファンです。少量でも香りが強く、長時間持続します。液体で使用されるものが多く、上級者向けの香水と言えます。

オードパルファンはパルファンに近い濃度で、香水のなかでも強めの香りです。スプレータイプが多く、つける量に気を付ければ、手軽に重厚な香りが楽しめます。

オードトワレはほんのり香るタイプで、普段使いしやすいのが特徴です。デザインや香りの種類も多くあります。オーデコロンは最も濃度が薄い香水で、持続時間が短く、ボディスプレー感覚で使用できます。さりげなく香らせるならオードトワレ・オーデコロンがおすすめ。初心者でも使いやすい香水です。

香水の香り立ち

香水はつけた瞬間が最も香りが強く、時間とともにトップノート・ミドルノート・ラストノートへと変化します。トップノートは香水をつけた直後の香りのことです。華やかな香りを堪能できますが、香りが強いためTPOには注意しましょう。

ミドルノートはトップノートの後にくる香りで、香水本来の香りと言われます。香水を選ぶときは、ミドルノートの香りを確認するのがおすすめです。ミドルノートの後に感じられるのがラストノート。香水をつけてから約2時間以降に香り、余韻のようなほのかな香りが特徴的です。

メンズの香水の付け方

香水を吹きかける男性

香水をつけすぎると、せっかくの良い香りが台無しになってしまうことも。正しい付け方を覚えて、香水の香りを存分に楽しみましょう。ここでは、メンズにおすすめの香水の付け方ポイントを4つ紹介します。

ニオイケアをしてからつける

香水の良い香りを楽しむために必要なのがデオドラントケアです。いやなニオイを消したいからといって、汗をかいた肌に香水をつけると、かえって不快なニオイになることも。香水をつける前は、シャワーを浴びるか、汗拭きシートなどを使って体を清潔にしましょう。

汗拭きシートや制汗剤を使う際は、香りが香水と混じらないよう無香料のものを選んでみてください。香り付きのものを選ぶ場合は、自然に香るタイプがおすすめです。

外出の30分~1時間前につける

香水をつけてからすぐ外出すると、香りが強くなりすぎてしまうことがあります。落ち着いた香りを香らせるには、出かける30分~1時間前につけるのが良いでしょう。さりげなく良い香りをまとうことで、スマートな印象を与えられます。

1ヵ所につき1~2プッシュの量をつける

香水はつけすぎないようにするのがポイントです。基本は1ヵ所につき1プッシュ、多くても2〜3ヵ所を目安にしましょう。ずっと同じ香水を使っていると鼻が慣れてしまい、つけすぎてしまうことがあるので注意したいですね。

ほのかに香らせたいなら下半身につける

香水は体につけると、体温で温められて香りが上に上がります。上半身につけると香りを強く感じやすいため、ふんわりほのかに香らせたいときは下半身につけるのがおすすめです。ウエストや膝の裏、足首に1〜2プッシュするだけで、香りは自然と上に上がっていきほのかに香ります。

香水をつける場所については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

メンズの香水の付け方NG例

男性用の香水とマフラー

香水は正しくつければ香りで良い印象を与えられますが、間違った付け方をすると周りを不快にしてしまうことも。ここでは、香水の付け方NG例を紹介します。

TPOを気にせずつけてしまう

ファッションと同じように、香水にもTPOが必要です。TPOを意識せずに香水をつけていると、香りで良い印象を与えるはずが逆効果になりかねません。食事を楽しむ場所や病院、お葬式やお通夜など、香りが邪魔になる場所へはつけていかないのが賢明です。

その他の場所でも、ビジネスシーンやフォーマルシーンなどではその場にふさわしい香りを選ぶようにしたいですね。また、香水を多くつけすぎてしまう人も多いため、ほのかに香るぐらいの量を守りましょう。

体臭対策としてつけてしまう

香水を体臭対策として使うのはNGです。香水には消臭効果はなく、汗をかいた肌につけると、本来の香りを発揮できません。デオドラントケアをして、肌を清潔にしてからつけましょう。

香水よりも自然に香るおすすめのフレグランス

ほのかに良い匂いのする男性を目指すなら、さりげなく香るタイプの香水やフレグランスを選びましょう。AXEのボディスプレーは肌に直接使えて、自然に香るスプレータイプのフレグランス。世界的調香師が手がけた、上質な香りを身にまとえます。香水よりも自然に香るので、さまざまなシーンで使えますよ。

アックス フレグランスボディスプレー エッセンス

アックス フレグランスボディスプレー エッセンス

『アックス フレグランスボディスプレー エッセンス』は、パウダリーフローラルの香りのボディスプレーです。時間が経つにつれ、花のように甘いフルーティーなトップノートから、ウッディでムスキ―なラストノートへと香りが移り変わります。

アックス フレグランスボディスプレー クリック

アックス フレグランスボディスプレー クリック

『アックス フレグランスボディスプレー クリック』は、スパイシーシトラスのさりげない香り。爽やかなトップノートから清潔感を印象づけ、ムスクとアンバーのラストノートへ変化する香りを楽しめます。

アックス フレグランスボディスプレー アフターファイブ

アックス フレグランスボディスプレー アフターファイブ

『アックス フレグランスボディスプレー アフターファイブ』は、スパークリングフルーツのさりげない香りが特徴的です。グレープフルーツや洋梨のフレッシュな香りから、バニラやアンバーの気品のある香りに変化していきます。

メンズ香水は付け方が大切!ポイントを押さえて自然に香らせよう

手首に香水をつける男性

メンズの香水にはさまざまな種類があり、香り立ちもそれぞれ異なります。正しい付け方のポイントを押さえて、香水本来の香りを楽しみたいですね。また、香水より自然に香るフレグランスボディスプレーを取り入れるのもおすすめです。この記事で紹介した付け方も参考に、さりげなく良い香りのする男性を目指してみましょう。