自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

香り別に紹介!ボディソープの選び方とおすすめとは?

ボディソープ選びでは洗い心地もさることながら、香りも大きなポイントになります。ところが、自分らしい香りを見つけてバスタイムを充実させたいと思っても、どれを選べば良いのか悩んでしまう人が意外にも多いようです。そこで、香りの系統別にメンズのボディソープの選び方とおすすめを紹介します。好みにあったボディソープを選びましょう。

  • 更新日:

甘い香りのおすすめメンズボディソープはこれ!

ボディソープの香りでは、甘い香りの系統でいえばアロマ系やフローラル系が人気です。まったりとした甘い香りや、あっさりとした甘い香りなど、自分の好みに合わせて選ぶと良いでしょう。

最初におすすめするのは、『アックス フレグランスボディソープ エッセンス』です。パウダリーフローラルの香りでさっぱりと身体を洗い流しつつ、さりげないあっさりとした甘い香りでセクシーさを演出します。花のようなフルーティーな香りから、次第にウッディでムスキーな香りに移っていくことが特徴です。

臭いの原因となる汚れを落として、いやなニオイも気にならない。
天然エッセンシャルオイル*1新配合。植物の花や果実などから抽出した天然のオイル。その植物の香り成分が凝縮されており、精油とも呼ばれます。
ヒアルロン酸*2新配合。水分を抱え込む力にすぐれ、肌にうるおいを与え、なめらかにする成分です。ヒアルロン酸配合処方で、やさしい洗い上がりの肌へ。

*1 イランイラン花油:保湿成分
*2保湿成分

次におすすめするのは『アックス フレグランスボディソープ アフターファイブ』です。スパークリングフルーツの香りで豊かな泡立ちで疲れた体を包み込み、1日の匂いや汚れをスッキリと洗い流してくれます。グレープフルーツや洋梨のような香りから、次第にラベンダーやゼラニウムのフローラルな香りが感じられることでしょう。気持ちを切り替えたいときや1日の終わりに、香りによるリフレッシュ効果を期待できるボディソープです。

爽やかな香りのおすすめメンズボディソープはこれ!

爽やかな香りのボディソープといえば、柑橘系やハーブ系が人気です。好みに合わせて、さりげない爽やかさが欲しいのか、しっかりとした爽快感が欲しいのかを決めておくと良いでしょう。

最初におすすめするのは『アックス フレグランスボディソープ キロ』です。アクアグリーンの香りで、汗の多い季節でも爽快な使用感があります。若々しい印象を与えるフレッシュでみずみずしいアクアグリーンの香りは、体臭が気になるときのエチケットとしても使えそうです。

臭いの原因となる汚れを落として、いやなニオイも気にならない。
天然エッセンシャルオイル*1新配合。植物の花や果実などから抽出した天然のオイル。その植物の香り成分が凝縮されており、精油とも呼ばれます。
ヒアルロン酸*2新配合。水分を抱え込む力にすぐれ、肌にうるおいを与え、なめらかにする成分です。ヒアルロン酸配合処方で、やさしい洗い上がりの肌へ。

次におすすめするのは『アックス フレグランスボディソープ ショック』です。清涼成分のエクストラメントールが配合されていて、ひんやりとした洗い上がりとともにウォータリーミントの香りに包まれます。弾力のある濃厚な泡がクール感を全身に届け、衝撃の爽快感を味わえることでしょう。気温の高い時期や、しっかりとした爽快感を求める人向きのボディソープです。

大人な雰囲気の香りのおすすめボディソープはこれ!

大人な雰囲気の香りで人気なのは、マリン系です。甘すぎない香りが大人の色気を漂わせてくれるでしょう。まずおすすめなのが『アックス フレグランスボディソープ ゴールド』です。さりげなく香るウッドバニラの香りと豊かな泡立ちで、肌をなめらかに上品な印象へ導きます。

ウッドバニラの甘い香りのなかにも、柑橘系のサッパリとした香りをふんわりと感じられるのが特徴です。バスタイムを、心身ともにリセットさせる時間にしたい人向きと言えます。

次におすすめなのが『アックス フレグランスボディソープ ブラック』です。クールマリンの香りときめ細かい泡で、身体をスッキリと洗い流してくれます。

清潔感と清涼感のあるクールマリンの香りは、リフレッシュ効果も高く、爽やかな1日の始まりにも1日の疲れを洗い流すのにも向いています。モダンでクールな「できる男」を目指したい人向けのボディソープです。

自分好みの香りのボディソープを見つけよう!

ボディソープの香りは、1日の疲れをリセットしたり1日の始まりを爽やかにアシストしたりといった効果が期待できます。フレグランスボディソープは、洗い上がりもさりげなく香りを演出してくれるので、好みに合った香り選びで理想のメンズに近づくことができそうです。好みの香りがひとつに絞り切れない場合には、その日の気分や共に過ごす相手によって香りを使い分けてみるのも良いかもしれません。コスパや汚れ落ちに加えて、香りによるボディソープ選びで日常のバスタイムに変化を与えてみてはいかがでしょうか。