自分だけのスタイルが見つかるWEBマガジン
サムネイル

清潔感が命!就活男子が意識したい髪型のポイントとは?

これから就職活動に励む人にとって、髪型はとても大切です。髪型ひとつで面接官に与える印象はまったく違ったものとなるので、手を抜いてはいけません。そこで、この記事では就活にのぞむ20代前半の男性をターゲットとして、意識しておきたい髪型について紹介します。

  • 更新日:

就活で意識したい髪型のポイント1:清潔感

就活では第一印象が大切です。面接では限られた時間のなかで自分をアピールしなければいけないので、いくら内面が良い人でもすべての魅力を伝えられるわけではありません。そのため、外見で自分をアピールすることも重要なのです。就活における髪型のポイントとしては、「清潔感」が挙げられます。就活する業種にもよりますが、一般的な企業は万人受けする外見を望む場合が多くなっています。独特な髪型は一部の顧客から評価されることはあっても、多くの人から高評価を受けることはないでしょう。一般的な企業にとっては、多くの顧客に受け入れられる清潔感のある人材を採用するほうがメリットはあるのです。

清潔感を出すためには、スタイリング剤で髪型を整えることが重要です。就活している人のなかには、ワックスを付けることはNGだと思っている人もいるようですが、そんなことはありません。むしろ、スタイリングしていない状態だと、ボサボサでだらしない髪型だとみなされるケースもあります。清潔感を出すために、ワックスやジェルですっきりと髪型を整えて就活に臨みましょう。

清潔感のある髪型をしっかりキープしたい時は、AXE BLACK「アクアジェリー」がおすすめ!

強力ホールドと超自然な仕上がりを両立するジェル。ノンオイルアクアベースで、べたつかず粉ふきしにくいのが◎トリートメント成分配合のスムーズヘアテクノロジーでラクな手伸びと素早い髪馴染みを実現。クールマリンのさりげない香りです。

就活で意識したい髪型のポイント2:髪の長さ

清潔感を出すには髪の長さも大切です。就活において大切なのは清潔感なので、基本的には髪紙の長さは短いほうが良いでしょう。しっかりとスタイリングしていない長髪は、不潔でだらしないといったイメージを就活の担当者に与えてしまいかねません。前髪については、基本的に表情がしっかりとわかるように、長くても眉毛が隠れないようにしましょう。前髪が長いと表情による喜怒哀楽が伝わりにくくなり、コミュニケーションに支障がでます。目が隠れるほど長い髪になってしまうと、話していても視線が合いにくくなり、暗い印象を与えてしまうこともあるので、注意が必要です。

サイドと襟足についても短めにしておくのが無難です。髪の毛が襟足よりも長かったり、耳が隠れていたりすると顔が髪の毛に覆われて見えるので、印象が悪くなることがあります。就活で着る機会の多い、ワイシャツのカラーや襟足が髪の毛で隠れないぐらい短くしておくほうが良いでしょう。

就活で意識したい髪型のポイント3:髪の色

就活は志望する会社でどれぐらい働きたいかの真剣さを試される機会でもあります。金髪や茶髪のように髪を染めていると、面接官に学生気分が抜けていないやる気のない人だという印象を持たれかねません。もともとの地毛が明るい茶髪など、黒髪でない場合はこの限りではありませんが、面接官によっては好印象を抱かない場合があります。余計な誤解を招かないよう自己アピールの中にさらっと地毛であることを含めるのも一つの方法かもしれません。

また、就活中の人によくある悩みとして、「天然パーマの場合はどうしたらいいか」ということがあります。なかには、ストレートにしようとする人もいますが、無理やりかける必要はありません。それよりも、ショートヘアにしてクセを出にくくするほうが、自然な爽やかさを演出できるので好印象につながります。おしゃれ目的でパーマをかける場合は、業種や職種によっては個性的にうつるメリットもありますが、一般的に堅い仕事とされる業種・職種の場合は、真摯に見えるスタイルを心がけましょう。

髪型は清潔感と爽やかさを意識して

就活で大切なのは、清潔感と若者らしい爽やかさです。清潔感や爽やかさを演出するためには、基本的に「ショートヘア」を意識するとよいでしょう。前髪は眉毛にかからないことを心がけ、表情が相手によく伝わることを意識することが大切です。また、スタイリング剤の使用については問題ありませんので、過度におしゃれ感を演出しすぎない程度に、ほどよく使用すると清潔感が増します。髪型で清潔感と爽やかさを演出して、就活を成功に導きましょう。