自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

男性に求められる清潔感!気にすべきはどんな点?

男性に対する好感度ポイントの1つとして清潔感を挙げる女性は多くいます。また、就活の場でも企業の担当者に清潔感があるという印象を与えることは重要です。一般的に見ると、さまざまなシーンで清潔感のある男性は好まれます。そこで、男性に求められる清潔感とは具体的にどのようなものを指しているのかについて詳しく解説します。

  • 更新日:

「清潔感」と「清潔」は別物

「清潔感」のある男性でいるためには、まず、「清潔」という言葉との違いを明確に把握しておくことが大切です。2つの言葉の違いを曖昧にしておくと、どんなに清潔感のある男性を目指し努力していても、実際に理想とする男性像に近づくことはできません。「清潔感」と「清潔」は、一見すると同じような意味にも取れる2つの言葉ですが、まったく別物で意味が異なっているからです。清潔とは、衛生的であるかどうかの視点で判断されるものです。日々お風呂に入り汗や汚れを落として体をきれいに保っているか、きちんと洗濯した衣類や下着を着用しているかといった点がポイントとなります。一方、清潔感とは、雰囲気や印象によって判断されるものです。実際に清潔であるかどうかではなく、見た目や身だしなみなどから受ける印象として清潔そうに見えるかどうかが重要な判断基準となります。

たとえば、しっかりと洗濯をしてある服を着用していれば清潔です。しかし、洗濯はしてあるものの生地がヨレヨレでしわだらけの服や毛玉がいっぱいの服だと、だらしのない印象を与えるため清潔感があるとはいえません。また、お風呂に入って隅々まで洗っている人は清潔です。しかし、手入れを怠り寝癖ができた状態のまま人前に出れば、清潔感がない人という印象を持たれることもあります。お風呂に入ったり、下着や洋服を洗濯したりといったことは、日常の習慣となっていることが通常です。このため、清潔な状態は特別な意識を持たなくても手に入れることができるでしょう。しかし、清潔感があるように見られるためには、自ら意識的に身だしなみなどを整えるように気を付けることが必要となるため注意しなければいけません。

女性が男性に求める清潔感とは何?

実際にどのようなことに気を付ければ清潔感を手に入れられるのか悩む人は少なくないでしょう。そもそも、清潔感を作るものが雰囲気や印象といった抽象的であいまいなものだからです。たとえば、女性が男性に清潔感を求めるとき、基本として実際に清潔であることは当然必要なポイントであると考えています。また、髪や髭をきちんと整えているかどうかも判断基準となっています。美容院へ行くのが面倒だからと長期間カットせずにいると髪の長さがバラバラとなりシルエットが崩れ、だらしなく感じさせます。自分らしい個性や男性らしさを表現したい場合に、あえて髪を極端なスタイルやカラーでアレンジする場合にも気を付けなければいけません。たとえば、目にかかるような長さの前髪や、襟にかかるような長い襟足などには要注意です。

さらに、肌や爪などの手入れに気を配っているかも清潔感のチェックポイントとなるため気を付けましょう。髪や髭と比べると目につきにくく、手を抜きやすいところであるため、意識的に気を付けることが求められます。ほかには、服装や持ち物に気を付けている男性は清潔感を持っていると評価が高くなる傾向にあります。洗濯してある服でも食べ物のシミや汗ジミなどがあると不清潔な印象を持たれます。また、お気に入りの服で長く着用しているものがある場合には注意しましょう。何度も洗濯を繰り返しているうちに、色あせたり、ひどい型崩れが起きて生地がよれよれになったりしている場合があるからです。

清潔感のある男性でありたいなら、だらしのない不衛生な印象を女性に与えさせないように日頃からきちんと身だしなみを整えておくことが大切です。印象で作られる清潔感においては、香りなどによって嗅覚に訴える方法も効果的です。『AXEフレグランスボディスプレー』なら豊富なバリエーションのなかから、シチュエーションに合った香りを選ぶことができます。どのタイプも洗練された香りとなっているため、自然に清潔感をアピールすることが可能です。お求めやすい価格となっていて携帯可能であるため、日常使いにも便利なアイテムとなっています。

肌に直接、身体全体に使えるスプレータイプのフレグランス

AXEのフレグランスボディスプレーは全部で10種類!幅広い香りを揃えており、気分に合わせて香りを選んだり好きな香りをリピートすることも可能です。

清潔感のある自分をプロデュースしよう

見た目や身だしなみから受ける印象が作る清潔感はただ清潔にしているだけでは出すことができません。ただし、清潔感のある男性でいることは難しいわけではなく、どのように見られるかを意識さえしておけば自分なりに演出することはできます。服装や髪形など外見への気配りとともに、体の匂い対策などにはボディプレーなどのグッズも上手に活用して清潔感のあるスタイルを目指すとよいでしょう。