自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

モテる香水を探しているなら知っておきたい3つのポイント

すれ違った時や近づいた時にいい香りがしたら思わずドキッとするもの。人が強く惹かれる香りとはどういったものでしょうか?また、「モテる香水」は存在するのでしょうか?この記事では香水やフレグランスアイテムについて押さえておきたい3つのポイントをご紹介します。

  • 更新日:

【ポイント1】モテる香水とは「あなたを輝かせる香水」のこと

香りの嗜好の個人差はとても大きいといわれます。さらに、同じ香水でも人によって感じ方は異なるため、「万人に必ずモテる香水」という媚薬のようなものは残念ながら存在しないと考えられます。

しかし、自分自身が心地よいと感じてリラックスできる香りを纏えば、その心地よさが心を満たし、あなたの魅力を際立たせてくれます。このことから、あなた好みの香りが「モテる香水」といえるでしょう。

【ポイント2】香水で重要な「付け方」を意識する

好感度を左右する要素として、香水の「付け方」があります。次に挙げるようなポイントを意識して、上手に付けこなしましょう。

付ける場所を選ぶ!香水は体温で香り立つ

香りは温められることによってふわりと立ち昇りますので、皮膚温がほどよく高めの部位(膝裏、太腿の内側など)に付ければ効率よく香らせることができます。

また、身体の上のほうに付けると、鼻に近いことから香りがしっかりと感じられます。反対に、下のほうに付けるとほんのりと香らせることができます。

まずは下のほうで様子見!香りは上へと立ち昇る

身体の低い位置に香水を付けると、香りが立ち昇ってくる過程で周囲に広がり、全身をふんわりと包み込むような上品な香り方が叶います。

香水が香り過ぎていないかと気になる場合は、まず低めの位置で試し、様子を見ながら好みの位置をみつけるとよいでしょう。

付け過ぎに注意!さりげなく&ほのかに香る程度が理想

香水の付け過ぎは、強い香りで周囲の人に不快感を与えてしまうこともあります。

香水はほのかに香る程度が理想。特にまだ付け慣れないうちは、付け過ぎるよりも「少し物足りないかな」と感じる程度に抑えておくのがポイント。慣れてきたら付ける量を徐々に調整していきましょう。

爽やか?セクシー?香りの種類によって持続性が異なる

香りの持続性は系統により異なります。

香水を付ける人の体質にもよりますが、柑橘類の香り(シトラス系)などは爽やかに香るものの、その持続性は短く15〜20分程度。一方、ローズなどのフローラル系の香り、シダーウッドなどのウッディ系の香り、ペッパーなどのスパイス系の香りは概ね2〜3時間程度持続するといわれています。さらにムスクやアンバー、バニラといった甘めでセクシーな香りは、半日程度も残り香として香る場合もあります。

なお、香水の香りはトップ→ミドル→ラストと3段階で変化。ミドルノートがメインで約2~3時間持続する香りがよく使われます。香水を付ける時は、香りごとの持続性も参考にしてみてはいかがでしょうか。

【ポイント3】選択肢は香水だけじゃない!

香水にはパルファム、オードトワレなどの種類があり、濃度が高いほど濃厚、低いほど軽い香り方となります。
しかし、あくまでごく自然な感じに香らせたいのであれば、ボディスプレーやボディソープといったフレグランスアイテムを利用する方法も。

点ではなく面で香るフレグランスアイテムの特性を活かし、香水を付ける前に同じ香りのボディソープやボディミルクなどを使い、香りに奥行きを与えるという方法も知られています。

また、単体で使用すれば、気負わず自然な香りを纏うことができそうですね。

表情いろいろ、洗練された香りを探しているなら…

全身に使えるスプレータイプのフレグランス『アックス フレグランスボディスプレー』シリーズがおすすめです。
パウダリーフローラルがほのかに香る『エッセンス』の他、香りのバリエーションが豊富なので、好みの香りがきっと見つかるはず!軽やかで自然な香りを楽しめるフレグランススプレーなら、はじめての香りでも気軽にトライしやすいですね。

フレグランスを制する者がモテる!?香りの武器は強力!

香りは情動を司る脳の中枢部にダイレクトにアプローチするため、人を理屈抜きで惹きつける強力な武器となり得ます。まずは、自分自身を満たしてくれる、モテる香水やフレグランスアイテムを上手に使いこなして、あなたの魅力を引き出しましょう。